お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時~19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

株式投資、何からはじめたらよいか分からない人へ

dougu

株式の売買はタイミングがとても重要です。買うべき時に買い、売るべき時に売る。それができないので、株式投資は難しいと言われます。
何から始めたら良いかわからない方は、まずは株式投資をいつでもできるように環境を整えることから始めましょう。
「買うべきタイミング」「売るべきタイミング」を知る前に、タイミングを知る情報収集のやり方から知ることが必要です。

① 四季報の定期購読
3ヵ月に1度発売される「会社四季報」(東洋経済新報社)を、申込みによって定期購読にします。個人投資家にとって欠かせない企業分析は四季報で行います。年に4回発売されますが定期購読にしておくと自宅に届くので、発売日を覚えておく必要がありません。(また定期購読は一般発売より1日早く届くので、普通の人より先に有望銘柄を安値で仕込むこともできます)
この四季報チェックでは株式投資をする上で大切な「3つの基本」の業績とPERの大まかなチェックを行います。株式投資にとって企業情報はとても大切な武器になりますので、その意味でも定期購読がおススメです。

② 日経新聞の定期購読
個別企業(=ミクロ経済)の分析は四季報で行いますが、全体景気(=マクロ経済)を知ることも大切です。有望銘柄も全体相場に合わせて下落することがあるので売買タイミングを知る上では、全体相場のチェックも欠かせません。毎朝20分程度で読む方法もあるので、(別コラム参照)継続的に目を通していると大まかな世界情勢や相場観、今後の焦点などがつかめてきます。
定期購読をすることで毎朝決まった時間に手元に日経新聞が届きます。その日の気分によって読んだり読まなかったりすると相場観にムラが生まれて、売買タイミングを逃してしまうこともあります。

③ 手数料の安いネット証券口座
個人投資家におススメなのはネット証券です。1番の理由は対面販売の証券会社と比べて断然売買手数料が安いからです。売買手数料は株式を売買するときに毎回継続的に発生するコストなので安いに越したことはありません。手数料が惜しくて売り時を逃すということがないようにしてください。(ネット証券が数百円の手数料に対して、対面販売の証券会社の手数料は約定代金の1%ほど。つまり、50万円の株を売買するとしたら5千円の手数料が必要になります。)
個人投資家には(1)SBI証券、(2)カブドットコム証券、(3)マネックス証券、(4)楽天証券の4つのネット証券会社が人気です。2016年以降は口座を開くのにマイナンバーも必要になりました。口座開設のやり方がわからなければ、問い合わせ窓口に直接電話をしたらオペレーターの方が懇切丁寧に教えてくれます。

おまけ…………ネットバンク開設
ネット証券を使う時にあると便利なので、併せて開設しましょう。インターネット上でお金の出し入れをすることに最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまうと、こちらの方が断然便利です。また先述の証券会社には、それぞれ系列のネットバンクがあり色々と特典もつきます。(SBI証券→SBI銀行、カブドットコム証券→三菱東京UFJ銀行、マネックス証券→ソニー銀行、楽天証券→楽天銀行)開設の仕方は、同じように問い合わせ窓口に電話をするとオペレーターの方が懇切丁寧に教えてくれます。ネット上で必要事項を書き込み、必要な書類を揃えて指定の宛先に郵便で送ります。すると1週間ほどで開設できます。日常生活でも通帳記入が不要になり、簡単にお金の出入金が可能になるので、時間の節約もできるようになります。

個人投資家として株式投資を始めるにあたって、この3つが準備できれば十分に投資する環境が整ったといえるでしょう。専業トレーダーと言われている人はマルチモニターを組み上げたり、情報源もずっと多いかもしれませんが、最初はこの3つで十分です。
かかるコストは①~③までで、四季報定期購読約670円(年間購読料から1ヵ月分あたりの金額を算出)+日経新聞の購読料4,509円で、月額5,179円です。この額なら敷居はそんなに高くはないような気がしてきませんか?

<著者プロフィール>
岡田正人。ファイナンシャルアカデミー認定講師。「株式投資の学校」で教壇に立つ。予備校講師兼個人投資家。大学在学中は30カ国程の海外旅行を通して見識を広める。より多くの自由と時間を求めて、文学部卒業後独立開業資格の司法書士の勉強を会社員と並行して始める。長年の努力の末に司法書士試験に合格する。その過程で行政書士、宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、ファイナンシャルプランナー2級、ビジネス実務法務2級、法学検定上級を取得。不動産系の法律を中心に専門性を高めてゆく。趣味は読書と食事とお酒。読書は主要な日本文学と世界文学を読破することが小さな人生目標で、好きな作家は村上春樹、夏目漱石、ドストエフスキー、トルストイ等々。週末を中心に常に新しいお店を探して食べ歩き、飲み歩くのが大好き。将来の夢は世界旅行と独立開業。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10~19時[月~土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]