お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。15年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

ファイナンシャルアカデミーが選ばれる理由
人気の5スクールを紹介
申込みから受講開始までの流れ
受講生に選ばれた実績ある講師陣
通いやすく快適な受講環境

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性


ホーム > 通信講座 > 飲食店経営者限定!「奇跡のV字回復」飲食店経営実践ノウハウ&戦略大公開 通信講座


飲食店経営者限定!「奇跡のV字回復」飲食店経営実践ノウハウ&戦略大公開 通信講座




■ ほとんどの飲食店が失敗に終わるのはなぜか?



自分のお店が、

儲からない。。。

良い人材がいない。。。


などお店のオーナーは悩みがいっぱい!


あなたもそんなオーナーの一人ではありませんか?


しかし、いくら悩んだところで、そう簡単に問題は解決はしません!!

そいうときは、飲食店経営で成功された方に直接指導してもらったほうが、
何倍も早く解決策を発見し、発展させていくことができます。


実際に成功された方の実践テクニックを利用すれば、あなたのお店も
繁盛店になります。



今回の通信講座(DVD)では実際に飲食店の経営で成功を収めた鬼頭氏から今よりも、
売上を爆発的に伸ばす、超実践的な方法をお教えいただきます。

このお話しは、今まで、鬼頭氏自身語ることはありませんでした。

なぜか?

鬼頭氏は言います。

「なぜなら、誰でもマネをすれば利益を大きく伸ばせるから。
そうすると、自分のライバルが増えるから!!」

しかし、現在は、経営する飲食店を売却したので、そのすべてを公開できるのです。




「お客さんが来なくて精神的に追いつめられている」

「経営の才能がない」


など、自分や、業態、挙句の果てには他人を責めて
しまっている人。


かつて、同じ思いを抱きながら、それでも試行錯誤してそこから抜け出し、
赤字会社を直営店20店舗、年商20億円に育て上げた鬼頭氏が、
あなたの現状をしっかりと理解しながら、そこからの脱出方法をアドバイス

いたします。


書籍ではなかなか伝わらない部分、
あるいは、書籍には書けなかった部分もじっくり分りやすくお話ししています。



■ 店舗を成長させる法則


売上げ無ければ全て無し

飲食店の経営において絶対に忘れてはいけないのは、
「売上」が無ければそもそも成り立たないという現実です。「いい人材を採用したい」「強力な広告を打ちたい」「多店舗展開をしたい」など、いくら改善策を考えても、売上が無ければ何も出来ないのです。

売上を上げる為には、販売促進活動を上手に行わなくてはいけません。この通信講座(DVD)では、実践による多数のテストから編み出された、実際に効果の出る販売促進活動をたっぷりとお話しします。この
販促を制することが、店舗を成長させる最重要課題と言えます。


店舗のデザインについて


店舗のデザインをどうするのかということは、
最高ランクに配慮すべきポイント
であるといえます。

どのようにお店を作りたいのかという具体的なイメージを自分の中で作り上げることと、
よいデザイナーとはどんな人物なのかを知り、実際に探し出す必要があります。



板メニューはこうして育てる

店側が意識的に看板メニューに育てない限り、看板メニューが育つことは
ありません。


看板メニューは、自然に育つのではなく、経営者が育てる必要があります。

看板商品の開発と育成にはタネも仕掛けも必要なのです。

看板メニューを開発・育成するためには2つのフェーズを経る必要があります。
1つ目は、「商品を作る」ということと。もう1つは、「商品を売る」ということです。

商品を開発したら、次はその「商品を売る」ことを考えなければなりません。
商品を売る仕掛けこそが看板メニューになるかどうかの鍵になります。



人材の採用とトレーニングについて

採用ですが、
正社員とアルバイトの両面を考える必要があります。
最初はなるべく小さな固定費から始めたほうがいいですので、正社員の数は
ぎりぎりまで抑える必要があります。

また、会社の規模が小さいうちの正社員の求人は厳しいものがあることを知って
おいてください。

採用した後は、トレーニングに入りますが、ある程度時間とコストを割く必要があります。
また、
経営者の思いを明確にスタッフが共有できるとなお良いでしょう。

また、上手くスタッフをトレーニングする方法を学ばなければなりません。



接客テクニック

接客に力を入れるのは基本的に、
一度来店してくれたお客様に気に入ってもらい、
リピートしてもらうために必要な行動
です。

いくらお客様が来ていただいても、満足させることができなければ、リピートに繋がらず、
いつかは集客が枯れてしまいます。

また、
2回来店されたお客様は3回以上来店する可能性がきわめて高くなります。
常連客を作ることを考える際には、一度来たお客様に再び来店していただくことを
考えることが最も有効です。

2回目の来店に対するモチベーションを高めるための手法を採用しなければなりません。
新規で来たお客様を1人でも多く、2回目以降も来てもらう工夫が最も重要だということ
を十分に理解する必要があります。



商圏の考え方について

商圏という概念は、飲食店に限らず、店舗ビジネスには大変重要な概念です。

商圏というのは広げる努力をするのか、狭める努力をするのかのいずれかに
なります。


より多くの店舗を出店したいのであれば、すなわちできる限り巨大な外食企業を
作りたいのであれば、商圏を狭くするような経営をし、こだわりの飲食店を
作りたいのであれば、商圏を広くするような経営をすることになります。


商圏は基本的に以上のような考え方をしますので、遠くからわざわざ来て
もらえる店にするのか、近くの人に頻繁に来てもらえる店にするのかで迷って
いる人は、自分の
今後の事業展開の目標に応じてそのスタンスを変えて
いけばいい
のです。

しかし、狭い商圏で成り立つような事業は、激烈に競争が激しいことを知っておく
必要があります。



「逆張り」の戦略で一気に成長させる

大多数の同業他社が同じ方向を見たときというのは、それと
違う方向へ進むことで、
大きな差をつけることができるチャンス
になります。

この「逆張り」の戦略が大変有効です。

例えば、2002年に、道路交通法が改正され飲酒運転に対する罰則規定が強化され、
郊外にある居酒屋業界は非常に大きな打撃を受けました。

しかし、鬼頭氏は、そんな中でも郊外に店を出店。

最初の結果はなんと予想の月商800万円大きく上回り、1400万円をたたき出しました。

この逆張り戦略は、マーケットが十分にある上に、ライバルの進出は少ない、
さらには、投資コストも低いと、いいことだらけでした。

また、2年程度で倍以上の店舗数にすることができました。

もしこのときに、ライバルと同じ方向を向いて都心部へ攻めていたら、
そこまでの伸びはできないまま、消えていった可能性は十分にあったといいます。

この
逆張りというのは、これからの外食産業においてひとつの
キーワード
になるでしょう。



管理の決め手は日次決算

店舗の数が増加してくると、それに伴い無駄なコストの額が増大していきます。

そのため、
最初に経費を下げ、売上を上げるという順序を守ることが、利益を上げる
ために非常に重要なこと
です。

削減できたコスト=営業利益の増加ですので、待ったなしで取り組む必要があります。

飲食店のムダを最大限まで省き、利益を安定させるためには、日次決算しかないと
確信しています。


日次決算を行うことで、日々変化する店舗の経営状態を店長および経営者自らが
把握できてこそ、適切な利益確保が初めて可能になります。



システム構築と人材教育

店舗が増加するにつれて、小規模のときには考えられないようなミスが続出する
ようになります。

店舗展開が加速するにつれて、人材教育が追いつかなくなるからです。

このように人のミスによって店舗の価値が低下した際の、
「ミス」に対する経営者の
捉え方は極めて重要
になります。

そのためにも、今の人材でもできるようなシステムに作り変えることでさらなる
店舗展開を可能にしていかなければなりません。

しかし、すべての問題がシステムで解決できるわけではありません。

また、同様に教育だけで解決できることではありません。

システムづくりと、人材教育を同時に行うことで、初めてあるべき姿の実現が
可能になります。




組織の問題解決法

成長企業というのは、よいニュースしか流れないのですごい会社だと盲信して
しまいがちです。

雑誌や新聞のインタビューでネガティブな話をする経営者は存在しません。

通常は問題があっても一切触れず、自分の会社の成長性や成長可能性を
膨らませて語るケースがほとんどです。

しかし、現実的には、
急成長企業ほど問題は起こりやすいものだと思います。

再発の防止に全力を尽くし、前に進めるかどうかが、成長できる会社とできない
会社の分かれ道になります。



あなたは、上記のことについて具体的な戦略をもって経営を行っいますか?


ほとんどの店舗オーナーは営業開始までは準備に非常に頑張るのに、
店をオープンした途端に、努力をしなくなる。

そんな人が多いのです。


ほとんどの人が、いきなり最高のものを出そうという傾向が強いですが、
本当に最高といえるものは、良いものが重なって初めて出来上がるものです。



いきなり最高のものを目指すのではなく、やりながら
改善していく中で最高にたどり着く方が、効率的で
確実なのです。


では、どのように改善していかばよいかという話に
なります。


これらの具体的戦略を通信講座(DVD)で惜しみなくお伝えします。



この通信講座(DVD)では、あなたのお店が成功するための方法に
ついてお話ししております。



 事業を発展させる3つの考え方



経営者には、知っておかなければならない重要なことが沢山あります。

例えば、経営する上で必要になってくる財務の数字。
しかし、高度な財務知識が必要かというと、そうでもありません。

本当に重要な数字の概念は、売上から経費を引いたものが利益になることにつきます。

売上を上げて経費を下げ、利益を出すことが経営ですが、その当たり前のことが、
なぜか当たり前にできないのが経営です。

なぜ、当たり前の話をするのかというと、利益が残れば事業が成立するということを
強烈に知っておいてほしいからに他なりません。

赤字が出るのは、売上よりも経費のほうが大きいから赤字になるというだけの話です。





事業の成功というのはある時点で急速に加速し始めるものです。

そのタイミングは間違っても店がオープンしたと同時ではないのです。

だから、「仮に失敗しても再起できるようにしておかなければダメ!」

そのためには、投資と固定費を抑えることです。





多店舗化を図る上で、重要なのは組織作り

営業を管理できる幹部を選んで育てていくことが必要になります。

成長していくためには、管理の階層を増やさなくてはマネジメントが破綻します。

エリアマネージャーなどを設置することで段階的なマネジメントを試みる
必要があります。


M&A必勝法!



売るべきか、続けるべきか?

変化の激しい経営環境の中で、このまま事業を続けていくのか?
それとも売ってしまうのか?その選択をどう決断するのかについて解説していきます。
簡単には決断できず、いろいろな感情が入り乱れるこの最終判断。
しかし最後に行き着くところは…






営業譲渡と株式譲渡

M&Aには営業譲渡と株式譲渡の2種類あります。
買うなら営業譲渡、売るなら株式譲渡です。なぜならば…





今後、外食産業でM&Aは増えるのか?

確かに大企業レベルでは、活発になると思います。
しかし中小企業にM&Aの波が波及するとは考えにくいです。
その理由も解説します。





最近の事例にみる、正しいM&A戦略のパターン

王子製紙が北越製紙に仕掛けたTOBは、戦略的に間違っているとは思えません。
その理由は、製紙業界の業界構造にあります。どのような業界にM&Aが有効なのか?
また、M&Aを成功に導くために、大きな障害となるものは何かを解説します。






1分で出来る株価算定法

私の会社の株価を決めた株価算定式を公開しています。
あなたの会社も1分で算定できるかも知れません。





⇒M&Aという言葉に踊らされない為にも、メリット・デメリットを
知っておく必要があります。



 ■ こんな方にオススメ!

外食企業の経営者の方

現在店舗ビジネスをされている経営者の方

社長の右腕を育成したい方

事業の売却を検討されている方

人の管理でお悩みの方

組織作りに関して、お悩みの方

今以上に事業を伸ばしたい方



超実践的な内容となっておりますので、現在、飲食店を経営されている方に
は是非ともご受講いただきたい通信講座(DVD)です。





 ■ お客様の声

多くの参加者からセミナーの感想をいただきました。
アンケートに答えたいただきました皆様、誠にありがとうございました。
          

1 非常に参考になりました。具体的で、わかりやすい内容でした。これまでいろいろなセミナーに参加しましたが、今回の内容は、本当に地に足のついた内容だと思いました。すぐにでも参考に出来ると思います。
2 先生の講演内容はとてもわかりやすく、基本的なことを確実に行なっていくことが大切なことだと痛感しました。
3 非常に簡潔明瞭でわかりやすかったです。(神奈川県 K.O様)
4 すべての話にロジックがあり、説得力があり、わかりやすいセミナーでした。(東京都、M.S様)
5 講師が気さくで、とても感動しました。
6 経験に基づく具体的な講演でした。(東京都 A.K様)
7 本気でシェアしてくれていました。売却の価値がわかりました。株価の試算が簡単でよかったです。




 ■ 通信講座内容
この通信講座では下記についてをわかり易く学んでいただきます。

■ 1部

・ 業界選定・参入タイミング・成功要因

・ 3C分析で市場の方向性を大づかみにする

・ ブランドによる差別化

・ 組織の乱れに対処する

・ 人材の育成

■ 2部

・ 売り上げなければ全て無し

・ 販売促進の新常識

・ ROI

・ 経営戦略

・ 営業譲渡と株式譲渡

・ M&Aが有効か

・ 1分でできる株価算定法





 ■ 講師紹介





     Kitou hiromasa
講師: 鬼頭 宏昌 氏

元キューズファクトリーズオーナー

大学中退後、外食業界へ参入。

22歳で父親の経営する株式会社まこと(後にキューズファクトリーズに社名変更)に入社。同年に開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育て上げる。

その後、同社の赤字転落を機に25歳で父親から経営を託され、31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(全て直営店)、年商20億円の外食チェーン企業い同社を育て上げ、優良企業のうちに事業を売却し現在に至る。

その後、FUTURE CONNECT株式会社を設立し、新規事業の開発・執筆・コンサルティング活動などを行っている。

【講師著書】



小さな飲食店 成功のバイブル
インデックスコミュニケーションズ












小さな飲食店 真実の店長バイブル
インデックスコミュニケーションズ




 ■ 講師からのメッセージ


私が父親から倒産の危機に瀕した零細企業の経営を託されたのは1999年、25歳のときでした。
その時点での年商は2億円強、利益は−2000万円の赤字
スタッフ総数は40名程度で、さらには債務超過寸前の経営状態でした。

しかし、2005年までの6年間で、店舗数20店舗(すべて直営店)、
年商20億円スタッフの総数500人規模の外食チェーンに育て上げることが出来ました。

その後、2006年に同社の全株式を6億5000万円で売却し、現在に至っています。

日本に外食産業が誕生して以来の深刻な外食不況の中で6年間継続して黒字を
出しながらの急成長を実現した従来の飲食店経営の枠にとらわれない

経営戦略立案手法・経営管理手法を余すことなく完全公開させていただきます!

ご期待下さい!


                                 鬼頭 宏昌





このページのトップへ

分割払いも可能

例)クレジットカードでの分割12回払いにて月々約3,750円+カード分割手数料にて受講頂けます。
別途、カード手数料がかかります。
アメリカンエクスプレスカード、ダイナースカードは一括払いのみとなります。
分割払いはお申込時にクレジットカード払いをお選び頂いた後、ご指定頂けます。
2〜24回払いをお選び頂けます。(カードの種類によってご利用頂けない分割回数もございます)
カード分割手数料につきまして、詳しくはご利用のクレジットカード会社へお問い合わせください。

VISA・JCB・MasterCard・AMERICAN EXPRESS CARD

このページのトップへ

受講料返金制度

この通信講座をご覧になられて、「受講料が回収できるほどの内容がなかった」とお感じになられましたら、教材受取日から30日以内にご連絡頂けましたら、お支払いいただいた受講料を、全額返金させて頂きます。

この制度は、当校企画の通信講座をご購入になられた全ての方にご満足頂けるために、当校規定の講師選別を行い、リハーサルを行い、さらに講義クォリティを高める努力を日々行っている当校だからこそ、自信を持って付けることの出来る制度ですので、安心してお申し込みくださいませ。

受講料返金制度についてはこちら

このページのトップへ

飲食店経営者限定!「奇跡のV字回復」飲食店経営実践ノウハウ&戦略大公開 通信講座
受講料 45,000円 (税別)
セット内容 DVD1枚組(約160分)/ 資料あり/ 2007年6月28日収録
お支払い

*代金引換

代金引換にて封筒をお届け致しますので、配達員の方に受講料をお支払いください

*クレジットカード

VISA、MASTER、DC、JACCS、AMERICAN EXPRESS、JCBカードをご利用いただけます。

  • ※お支払い金額1万円以上で「一括払い」の他、「分割払い」や「リボ払い」もご選択頂けます。

例)クレジットカードでの分割12回払いにて月々約3,750円+カード分割手数料にて受講頂けます。

  • ※分割払いはお申し込み時にクレジットカード払いをお選び頂いた後、ご指定頂けます。
  • ※アメリカンエクスプレスカード、ダイナースカードは一括払いのみとなります。
  • ※2回〜24回払いをお選び頂けます。(カードの種類によってはご利用頂けない分割回数もございます。)
  • ※カード分割手数料につきまして、詳しくはご利用のクレジットカード会社へお問い合わせ下さい。

*銀行振込

お申し込みから1週間以内に以下口座宛お振込ください。

みずほ銀行 新宿南口支店(069) 普通 2099648 ニホンファイナンシャルアカデミー(カ

送料

送料無料にて当日発送もいたします。
平日午前10時までのお申込み(在庫がある講座、カード払いもしくは代引きのみ)に限ります。

詳しくはこちらヤマト運輸

通信講座のお錐桙ン

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]

ページトップに戻る