• ここから始めよう お金の教養講座
  • スクールの特徴
  • コース一覧
  • 受講案内
  • 受講生の声

不動産の学校 スピード融資戦略

不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ
1件、2件だけでなく物件を買い続けるための融資戦略
金融機関との健全な付き合い方
3億円以上融資を受けるための3つの鉄則

様々な投資家の成功例、失敗例
[レベル]中級者向き/上級者向き

実質無料の体験学習会はこちら

  • こんな事が学べる >>
  • 一棟物
  • 融資
  • 価格交渉
  • 条件交渉
  • キャッシュフロー
  • 収支計算
  • 税金
  • 契約書
  • 法人化
  • 出口戦略
  • 担保力
  •   

こんな人におすすめします

  • 本気で物件を増やしたいと思っている人
  • 銀行と健全な付き合い方を学び、多額な融資を受けたいと思っている人
  • 銀行から借りてくださいと言われる立場になりたい人
  • 借入れリスクを正しく回避したいと思っている人
  • 10年後の安定した収入を得たいと思っている人
  • 金利を下げたいと考えている人

オススメしない方

  • 不動産投資を勉強していない方
  • 自分で物件探しをするのが面倒と感じる人
  • とりあえず聞いてみたいと言う方

「すでに物件を購入したが、さらに買いたい」と真剣に考えているあなたへ。

不動産投資による「安定した収入」。
将来の夢や自由を求めるなら、これほど魅力的なものはありません。

ただし、ただ不動産を所有しているだけでは、夢も自由も遠ざかってしまいます。

私たち投資家が日々、意識をしなくてはいけないこと。それは「借入れリスクの回避」です。

不動産融資を理解すること。
それは、借入れリスクの回避にあたります。
不動産融資を理解していないと、相当な自己資金が無い限り、物件を増やし続けることは出来ません。

銀行側の思考を知ること。
それは、借入れリスクの回避になります。
逆に、借りる側しか知らないと、好条件での借入れはかなり難しくなります。

満額融資の方法を知ること。
それは、キャッシュアウトを減らす最大の戦略です。
これを知らないと、買えば買うほど資金が減り、資金ショートのリスクを抱えます。

金利交渉の実践力を身につけること。
無駄な金利支払いは、不動産投資にとって最大の支払いリスクです。
金利交渉を学び、たった1%下がるだけでも、
3億円の融資に対して、10年で3000万円も支出が減る効果につながります。

本講座の目的は、「あなたが優秀な不動産賃貸業の経営者として自立し、融資を有効に使えるようになり、リスクを回避し、自由と夢への道筋をつくる」ということです。

一度身につけると、一生役に立つ、銀行と金融の仕組み。
たった一度学ぶだけで、将来のキャッシュフローとプランが大きく改善されるのです。

不動産投資の学校とは?

レバレッジを利かせることに頭がいきがち?

不動産投資では、不動産を買った後にいかにお金を残していくのか、
を意識することが、融資を使用していく上で特に大事です。
金融機関は、あなたのどこを見ているのか?
どんな人にお金を貸すのかを理解し、お金の借り方や融資審査の考え方から戦略を立てることが
不動産取得の近道です。

金融機関を味方につけると、思うようにお金を借りて、あなたの望む物件を購入し、
あなたの望む資産を築くことができるようになるのです。

だれもが多額の借金を背負うことには恐怖が伴います。
しかし、この講座で正しい知識をつけて、正しいステップで歩んでいけば、
金融機関との正しい付き合い方を学び、自分の資産を増幅させる方法が身に付きます。

3億円以上融資を受けるための鉄則とは?

金融機関や不動産屋さんから勧められるがままに、新築マンションを「フルローン」で購入。
不動産投資家として自立したと勘違いし、新たに物件を増やそうとしたが、金融機関からお金を借りることが出来ない。

不動産投資のよくある落とし穴です。

資産を手にして、キャッシュフローを得ているのに、
なぜお金を借りることができなくなるのでしょうか。

金融機関や自分の財務諸表の構造を理解することで、その答えが分かる様になります。

自分の財務諸表を理解し、

● 金融機関にどのように見られているのか?
● どこを見て融資の判断をしているのか?
● どんな人にはお金を貸さないのか?


などを意識した借入れや不動産投資を実行することで、
次も金融機関からの融資が可能になるのです。

金融機関は誰にでもお金を貸すわけではありません。
不動産賃貸業の健全な経営者にお金を貸すのです。
こちらの講座では、優秀な不動産賃貸業の経営者になるための、

● 基礎知識
● 金融機関との付き合い方
● 自分を理解して、属性を上げる方法
● 3億円以上融資を受けるための鉄則について


じっくりと学ぶことが出来ます。

この「金利交渉テクニック」を知るだけで、3000万円も支払いが減る。

融資を受けるためのテクニックを学ぶことは、
自分の信用力を高め、銀行の視点を持てることと同じです。

この知識は、金利交渉に直結します。

たとえば、3億円の融資残高があり、
たったの1%、金利が下がるだけで、
初年度だけでも、年間300万円の金利支払いが減り、
全返済期間で、3000万円を超える支払いが減る効果が得られます。

実際に、4.5%の金利で2億円の借入れをしていた人が、金利交渉により、
約8000万円の金利支払いが、物件保有期間の間で減り、
想像をはるかに超えるリターンを得た例もあります。

つまり私たち投資家は、

[1] 物件を選ぶ目を磨く
[2] 物件購入のテクニックを学ぶ
[3] 銀行側の視点を理解し、融資に結びつける
[4] 信頼力を高め、より有利な条件で融資を得る


という4つのスキルを磨き続けることで、
日に日にリスクが減り、
そして、リターンが増え続け、
その結果として夢と自由が手に入れられるようになるのです。

物件購入のスキルを身につけ、
不動産のファイナンスを理解し、実践していくことで、
さらにスキルに磨きがかかります。
金利が1%変わるだけでも、毎年100万円以上のメリットが続きます。
1日でも早く、ファイナンス戦略を身につけ、動き出しましょう!

こちらの講座は、ご自宅でも動画配信にて受講いただけます。

「全ての日程は通えなそう」という方もご安心ください!

講座から6ヶ月間はご自宅で、同じ講座を受講いただけます。
※配信方法、視聴期限については変更になる場合がございます。
曜日や時間を気にすることなく、ご自身の都合の良い時間に受講いただけます。

1度の教室参加のみではなく、動画での繰り返しの受講により、効果的な学習が可能です。

動画のサンプルはこちらをクリックください。(通信環境のご確認にもご活用ください)

  • ※サンプルは「不動産投資の学校」の動画です。

クリックすると自宅受講のサンプル動画が流れます。(サンプルは「不動産投資の学校」の動画です)

カリキュラム

第1部   第2部
俯瞰視点:
全体を見て、目的を決め、不動産融資を理解する。
  銀行の視点:
融資する側の仕組みを学ぶ
  • ○ なぜ融資が必要なのか?
  • ○ 融資を受けるために必要な3つの基礎知識
  • ○ 融資の基本5原則
  • ○ 銀行が禁止する資金使途
  •  − 融資を使うことのメリット・デメリット
  •  − 融資を使わずに物件を購入するときの
       メリット・デメリット
  • ○ このスクールの目的、道筋
  •  − 継続的に物件を増やし続けることは難しい?
  •  − 融資の相談のタイミング
  •  − 融資を受ける前の事前準備
  • ○ 融資に関する基礎知識
  •  − 担保とはなにか?
  •  − 3つの不動産評価
  •  − 銀行の掛け目を理解する
  •  − 抵当権と根抵当権
  •  − 共同担保
  •  − 担保規定
  •  − 減価償却を学ぶ
  •  − 融資機関の目安となる建物耐用年数
  •  − 元利均等払いと元金均等払い
  •  − アパートローンと住宅ローン プロパーローン
  •  − リコースローンとノンリコースローン
  •  − 容積率と建ぺい率
  •  − 団体信用生命保険
  •  − ローン特約 説明
  •  − 固定金利と変動金利
  •  − 金利運用の鉄則
       (低金利時の固定金利・高金利時の変動金利)
  •  − 金利の相場について
 
  • ○ 購入候補の物件が先か?融資枠の確保が先か?
  • ○ 銀行(相手)を知ることが最重要
  • ○ 銀行の収益はどこから生まれる?
  • ○ 銀行による違い
  • ○ 銀行の裏側を知る
  •  − 融資審査の流れ
  •  − 必要書類
  •  − 銀行の審査にはどのくらいの時間がかかる?
  •  − 人物評価のポイント
  •  − 物件評価のポイント
  •  − 収益評価と積算評価
  •  − 担保規定 掛け目
  •  − 評価額から減額を出すのはなぜか?
  • ○ 銀行融資で見られる7つのポイント
  • ○ 銀行がお金を貸す条件とは?
  • ○ 銀行がお金を貸せない人とは?
  • ○ 銀行が見る、私のB/S、P/L
  •  − 資産と負債のバランス
  •  − 収入と支出のバランス
  • ○ 支店長判断で貸せるお金とは?
  • ○ 担当者の能力を見極める
  • ○ 出来る人を見極める人を3つのポイント
  • ○ 融資審査の季節性
  • ○ 耐用年数と借入年数の関係
  • ○ 金融機関の選び方
  • ○ 管理会社の能力
  • ○ こんな物件が銀行好み
  • ○ こんな物件はダメ
  • ○ 「銀行は全部同じ」ではない
  • ○ 結局銀行が見ているポイントとは?
第3部   第4部
自分の視点:
自分を知り融資との付き合い方を学ぶ
  融資戦略:
融資で成功する人を学び、戦略を立てる
  • ○ 融資審査を有利に進める提出書類の効果的な作成法
  • ○ 要求された以外の「武器」となる書類
  • ○ 自分の書類を作ってみる
  •  − 必要な書類の作り方
  •  − 物件情報の記載の仕方
  • ○ 有利な融資に必要なこととは?
  •  − 銀行が好む人は?
  •  − 銀行にとって魅力的な融資案件とは?
  •  − 担当者にあまり手間暇かけさせないポイント
  • ○ 事業計画の作り方
  •  − 銀行が融資審査で見るポイントは?
  • ○ 自分はいくらまで借りることができるのか?
  • ○ どうやって信用を築くのか?属性を上げるのか?
  • ○ 銀行に好まれる人になる
  • ○ 銀行との付き合い方
  • ○ 物件を購入するストーリーを作る
  •  − 担保評価からのアプローチ
  •  − 収益性からのアプローチ
  • ○ 借入後の銀行との付き合い方
  事業目的、戦略
  • ○ 不動産経営を始める動機は何か?
  • ○ いくらの現金(自己資金)を用意するのか?
  • ○ 最終的にいくらの手取り収入がほしいのか?
  • ○ いつまでに達成したいのか?
  • ○ そのためにどのような物件を取得したいのか?
  •  − 経営者としての資質を改めて考える
  • ○ 不動産投資でぜったいやってはいけないこと
  • ○ 築年数が古かったら?
  • ○ 自分の資産内容が悪かったら?
  • ○ 評価の出にくい物件だったら?
  • ○ 融資申請から決済までの流れ
  • ○ 陥りやすい融資にまつわる3つの落とし穴
  • ○ 融資申し込み・面談時に絶対にやってはいけないこととは?
  • ○ 3億以上の融資を受けるための3つの鉄則
  • ○ 失敗例 1棟(1件)で終わってしまう人とは?
  • ○ 失敗する人のパターンとその事例
  • ○ 成功例 拡大出来る人とは?
  • ○ 成功する人のパターンとその事例
  • ○ まとめ

講師・スタッフ

菅井敏之(すがい としゆき) Toshiyuki Sugai 講師

プロフィール

1960年生まれ。学習院大学卒業後、
1983年、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。
個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。
2003年  金沢八景支店長(横浜)に、
2005年  中野支店長(東京)に就任。

48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営をはじめ、6棟(約75室)のオーナーとして、
年間7000万円の不動産収入がある。
また2012年には、東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープン。

銀行員としてのお金を「貸す側」、不動産投資家としてのお金を「借りる側」、
どちらの視点も持っていることで、大きな資産を築くことに成功。

銀行の活用法や住宅、保険の選択方法には定評があり、
講演やセミナーでも活躍中。

受講生の声

スクールで学んだことを忠実に実践しました。
不動産投資の学校参加 M・T 様
私は現在2棟持っております。一棟目は新築17戸のRC(43平米 1LDK17戸)で約4年前に建て 二棟目は今年の3月に中古物件(事務所2戸、1K 9戸、満室想定で13.5%の表面利回り)を入手しました。一棟目の金利は5年固定で平均1.80%、一棟目は3年固定で0.91%でした。二棟目はスクールに入ってからの入手です。二棟目を入手するまでになかなかどのような物件を買えばよいのか悩んでいましたが、しっかりとした 基準をセミナーによって固めることができました。融資に関してはそれまで作り上げてきた自分の属性が生きてきたと思います。融資金額に関して満額回答ではなかったので金利面での交渉を頑張りました。(総投資5,000万円に対して3,500万円の融資)
自己の財務諸表を予め用意しておくこと。
不動産投資の学校参加 A・O 様
スクールで学んだことが融資に活かせたと感じたことは、金融機関の選び方や自己の財務諸表を予め用意しておくこと。申込みから契約までの流れと価格交渉を出来るタイミングなどです。意識した点は、積算評価で物件を買うことと、利回りの最低ラインです。
スクールで学んだことを忠実に実践しました。
不動産投資の学校参加 Y・O 様
スクールで学んだことを忠実に実践しました。格付けの高い銀行から当たるということで都市銀行にあたりました。気をつけた所は融資申請書類です。「あればベター」の書類も含めてきちんと揃えて提出したところ担当者からは「こんなにしっかりした書類を提出した方はあなたが初めてです。」とのコメントを頂きました。その効果があってか金利は頑張ってもらえました。その他の銀行として地銀も候補に入れていたのですが、格付けが高いほうが良いとのスクールでの教えに従いました。
価格交渉の上、低金利でのフルローンを組むことが出来ました。
不動産投資の学校参加 T・K 様
できるだけ安く買うというところに着目してましたので、売値より大幅な価格交渉の上、OKをもらい、銀行からは多少の条件も付きましたが、なんとかフルローン30年1.68%でOKが出ました。

受講料返金制度

この講座を受講になられて、「受講料が回収できるほどのノウハウがなかった」とお感じになられましたら、発送日から30日以内にご連絡ください。当校にお支払いされた受講料を、全額返金させて頂きます。

当制度は、当校企画の通信講座を受講された全ての方にご満足頂くために、きびしい基準で講師選別を行い、リハーサルを行い、さらに講義クォリティを高める努力を日々行っている当校だからこそ、自信を持ってご提供ができる制度です。安心してお申し込みください。

受講料返金制度についてはこちら

このページのトップへ

不動産投資の学校  ファイナンス戦略ゼミ

不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ
受講料 80,000円(税抜)
※再受講の方は60,000円(税抜)
お支払い

クレジットカード(一括払いの他、分割払い、リボ払いも可能です)
クレジットカードにて最大24回の分割払いもご利用いただけます。

銀行振込

日程

日時:
   ・第1回 / 2015年02月03日(火)  19:00〜21:00
   ・第2回 / 2015年02月10日(火)  19:00〜21:00
   ・第3回 / 2015年02月17日(火)  19:00〜21:00
   ・第4回 / 2015年02月24日(火)  19:00〜21:00
           ※教室参加出来なくてもご自宅で動画配信にて受講いただけます。

会場:    

ファイナンシャルアカデミー新宿本校C3教室
〒160-0023  東京都新宿区西新宿1-14-11 NIKKOビル 9F

交通 JR 『新宿駅』南口より徒歩3分
都営大江戸線・都営新宿線『新宿駅』7番出口より徒歩1分
地図は下記をご覧ください。
http://www.f-academy.jp/upimage/shinjuku_c1.html


↑↑ 新規のお申し込み(80,000円)

↑↑ 再受講のお申し込み(60,000円)

【ファイナンシャルアカデミー 投資の学校・スクール 受講規程】

  • 1. 講演内容、講師は予告なく変更となる場合がございます。
  • 2. 受講生間における当日及び後日の、ネットワークビジネス、宗教、その他の営業行為等の勧誘を一切禁止いたします。
  • 3. 教材お届けより30日経過後のキャンセルはご返金できませんのでご注意ください。
  • 4. 講義中の録音、録画、撮影等はご遠慮頂いております。
  • 5. 一定人数に達しない場合、または講師の急病などにより、講座の開講を、延期または中止する場合があります。
  • 6. 円滑な授業運営のため、申し込み前・申し込み後にかかわらず、事務局の判断でご受講をお断りする場合がございます。
  • (1) 知識はいいから、儲かる投資商品、投資手法を紹介してほしいという方
  • (2) 絶対にもうかる投資法を求めていらっしゃる方
  • (3) 投資を真剣に学ぼうとされていない方
  • (4) 講師の話が素直に聞けない方(ご質問は歓迎いたします)
  • (5) 講義を静かに聴くことが出来ず、講師や他の受講生に迷惑をかける方
  • (6) 授業の進行に支障をきたす言動をされる方
  • (7) その他、事務局から受講が不適切と判断された方

以上のような方には、残念ながら当講座にはご満足いただけないと思われますので受講をお断りさせていただいております。

  • 7. 当校の講座は、成人を対象とした内容のため未成年の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • 8. 小さなお子様の入室はお断りいたしております。予めご了承くださいませ。
  • 9. 教室での配布資料は講師の解説とともに提供するため、参加者のみの配布とさせていただいております。
  • 10. 授業中のPC使用に関しましては、タイプ音など他の受講生の迷惑にならないように、ご注意いただきますようお願い申し上げます。
    また、他の方のタイプ音が気になる場合、席をご移動いただくなどご協力をお願い申し上げます。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]