お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る
お金について、基礎から応用まで何度でも自由に学べる。最新の情報を知る投資のプロから学べる。中立な教育機関の運営で安心して学べる。それがファイナンシャルアカデミーです。
お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

当校の理念と代表者からのメッセージ
教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル
東京・大阪の学びやすい教室環境
受講生に選ばれた実績ある講師陣
7つの要素で構成される当校の軸になる考え方
自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

いちばん得する投資信託の選び方

ファーストステップシリーズ 投信編 いちばん得する投資信託の選び方 ○×式でラクラク見つかる 知識があれば失敗しない 投資信託の種類、 それぞれのメリット・デメリット・コストなど、 全てまるごと学べます

通信講座のお申込み


  • こんな事が学べる >>
  • 資産運用
  • 投資信託
  • インデックス型
  • アクティブ型
  • 分配型
  • 再投資型
  • 手数料
  • 税金
  • ETF
  • 目論見書
  • 運用報告書
  • 年代別運用プラン
  • 積立購入
  • 公社債投資信託
  • 株式投資信託
  • 基準価格
  • リバランス
  • ドルコスト平均法
  • 複利効果
  •  

こんな人におすすめします

「投資信託ってなに?」との疑問をお持ちの方/投資信託の仕組みを理解されたい方/資産運用をお考えの方/自分にぴったりの投資信託を選べるようになりたい方/投資信託を購入する前に、基礎知識をつけておきたい方

概要

ファーストステップシリーズとは?

「ファーストステップシリーズ」は、お金の教養を身につける「はじめの一歩」として是非学んでいただきたい講座です。学ぶ楽しさ、そして学ぶことによって得られるメリットを是非実感してください!

「投資信託」で損をしないために、投資信託の基礎知識を身に付けましょう

投資信託、なぜ銀行は勧めるの?

銀行へ行っても、郵便局へ行っても、生命保険会社でも、目に入ってくる「投資信託」の文字。なぜ、こんなに勧めてくるのかしら? 誰もがこんな疑問を持たれたことがあるのではないでしょうか?投資信託は個人では決して行うことが出来ない複雑な分散投資が出来たり、様々な海外の投資対象への投資も可能にしてくれる、画期的な投資商品です。しかし一方で、私たちが利益を受ける前に、まず金融機関が利益を取る仕組みになっています。この基本的な仕組みを理解しないで投資信託を買ってしまったら・・・ あなたの思惑とは裏腹に、投資信託に泣くことになるかもしれません。

投資信託のウソ・ホント 金融機関では教えてくれません!

「投資信託は元本保証されている」
「投資信託で、長期運用すれば必ず資産は増える」

これらはともにウソの情報です。

投資信託のことを本当に知ろうと思ったら、販売している金融機関に相談してはいけません。なぜなら、金融機関は投資信託を販売することによって、あるいは長期間運用を担うことによって収益を上げる構造になっているからです。つまり、金融機関はあなたに投資信託を買ってほしいのです。あなたが興味を持った投資信託について、あなたが購入しやすいように、その魅力を沢山話してくるでしょう。しかし一方で、あなたが購入を踏みとどまるようなリスク情報はあまり多くは話してくれません。投資信託の情報は、金融機関以外から仕入れるようにしましょう。

月1万円から、手間をかけることなく資産運用が始められる!

投信積立を利用すれば、毎月一定額の投資信託を自動的に買っていくことが出来ます。
最初に手続きすれば、あとは自動的に積み立てることができるので、忙しい人にはとても便利です。

さらに投信積立は、「高値で一度にたくさん買ってしまうリスク」を回避し、購入単価を下げることができます。
「毎月○万円分」と決めているので、価格が高いときは少なめに、安い時には多めに買うことができるからです。
手間をかけること無く、上手な資産運用を両立できる投信積立は、忙しい個人投資家にとって大変魅力的な投資方法の一つと言えるでしょう。

こういった“様々な角度から見たメリット”も、「売りたい商品を売ろうとする金融機関」では、なかなか得ることができません。
逆に、自分自身でリスクとメリットを判断できるようになれば、金融機関が勧める投資信託を言われるままに買って、結局損をするなんてことも、きちんと避けられるようになります。

株式や投資信託を購入する前に、必ず受けておきたい講座です!

投資信託を考える場合には、株式投資も一緒に考える必要があります。なぜなら、投資信託とは、その中身は株式投資や債券投資だからです。株式投資とのメリット・デメリットを考えずして、投資信託の購入は出来ません(非常にリスクが高く、また、損をしやすいといえます)。

そこで今回、ファーストステップシリーズ「投資信託編」では、「投資信託の仕組み」や「投資信託と株式投資の比較」などについて、2時間にぎゅっと圧縮した内容を伝えいたします。あなたの資産運用の計画に、是非この知識を活用して下さい!これからの将来、資産運用の知識無しに、豊かな暮らしはなかなか望めません。是非、資産運用の第一歩、「投資信託」についての基礎知識をつけて下さい!

講座修了時には、投資信託の仕組みはもちろん、あなたにぴったりの投資信託もわかります。
(個別の投資信託の紹介はございません。汎用性の高い知識として、分類をご理解いただきます)

講座内容

■今の時代、なぜ資産運用が必要? なぜ、資産 運用をするのか、目的をはっきりさせることが大切
■そもそも投資信託とは? 投資信託の仕組みと、全体像。株式投資との比較(メリット・デメリット)
■公社債投資信託・株式投資信託ってなに? 投資対象による分類を理解しよう
■インデックス型・アクティブ型ってなに? 運用方針による分類を理解しよう
■オープン型・ユニット型ってなに? 購入できる期間による分類を理解しよう
■分配型・再投資型ってなに? 分配方式による分類を理解しよう
■最近耳にするETFってなに? 投信を上場したものがETF。株と同じように買ったり売ったり出来る
■投資信託の価格はどうやって調べるの 基準価額について。基準価額の調べ方
■投資信託にはこんな税金がかかる 投資信託の税金について
■目論見書のチェックポイント 初心者が最低限押さえておきたい目論見書のポイント
■運用報告書のチェックポイント 初心者が最低限押さえておきたい運用報告書のポイント
■資産運用の目的や方法は世代別に考えよう! 世代別資産運用の考え方や方法について。リバランスについて
■攻め型の運用プラン(20代、30代) 株式投資と投資信託をうまく使い分け、長期で増やす運用を
■バランス型の運用プラン(40代、50代) 大切なお金を安全性重視で増やす
■守り型の運用プラン(60代〜) インフレや物価高にも耐えられる、減らさない運用を
■投資信託を積立でコツコツ購入! 投資信託積立というコツコツ戦略の仕組みを知ろう
■あなたにぴったりの投資信託は? オリジナル○×シートで、あなたにぴったりの投資信託を選ぼう!

講師紹介

高山 一恵 Takayama Kazue

株式会社エフピーウーマン執行役員
ファイナンシャルプランナー(CFP)&DCプランナー

慶應義塾大学教育学部大学院を卒業後、2002年にファイナンシャルプランナーの資格を取得したのを機にお金との正しい付き合い方を啓蒙すること魅力に目覚める。現在、「女性のためのお金の総合クリニック」株式会社エフピーウーマンのメイン講師として、全国で講演活動を行い、人生に不可欠なお金の知識を伝えている。著書に『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)、『35歳までにはぜったい知っておきたいお金のきほん』(アスペクト)等がある。

橋本 顕愛 Hashimoto Akiyoshi

ファイナンシャルアカデミー講師
マネーマネージメントコーチ
ファイナンシャルプランナー

東京・大阪などを中心に全国各地でFX投資、株式投資、不動産投資など投資全般に関する専門的な知識をベースとした講演を行う。初心者にもわかりやすいと定評がある。

長谷川 浩 Hasegawa Hiroshi

二級ファイナンシャル・プランニング技能士・AFP
証券外務員二種

FP継続教育セミナー講師として、FPのスキルアップに携わる。また、日経225先物・日経225オプション取引を中心に日々トレードしている。

高野信夫 Yuko Hachisu

外資系生命保険会社において、証券会社、銀行の窓販支援のセールストレーニングを担当。
またセミナー講演なども担当。
現在、某都市銀行にて投資商品(仕組債・投資信託・生命保険)販売の支店サポートおよび、相続事案の各支店行員への指導に取り組む。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]