メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。15年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

ホーム > 受講生の声 > 島津 信枝 さん

受講生の声

定年後設計スクール2018年

夫の定年退職が受講のキッカケ。コース修了後も教科書を辞書的に活用。

島津 信枝 さん

story

夫の定年にあたって、受講を決意

受講は2月からスタートしたのですが、実は3月に主人が定年退職を迎えることが決まっていました。今までは主人任せで、主人の給料で、幸せに暮らしていたのですが、これからそういう生活が続けられるのかなという不安もあって、私もしっかりしなくては、と受講を決心しました。

2年間も受講できる「優しい」制度

受講は、全部で8回の開催日のうち2回行けなかったので、Web受講をしたのですが、やはり生のレッスンを受けたいので、教室に行けなかった回は、次の期に行くつもり。もう教室受講の予約をしています(笑)。2年間受講できる制度も、とても便利ですね。優しいと思います。用事があったり、受講しても集中できなかったりすることはあるので、Web受講したり、次の期にもう一度出席したりしてやり直しできるのは、勉強する環境として優しい制度だと思います。

AからVまで教科書を綺麗に並べて本棚に

多岐に渡る知識を、幅広く自分で集めるのは難しいと思います。例えば、年金だけだったら何とか自分で調べることができるかもしれませんが、介護とか、看取りとか、保険とか、全て網羅されているのはありがたいです。先日、友人がお母様の介護で困っていたのですが、そんな時に「あっ、ファイナンシャルアカデミーで学んだアレを教えてあげよう」みたいな感じで、教科書を取り出して、教えてあげたりもしました。私の本棚には、スクールの教科書のコーナーがあって、AからVまで綺麗に並べているんですよ。必要な時に、辞書的に取り出して使っています。

定年後設計スクールについて見る

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]
ページトップに戻る