お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時~19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

税金のクレジットカード払いでスマートに納税

2017年1月4日から、いよいよ税金のクレジットカード払いが始まりました。クレジットカードで納付ができるようになり、金融機関などへ出向く手間が省けること、ポイント還元が受けられることなど、様々なメリットがありそうです。

今回は、税金のクレジットカード払いについて、基本的な情報から実際の払い方、そしてクレジットカード払いのメリットまで見ていきます。まずは、クレジットカード決済の基本的な情報から。

どんな税金がカードで支払える?

クレジットカード納付の対象税目は、全部で30税目が対象となっています。相続性、贈与税、法人税などなどほぼ全税目が対象です。

個人の方にとっては所得税や消費税、会社経営をしている方は「法人税」「消費税」などが大きいところでしょうか。贈与税や相続税も対象となっているので、相続などのタイミングで税金の支払いが必要な時にも利用することができます。

対象のクレジットカードですが、VISA、Master Card、 JCBを始め、American Express、Diners Club 、TS CUBIC CARDとほとんどのブランドが対応。お手持ちのカードが使えないという心配はありません。

実際にどうやって決済するのでしょうか

実際の税金納付の手順を見てみましょう。準備するものは、インターネットが使えるパソコンまたはスマートフォン、クレジットカード、納付する税目と金額の分かる書類、これだけです。

まず、国税局の『国税クレジットカードお支払いサイト』へとアクセス。入力画面まで進んだら、利用者情報を入力し、納付内容を入力します。後はカード情報を入力すれば納税の手続きは完了。国税納付というと身構えてしまいますが、オンラインショッピングと殆ど変わらずにとても簡単です。

今までの納税だと、納付先にわざわざ足を運んでいました。しかし、クレジットカード納付であれば、インターネット環境さえあればその場で簡単に納税できます。これは、大きなメリットです。

他にもクレジットカードを使った賢い支払いは色々であるので、気になる人は『車検・保険・病院……クレジットカードの賢い使い方』もぜひご覧くださいね。

クレジットカード払いのメリットまとめ

それでは、クレジットカードで税金を納めるメリットについて見ていきます。

①ポイントが貯まる!
1つ目は、やはりコレです。ポイントが貯まります。税金の支払いにポイントがつくということは、事実上のキャッシュバック。つらいと感じることが多い税金の支払いが少しだけ楽しくなることでしょう。

②支払い回数が選べる!
税金の支払いもお買い物の時のように、好きな支払い方法を選ぶことができます。一括払いだけでなく、分割払いやリボ払いで税金を支払うことが出来ます。出費が重なった時などに分割できるのはとても便利です。

③支払い期間に猶予が持てる!
クレジット決済では、実際の支払いまでにタイムラグがあり、カード会社からの口座引き落としまで時期の猶予がもてることもメリットと言えるでしょう。特に事業主にとっては、この支払い猶予は貴重です。

④24時間、いつでも利用可能!
インターネット環境さえあれば、どこでも納付でき、しかも夜間休日問わず24時間利用可能です。支払い期限ギリギリでも、日中仕事が忙しくて時間を作れない人でも簡単に納付できるようになりました。

以上の4点が、国税のクレジットカード払いの大きなところのメリットと言えます。
では、注意すべき点はないのでしょうか?いくつかあるので纏めます。

クレジットカード納税の注意すべき点

①カード納税ができるのはインターネットだけ
今回のクレジットカード払いは、銀行などの金融機関、税務署、コンビニなどの窓口では出来ません。カード納税ができるのはインターネットだけになります。

②自動納付はできない
次に、継続的に自動納付ができません。携帯電話や公共料金のように1度登録したら次回以降そのカードで自動引き落としになるわけではありません。その都度納付手続きが必要です。

③領収書が発行されない
領収証書が発行されないのも注意が必要です。領収証書が必要な人は、金融機関や税務署を利用して現金で納付しましょう。

④手数料がかかる
そして、税金をカードで支払うと手数料がかかります。これは注意が必要です。「1万円につき76円(消費税別)の決済手数料」が利用者の負担となります。納税額1万円までは税別76円、以降1万円ごとに76円が決済手数料として加算されてしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?
例えば、手数料はおよそ0.8%かかることが分かりましたので、還元率が1%以上ある高還元率のカードを選べば、手数料分を補った上にポイントが貯まります。ですので、税金を払ってもポイントを稼げる還元率の高いクレジットカードを使うと良いでしょう。

いつでも簡単にできて、ポイント還元される税金のクレジットカード払い。ぜひうまく活用してみてください。

<著者プロフィール>
宮尾忠敬。テレビ、WEBメディアで活動中。趣味は手頃な値段で飲めるお店巡り。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10~19時[月~土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]