お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時~19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

なぜ今、金融経済教育なのか?

2015.10.1

なぜ今、金融経済教育なのか?

金融経済教育は、学問の一つとして認められつつある時代に入ってきています。

金融やお金とは、
私達の生活に密着しているとても大切なツールにもかかわらず、
私たちの多くは口にせず、あまり語り合うことはありません。

でも、お金というツールを使うことで、
自分の夢や、やりたいことを実現させるために必要なのも、事実。

頭で理解しているけど、なかなかそれを学びとして
第一歩を踏み出す人は多くはなかった時代が続いていました。

▼ それは、英語教育も同じ。
1980年台。
世界中の人とのコミュニケーションをするため、
または、情報を集めるためには、
英語はとても重要なツールとして理解され始めていました。

しかし、日本語のほうが大切とされており、
「小学生に英語を覚えさせるより、正しい日本語を教えなさい。」
という有識者はとても多かった時代です。

でも今はどうでしょう?
正しい日本語も大切であるし、英語のコミュニケーションも必要
という考えが一般的になってきていて、
さらにそれを身につけている人はイキイキとしています。

どちらか一方だけを取り、片方を捨てるという
トレードオフの関係とは誰も思っていないのです。

▼ では、金融経済教育はどうでしょうか?

数字やお金は、英語よりもグローバル言語とされてきていて、
お金の感覚やバランスが悪い人は、仕事や仲間までをも失いかねません。

「お金のことを考えるよりも、夢を追いなさい。」
と昔は言われていました。

しかし今は、
夢とお金のどちらか一方だけを取り、
片方を捨てるというトレードオフの関係ではなく、

夢をかなえるためのツールとして、お金の正しい扱い方を身につける、
ということが、必要な時代となっているのです。

▼ 「語学と金融を学んだことで、僕は世界のプレーヤーになった。」

日本代表ゴールキーパーとして活躍してきた川島永嗣選手は、
こう語っています。

「語学を身につけることで、世界中の選手と仲間となれる。そして戦える。
 金融の知識を身につけることで、お金の心配なく練習と本業に集中できる。」と。

▼ 第一の教育、学問教育。第二の教育、職業教育。第三の教育「金融経済教育」

私たちは、義務教育で読み書きそろばんという学問教育を受け、
多くの人が、専門学校や大学で職業教育を受け、
社会にでて働いています。

しかし、お金についての勉強、
つまり金融経済教育を受けている人は
日本にほとんどいません。

良い大学をでて、良い会社で働いている多くの人が、
ちいさなお金のトラブルで、人間関係を崩している現実があります。

血のつながりのある家族が、
親の死後に遺産相続で争い、年間8,000件近くの裁判が
毎年行われている事実があります、

なぜ、毎日のように、
金銭関係が原因で、事件が起こっているでしょう。

ただしいお金の扱い方、
つまりお金の扱い方マニュアルが世の中にないからです。

そんな社会問題を解決する大きなファクター、
それが金融経済教育です。

ファイナンシャルアカデミーは
それをカリキュラム化して伝えています。

▼ 教育といっても、難しい話ではありません。

私たちのライフスタイルを豊かにしていく「ツールの使い方」を教える、
ということを行っています。

多くの人は、まだお金について学ぶことの大切さを知りません。
学ぶ機会も与えらることなく、そしてそういう学校があることも知りません。

13年間で延べ35万人の受講生がいるファイナンシャルアカデミーですが、
1億2000万人の人口に比べたら、まだ0.3%しか学んでいないのが現実です。

著者プロフィール


泉正人
ファイナンシャルアカデミーグループ 代表。
一般社団法人金融学習協会 理事長。

自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年に「お金の教養」を身につけるための総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を創立、代表に就任。

お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営と通信制・WEB自宅受講を通じ、年間で延べ万人に義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えている。

一方、一般社団法人金融学習協会の理事長として「マネーマネジメント検定」を運営。学校現場への金融経済教育のカリキュラム提供などの普及啓蒙活動も精力的に行っている。

現在、ファイナンシャル教育を行うグループ4社を牽引し、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。著書は30冊累計120万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーHP http://www.jfa.ac
ファイナンシャルアカデミーグループHP http://fagroup.jp
コラム(blog)Think Money. Think Life. http://www.f-academy.jp/blog/1013/

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10~19時[月~土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9~21時[毎日 ※年末年始を除く]