メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

中立性を保つ大切な時間。今年もアドバイザリーボード開催!

 

 

 

中立性は、わたしたちファイナシャルアカデミー(以下 FA)にとって絶対失ってはいけないもの。その中立性を保つための仕組みとして、アドバイザリーボードがあります。

 

 

 

 

アドバイザリーボードとは、各分野の有識者4名で構成される『役員会』のようなもの。司法、教育、金融、経済などの専門家から、わたしたちの金融経済教育のあり方、学校運営についてアドバイスをいただきます。竹中平蔵氏も、そのメンバーのひとりなんです。

 

 

 

 

今回、その4名のボードメンバーに対しスクールの内容や取り組みなどを報告し、忌憚ない意見を出していただく年に一度の集いがありました。

 

 

 

 

 
ボードメンバーを迎える準備が始まりました。

新聞広告やパンフレットなどの刊行物も机に置かれます。

 

 

 

 

わたしたちの取り組みに対し多岐に渡る意見をいただき、アドバイザリーボードが終了。そして、すぐにその意見の共有会が開かれます!

 

 

 

 

 
アドバイザリーボードが終了した直後、集合する社員たち。
FA側の参加者からの情報共有を真剣に聞き入る社員。

 

 

 

ボードメンバーの意見をすぐに全員に共有し、自分たちの立ち位置を見つめ直すヒント得る。そして必要な取り組みを即実践へ移す。こうして、わたしたちが大切にしている「中立性」は守られています。

 

 

 

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る