お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時~19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

動画配信サービスの「無料お試し」を徹底比較

kumanomi

HuluやNetflixなど、月々定額で自分の好きな時に好きな動画を楽しめる動画配信サービスの人気が最近高まってきています。サービスが始まった頃より、提供する会社や利用者も格段に増え、各社新規加入者の増加を狙って競争も激化していますが、そこで知りたいのが「結局どの会社を選べばよいのか?」ということ。
それを知るのに手っ取り早い方法があります。それが「無料お試し」を利用すること。実は、正式な契約をする前にほとんどの会社で「無料お試し期間」を設けており、期間内であれば、誰でも無料で動画を楽しむことができるんです。
しかし、会社ごとに期間の長さやお試し時の登録方法など細かな違いも…今回は、そんな「動画配信サービスの無料お試し」について、各社ごとに内容をまとめてみました。これを参考にしながら、あなたに合ったサービスをぜひ探してみてください。

1.Hulu(フールー)

Hulu(http://www.hulu.jp/)はアメリカから来た動画配信サービスで、昨今の動画配信ブームの火付け役と言っても過言ではない存在で、幅広いコンテンツが魅力となっています。公式サイトでは「人気映画やドラマ30,000本が見放題のオンライン動画配信サービス」とうたっています。
さて、そんなHuluの無料お試し期間は2週間です。Huluでは「無料トライアル」と称していますが、この無料トライアル中の2週間は、すべての作品を無料で楽しめます。申し込みはwebから簡単に登録することができ、Facebookのアカウントを使ってすぐに登録することができます。
登録時にはクレジットカードの情報など、支払いに関する項目を入力する必要があります。また当然のことながら、2週間を経過してしまうと月額933円(税抜)がかかってしまうので注意してください。

2. Netflix(ネットフリックス)

Netflix(https://www.netflix.com/jp/)はアメリカに本社があり、190以上の国でオンライン動画サービスを展開しています。2015年9月に日本にも上陸しサービスを開始し、2016年現在8100万人と世界最大の会員数を誇るというのが魅力です。最近は、お笑い芸人・又吉直樹氏の芥川賞受賞作「火花」をドラマ化しNetflix独占で配信したことでも話題になりました。
Netflixの無料お試し期間は1か月とHuluに比べると長くなっています。無料体験の登録と同時にNetflixで用意しているすべての映画やドラマへアクセスできます。
登録には名前とメールアドレス、パスワード設定と支払い方法など、必要項目とともに希望プランを3つの中から選ぶ必要があります。Netflixには月額650円のベーシック、950円のスタンダード、1450円のプレミアムという3つの料金プラン(※税抜)があり、これは有料会員への移行の際、選択したプランに切り替わるという意味です。もちろん、無料体験期間内でキャンセル手続きをすれば料金はかかりません。

3. dTV

dTV(http://pc.video.dmkt-sp.jp/)はNTTドコモが提供する映像配信サービスです。Hulu、Netflixとは違い、主に日本国内向けのサービスですが、2016年3月には会員数が500万人を突破し、作品数もおよそ12万本と国内No.1というのが最大の特徴となっています。
dTVの無料お試し期間は31日間でwebから簡単に登録することができます。登録の際にはNTTドコモのdアカウントを持っていればスムーズですが、Facebook、Google+、Yahoo! JAPAN、mixiのアカウントを持っていればドコモ以外のユーザーでもスムーズにdアカウントの発行ができ、登録にかかる手間を省くことができます。
dTVもHuluやNetflixと同様、登録には名前などの基本的な情報やクレジットカードなど支払いに関する情報も必要です。動画配信サービスは基本的にカード決済が多いですが、dTVはクレジットカードの他にデビットカードにも対応しています。
登録を済ませれば見放題作品を無料で見ることができますが、31日間を過ぎると月額500円(税抜)の料金が発生してしまいます。さらに、一部の新作コンテンツは個別課金となる場合があるので注意が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
動画配信サービスは上記に挙げたもの以外にもたくさんあるので、見たい作品があったらすぐさま無料お試し期間を使ってチェック。レンタルビデオ屋さんに行くことなく、好きなときに好きなだけ映像コンテンツを楽しむという、新しいライフスタイルを味わってみてはいかがでしょうか?

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10~19時[月~土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]