メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384

お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


不動産投資ローン?金融機関から融資が受けられる!?

2019年4月23日更新

不動産投資ローン?金融機関から融資が受けられる!?

不動産投資ローン?金融機関から融資が受けられる!?

「不動産投資ローン」とは、投資用物件の購入資金を金融機関から借りられるローンのことです。ローンには審査がありますが、申込みをした本人の与信や返済能力だけでなく、購入する不動産投資物件の収益性などさまざまな観点で判断されます。つまり、現在の年収や預貯金等に余裕がなかったとしても、好条件の物件を見つけられれば融資を受けられるともいえます。

不動産投資ローンはさまざまな金融機関や政府系団体が提供しており、審査の難易度や金利、融資額などは各社違いがあります。そこで今回は、不動産投資のリスクを少しでも下げられるように、投資初心者の人に知っておいてほしい不動産投資ローンの基本を解説します。

不動産投資ローンの融資を受ければ貯金が少なくても投資を始められる

不動産投資ローンのよいところは、自己資金に余裕がなくても不動産投資を始められることです。

「お金を貯めてから投資を始める」という考えでは稼げない可能性が高い

「老後の資金を積み立てたい」
「副業を始めて生活を楽にしたい」

などの目的で不動産投資に興味を持っているなら、少しでも早く不動産投資を始めることをおすすめします。「不動産の購入資金を貯めてから投資活動を始めよう」と考えている人は多いですが、「資金を用意して知識を蓄え、100%の準備をしてから投資を始める」という考えでは、投資で稼げない可能性が高いからです。

前提として、不動産投資は知識や経験のある人なら必ず成功できるというものではありません。どんな人でも、売買タイミングや不動産投資物件の目利き等によって失敗するリスクを抱えています。また、マーケット市況や時代の流れなど本人努力ではどうにもならない要素も絡んできます。準備はある程度するものの、早めに活動を開始し、試行回数を増やした多ほうが確率的に成功しやすくなります。

未来のことがわからない以上、「完璧な準備」「十分な自己資金」を用意するまで待つのは時間とチャンスの無駄使いといえます。不動産投資の賃料収入は時間の経過とともに増えるため、まずは早めに投資のスタートをおすすめします。万全の準備を整えるよりも、最低限の勉強をした上で不動産投資を始め、より多くのチャンスにチャレンジしましょう。

融資を受ければ自己資金が少なくても不動産投資を始められる

不動産投資初心者の人が不動産投資ローンを利用するメリットは、自己資金が少なくても投資用物件を購入することができる点です。例えば2,000万円の物件を購入しようと考えている場合、100%自己資金でお金を用意するのは簡単なことではありません。生活を切り詰めて25歳から毎月5万円ずつ積み立てた場合、2,000万円貯まるのは約33年後の58歳時点です。

投資を始める年齢が高くなると、その分家賃収入を手にできる期間も短くなります。また、貯金中は投資経験を積めないため、初めての投資で失敗すると取り返しがつきません。しかし、25歳の時点で2,000万円の不動産投資ローンを利用すれば、58歳になるまでの33年間で投資にチャレンジして経験を積めるうえに、家賃収入も継続的に得ることができます。

仮に消費者金融を利用する場合でも、数百万円以上の融資は受けられません。しかし、不動産投資を始める人向けに用意されている不動産投資ローンなら、自己資金が十分なくても物件を購入することができるのです。

融資を受けるメリット

これまでの章で、自己資金が足りなくても融資を活用することで投資用物件が購入できる点を説明してきました。これは、言い換えると購入できる物件の選択肢が広がるということになります。
また、単純に融資を含めて投資する総額が増えることで、利益も増加することになります。
ただし、それは損失が出る場合にも損害額の増加につながるということになります。
自己資金のみで購入する場合よりも慎重になって物件の購入を判断する必要があります。
購入を検討している物件が良いものかそうでないか判断が難しい場合は、なるべく自己資金を多めに投入して借金リスクを減らすこともひとつの考え方です。

不動産投資のために金融機関から融資を受けると事業の拡大もしやすい

不動産投資ローンを上手に活用できれば、投資のリスクを抑えたり投資業を拡大したりすることも夢ではありません。

少額の融資から始めれば不動産投資のリスクを抑えられる

不動産投資ローンでは、審査に通れば数百万円から数千万円単位での融資を受けられます。投資初心者の人なら、まずは少額の不動産投資物件を選んで赤字が出ないように融資活用をすることで、リスクを抑えつつ投資の経験を積めるでしょう。

いきなり数千万円単位の物件を購入してしまうと、思うように入居者を集められなかったり、災害等で物件が全損してしまったりした際のリスクが大きいです。しかし、融資額を少額に抑えておけば、失敗したときの損失を抑えられます。

家賃収入が安定したら次の投資物件に手を出せる

不動産投資は、家賃収入を安定させて継続的な利益を出す投資です。賃貸をメインにするのであれば、不動産の転売と違って、1回の取引で大儲けするのとは性質が異なります。儲けを大きくしていくためには小さな成功を積み重ねて少しずつ事業を拡大していく必要があります。

不動産投資ローンを利用していると、最初の不動産投資ローンを完済した時点(あるいは完済の目処がついた時点)で新しいローンを組んで不動産を増やすことも可能です。全額自己資金で物件を増やしていくのは大変ですが、融資を受ければ個人でも複数の不動産投資を軌道に乗せられるでしょう。不動産の運用実績や返済の実績は、不動産投資ローンを利用して返済を進めている人だけが持てる与信です。仕事やプライベートに余裕のあるうちから、不動産投資ローンを利用することをおすすめします。

金融機関から条件に合った融資を受けて不動産投資を始めよう

不動産投資ローンを活用すると、自己資金が少なくても若いうちから不動産投資を始めることができ、さらに投資が安定したら事業を拡大していくことも可能です。

ただし、不動産投資ローンを利用すれば投資がうまくいくわけではありません。結局は手堅く稼げる不動産投資物件を見抜く知識や、目利きの力が必要になってきます。人や状況によっておすすめの不動産投資ローンも変わってくるため、不動産投資ローンを使って投資を始めるまえに、プロのサポートを得て効率よく不動産投資の勉強を進めましょう。

不動産投資無料セミナーはこちら

About the author


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る