お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。15年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

「働き方改革」時代に必要なお金の教養。

2017.9.16

「一社で一生」。
そんな終身雇用の時代が、今まさに終焉を迎えようとしています。

日本政府が今年3月に発表した「働き方改革実行計画」。
その中には、改革の一端として、副業や兼業を普及させるためのガイドラインを、2017年度中に作成することが盛り込まれています。

中小企業庁が2014年に実施した調査によると、副業や兼業を禁止している企業は85.3%に上ります。そんな企業の常識に反して、政府が自ら主導して副業・兼業を推進している。これは、私たちの働き方そのものに、政府が大きな警鐘を鳴らしている状態ともいえます。

ひとつの会社で働き続けても思ったように収入が伸びない時代の中で将来の不安のない生活、豊かな生活をしていくためにはこれからさらに自助努力が求められてくることは間違いありません

そのための大きな解決策の一つ目が、ファイナンシャルアカデミーが一貫してその大切さを伝えている「資産運用」つまり「増やす」というお金の教養です。
そして二つ目が「稼ぐ力」。これからさらに重要性が増してくるであろうお金の教養の一つである稼ぐ力です。

では、どうすれば稼ぐ力を高めることができるのか。

答えはいたってシンプルです。
それはズバリ「自分の強み」を見極めて、社会に提供すること。

これさえできていれば、働き方改革によってどんなに環境が大きく変化しても、ずっと「稼げる自分」で居続けることができるのです。

そんな、自分の強みを見極め、稼ぐ力を高めるためのエッセンスを詰め込んだのが
9月20日に朝日新聞出版から発売になる新刊、『それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。』
私のこれまでの著書の中でも、もっとも長くてややこしいタイトルです(笑)。

タイトルの先頭にある「それ」とは、自分の強みのこと。
スモールビジネスを立ち上げたり、副業や兼業をしている9人の方の悩みを実際に聞き、具体的なアドバイスを行ったやりとりをそのまま実録しました。

今すぐに起業や副業を考えていなくても、誰にでも応用できる、「稼ぐ力」を身につけるためのノウハウを惜しみなくお伝えしています。

“一億総副業時代”はもうすぐそこまで来ています。
これからのキャリア人生の可能性を広げたいすべての人に読んでほしいと思っています。

著者プロフィール


泉正人
ファイナンシャルアカデミーグループ 代表。
一般社団法人金融学習協会 理事長。

自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年に「お金の教養」を身につけるための総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を創立、代表に就任。

お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営と通信制・WEB自宅受講を通じ、年間で延べ万人に義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えている。

一方、一般社団法人金融学習協会の理事長として「マネーマネジメント検定」を運営。学校現場への金融経済教育のカリキュラム提供などの普及啓蒙活動も精力的に行っている。

現在、ファイナンシャル教育を行うグループ4社を牽引し、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。著書は30冊累計120万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーHP http://www.jfa.ac
ファイナンシャルアカデミーグループHP http://fagroup.jp
コラム(blog)Think Money. Think Life. http://www.f-academy.jp/blog/1013/

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る