• ここから始めよう お金の教養講座
  • スクールの特徴
  • コース一覧
  • 受講案内
  • 受講生の声

ホーム > 不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ(試算表戦略編)


不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ(試算表戦略編)

不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ(試算表戦略編) ※中級者向き/上級者向き

講座を予約する

こんな人におすすめします

  • 本気で物件を増やしたいと思っている人
  • 銀行と健全なつきあいかたを学び、多額な融資を受けたいと思っている人
  • 銀行から借りてくださいと言われる立場になりたい人
  • 借入リスクを正しく回避したいと思っている人
  • 10年後の安定した収入を得たいと思っている人
  • 金利を下げたいと考えている人

オススメしない方

  • 不動産投資を勉強していない人
  • 自分で物件探しをするのが面倒と感じる人
  • とりあえず聞いてみたいという人
  • 会計の知識の全くない人

不動産投資の投資効率を10倍上げるための試算表戦略を、
1日かけて学ぶ実践的なゼミです。


不動産投資でいうレバレッジというと、多くの方が「銀行からの融資」
と思い浮かべる方が多いかと思います。

物件購入において、多くの場合は銀行融資を利用するかと思いますが、
銀行が融資を実行する際に一番見るもの、それが、「試算表(財務諸表)」です。

試算表の見せ方によっては、有利にも不利にもレバレッジがかけることができ、
不動産投資の結果を大きく変わるポイントになり得ます。

大成功した不動産投資家の成功の理由、それは間違いなく財務諸表及び試算表のちからです。

とくに短期間で増やすために財務諸表を良くすることしかありません。

講座を予約する

戦略的な試算表を作成する事によって得られるメリットとは?

試算表を作りこむ事によって、大きく変わること、それは「金利」です。
お金を貸す側は、返してもらえないかもしれないリスクによって金利を変えています。銀行から見てリスクが低い人とは、

財務諸表がいい人、
決算内容のいい人、
確定申告がいい人、

は、低い利率でお金を借りることができ、逆に言えば、低い利率でお金を調達できるようになるのです。

1億円の借入れに対して1%金利が低下すると、年間100万円です。
不動産が増えれば増えるほど、金利が与えるインパクトが大きくなってきます。


試算表の見え方が良いから、低い金利での借入れが可能になり、年間コストを低くおさえることができ、キャッシュ・フローを多く得ることができ、次の物件も、低い金利での借入れが可能になるのです。

講座を予約する

納税をする!節税はするな!
税金を払うことの意味を知る。

不動産は高額なので、かかってくる税金も当然高額です。ですので「節税」というワードには敏感な方もいらっしゃるかもしれません。

なかには、「税金を納めるのは損」「1円でも納める税金を減らしたい」と、あの手この手で節税策を考えている人もいるようです。

もちろん、控除や優遇処置などを上手く活用して、収める税金を減らすことには意味があります。しかし、財務諸表を作り上げていく上で、節税をするということはどういうことでしょうか。

節税になるからといって、経費を増やすために不要なものまで購入し、
減価償却費を過剰に計上するなど、節税ばかりに気を取られ、本末転倒にならないように注意が必要です。

反対に、税金を納めるということは、金融機関からみたら信用力の増加に繋がります。この人は税金をしっかりと払えている人だから、見方を変えるとそれだけ収入が多く、収支がプラスになっているためです。

節税が悪いわけではありません。ただし、順番を間違えるとかなりの期間を無駄に使わなくてはならなくなります。

この試算表戦略編では、税理士でもある講師の野瀬大樹氏が、不動産投資における税金についても詳しく解説し、失敗しないための納税方法について学んでいきます。

税金とどれだけ賢く付き合えるのか、不動産投資にとっては必須の項目になります。

講座を予約する

5年分の試算表を実際に作りこむ超実践型の実習時間で、
様々なパターンに対応する試算表を作る。

今回のファイナンス戦略ゼミでは、

実際に現在のB/Sを作成して頂き、
そこから年間のP/Lを作成し、1年後のB/Sを作る
実習の時間を設けています。

この実習では、良いパターン、悪いパターンそれぞれの試算表の事例を含め、
実際に見た目のよい試算表を作成するためのノウハウをしっかりと学んでいきます。

いろいろな項目がある試算表ですが、どこをどのように変えていくのか、
それをしっかりと身につけ、将来の不動産投資をより大きなチャンスへと変えていってください。

講座を予約する

カリキュラム

[ 1 ] 前提知識 PLとBS
  • PLの仕組み
  • 税金はどのように計算される?
  • 減価償却の仕組み
  • ・ 減価償却費のおさらい
  • 税金計算の仕組み
  • ・ 節税はするな?
  • BSの仕組み
  • ・純資産はどのようにして構成されるのか?
  • キャッシュ・フローとは
  • ・ 簡易キャッシュフローの計算方法
[ 2 ] 会計テクニックを用いた実践編
  • 銀行がお金を「貸さない」人
  • ・ 債務超過とは
  • ・ 2期赤字とは
  • ・ キャッシュフローマイナスとは
  • 銀行が見るBSのポイント
  • ・ 自己資本比率
  • ・ 有利子負債
  • ・ 債務償還年数
  • ・ 総資産
  • 銀行から有利な条件を引っ張るウラワザ(1)
  • 銀行から有利な条件を引っ張るウラワザ(2)
  • 法人化のメリットデメリット
[ 3 ] 銀行に喜ばれるBSを作る!
  • 現在の実際のBSを作る
  • 1年分のP/Lを作る
  • 5年分のBS及びPLを作成することで、銀行受けがよい決算書を作る!

※スケジュールや内容は当日の状況によって変更になる場合がございます。

講師・スタッフ紹介

野瀬 大樹  Makoto Moriguchi 講師

ファイナンシャルアカデミー認定講師

プロフィール

公認会計士。大手監査法人にて会計監査、株式公開支援、財務調査、
内部統制構築業務にかかわる。
会計のプロとしての視点から家計のリストラに着手し、支出を1年で50%減らす。
さらに自身の労働時間を年間1000時間減らす中で、所得の増加にも成功している。
公認会計士協会主催の講習の講師も務め、小中学生に会計とお金の話をわかりやすく伝える授業には定評がある。
著書に「20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとやばいですよ!」
(クロスメディア・パブリッシング)がある。

不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ(試算表戦略編)

30,000円(税別)

●通学コース

通学コース
受講料 48000円(税別)
お支払い

*銀行振込

お申し込みから1週間以内に以下口座宛お振込ください。

スルガ銀行 イービジネスダイレクト支店 普通 2550955

ニホンファイナンシャルアカデミー(カ

※誠に申し訳ございませんが当日の現金受付はご遠慮願います。

*クレジットカード

VISA、MASTER、DC、JACCS、AMERICAN EXPRESS、JCBカードをご利用いただけます。

※お支払い金額1万円以上で「一括払い」の他、「分割払い」や「リボ払い」もご選択頂けます。

日程

【 不動産投資の学校 ファイナンス戦略ゼミ(試算表戦略編) 】

日時:
10月10日(土) 10:00〜18:00

会場:
新宿C3教室
会場地図 [ 東京・新宿本校C3教室 ]


↑↑ 新規のお申し込み(48,000円)

【ファイナンシャルアカデミー 投資の学校・スクール 受講規程】

  • 1. 講演内容、講師は予告なく変更となる場合がございます。
  • 2. 教室および教室近辺でネットワークビジネス、宗教、その他の営業行為等を行うことを禁止いたします。
  • 3. 講義中の録音、録画、撮影等はご遠慮頂いております。
  • 4. 一定人数に達しない場合、または講師の急病などにより、講座の開講を、延期または中止する場合があります。
  • 5. 円滑な授業運営のため、申し込み前・申し込み後にかかわらず、事務局の判断でご受講をお断りする場合がございます。
  • (1) 知識はいいから、儲かる投資商品、投資手法を紹介してほしいという方
  • (2) 絶対にもうかる投資法を求めていらっしゃる方
  • (3) 投資を真剣に学ぼうとされていない方
  • (4) 講師の話が素直に聞けない方(ご質問は歓迎いたします)
  • (5) 講義を静かに聴くことが出来ず、講師や他の受講生に迷惑をかける方
  • (6) 授業の進行に支障をきたす言動をされる方
  • (7) その他、事務局から受講が不適切と判断された方

以上のような方には、残念ながら当講座にはご満足いただけないと思われますので受講をお断りさせていただいております。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]