お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時~19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

お金の問題を解決!!
ここに気づけば、もうお金には困らない

私たちが日々生活しているこの世の中には、不公平で、不満に思うことが沢山あります。周りの人たちを見回しても、なぜかお金に恵まれない人、金運が逃げていく人がたくさんいる一方で、それほど努力をしているようには見えないのに、いつも金運のいい人がいます。
この違いは何なのでしょうか?
その仕組みを知って、金運のいい人になりたいと思っている人もいるかもしれませんね。

密教風水カウンセラー・種市勝覺さんによると、実はお金には「見えない法則」が存在しているそう。そして、この法則を理解して生きられる人は「金運がつく人」になれるそうです。でも、法則と違うことをやっている人はいつまで経っても金運が良くならないとか……。

そのヒントを与えてくれるのが種市勝覺さんの著書「ここに気づけば、もうお金には困らない」です。この本を読むと、お金に対する感じ方、金運が良くなる方法などお金の問題を解決してくれるかもしれません。

テレビをつけっぱなしにすると貧乏になる?

テレビをつけっぱなしにしていると、どんどん金運に見放されるそうです。お金のない家庭に限って、寝ている時や外出している時にテレビがつけっぱなしになっているそうです。
なぜそのようなことが起きてしまうのかというと「テレビから流れてくるのはほとんどいらない情報なので、それに脳が引っ張られていると、きちんと物事が考えられなくなっている」からだとか。そうするとおのずと決断する精度が鈍くなってしまい、人生において重要な局面で選択や決断を誤ってしまうのだそうです。

また、テレビは今向き合いたくない姿勢の象徴ともいえるそうです。テレビを見ていれば、時間がつぶせる。今を忘れることができる。自分が抱えている課題に向き合わずにいられる。それはイコール自分に関心がないことといっても過言ではありません。そして自分に関心が持てないというのは、自分をダメにすることと同じです。それでは豊かさがやってくるわけがありません。

ですが、この問題は簡単に解決できます。それは、テレビをつけっぱなしにしなければいいだけのこと。ただ単に、テレビをつけっぱなしにしないことで金運が戻ってくるそうです。こんなに簡単なことで金運が上がるのですから、みなさんも是非やるべきだと種市さんは言います。

お財布にも居心地のいい場所を与える

誰でも人に好かれたかったら、その人が嬉しいと思うことをして大切にしますよね?そうすれば、相手も自分に関心を持ってくれるかもしれません。お金も同じだそうです!お金に好かれたかったら、お金を大切に扱わないといけないのです。ですから、お金の居場所である財布はいいものを持ち、いつも清潔にして、お金に不快な思いをさせないようにすることがいいそうです。

さらにお財布にも寝床が必要だそうです。お財布が寝る場所を決めて、専用の寝床も用意しましょう。きれいな箱でもいいのですが、もっといいのは金庫だそうです。また単にお金や財布を金庫にしまうだけではなく、その時に感謝の言葉も忘れてはいけません。きちんと声をかけましょう。

とにかく、お金としっかり向き合って、例え短くてもお金を見つめる時間を作ることが大切とのこと。毎日毎日きちんと財布を整理して、財布とお金をきちん寝かせてあげる。これを習慣にするとお金を大切にするマインドが養われていきます。

なぜ節約しても、お金が増えないのか?

節約という行為はお金が減るスピードをおさえるだけで、増やすわけではありません。この「減らさない」という行動はあまり良いものではないのです。ケチな人はいつまでたっても豊かになれないのはなぜだと思いますか?それはお金と人の両方から嫌われてしまうからなのです。ケチな人はお金を生かさなければいけない場面で使わないので、お金が生きるチャンスを失わせてしまいます。人は外出しないと生きていけません。それは、お金も同じです。お金も使ってあげて時々外出させてあげることが大切なのです。

またケチな人はお金が減るのを喜びません。お金を使う度に「損した」と考えるので、お金が悪者になってしまいます。このような考えではお金に嫌われても当然です!もちろんお金は使うと減るのですが、それと同時に喜びも得られているのです。お金のおかげでこんな素敵な喜びを得ることができました、と思えるようになれば、お金にも好かれるようになります。豊かな人はそのような考えを持っているので、ますます豊かになっていくそうです。

たとえばですが、お金をたくさん使って初めて発見できることもあります。詳しくは『3億円使ってわかった資産の作り方とは……』をご覧ください。
みなさんもお金を使うことに抵抗を持たず、気持ちよく使っていくことが結局はお金を増やす近道になるのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容は、ごく一部。実際にはもっとたくさんのお金の情報がつまっています。この本との出会いは、お金との付き合い方を変える、小さいけど大きな一歩になるかもしれませんね。

<著者プロフィール>
中川拓海。趣味は買い物とスノボー。カメラマンアシスタントとしても活動中。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10~19時[月~土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]