お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時~19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

これからの時代のモテ条件は
「高学歴」より「新額歴」!?

yeanjiusuo

「高学歴「高身長」「高収入」の三高時代は終わった?

かつて女性が結婚相手に求める条件といえば、いわゆる「高学歴」「高身長」「高収入」の三高でした。しかし、今は三高という言葉すらあまり聞かなくなったような気がします。じっさいわたしの周りには、独身女性がたくさんおりますが、彼女たちから「三高のお相手と結婚したい」という話は聞いたことがありません。高身長はともかく、高学歴、高収入というのが、イコール豊かな人生を送るための条件ではないということに気付きはじめたのかもしれません。

かくいうわたしも現在独身(結婚したことはあります)ですので、いいお相手がいれば再婚したいところですが、やはりお相手に三高は求めません。まずいちばんの条件は”健康”。若い頃には当たり前すぎて意識しませんでしたが、ある程度年齢を重ねた今は、やはり自分も相手も健康であることがなにより幸せだと思います。では次にくる条件は何か? 

ファイナンシャルアカデミーでは、お金の教養ステージという考え方を提唱しています。お金の教養を、「考え方」「貯め方」「使い方」「稼ぎ方」「増やし方」「維持管理」「社会還元」と7つのカテゴリーに分け、それらをバランスよく上げていくことでお金に縛られず自由な生活を送ることができるという考え方です。じつは今、女性が結婚相手に求めるのは、このお金の教養ステージのバランスがよい「新額歴」の高い人だそうです。

「高学歴」に替わる「新額歴」とは?

「新額歴」というのは、収支をきちんと把握し管理できる、上手に貯められる、さらにそれを運用できるというお金のトータルバランス力です。事実、ファイナンシャルアカデミーが行ったアンケート調査によると、20代女性の88%が「高学歴」より「高額歴」の男性と結婚したいという結果が出ています。

gakureki

20代ではないわたしも、じつは健康の次の条件にこの高額歴を挙げたいと思います。というのは、ひと昔前のようによい大学に入って、よい会社に入って一生勤め上げるという生き方が時代遅れになってきているからです。学歴を否定するつもりはありませんが、いい意味でも悪い意味でも、学歴だけで人生が決まってしまう時代ではありません。それよりもお金をきちん貯める、スマートに使う、効率よく殖やすことができる高額歴であるほうが豊かな人生を歩めるのではないでしょうか?

幸い、額歴を上げるのはいつからでも始められます。だれかと競争して勝ち負けがあるわけでもありません。生まれ持った才能や環境にも左右されず、自分の心がけ次第で身につくものだと思います。それによってグンとモテ力がアップするなら、身につけない理由がありませんよね?

<著者プロフィール>
藤川里絵。ファイナンシャルアカデミーグループ認定講師。「お金の教養スクール」にて教壇に立つ。マネージメント事務所kili office代表。ファイナンシャルアカデミーが主催する株式投資の学校の卒業生。2011年~2015年の間に株とFXで資産を12倍に増やす。女性らしい視点での成長企業の発掘法に定評がある。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10~19時[月~土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]