ホーム 採用情報 社員の声 Voice11

Voice11

Terai Makiko 寺井 真紀子 2017年11月入社 事業戦略室プロジェクトリーダー

会社の成長がそのまま人の役に立つ。
それがファイナンシャルアカデミーの魅力です

自己紹介

有機野菜の宅配会社に16年勤務。マーケティング、広報・広告宣伝を経て、海外事業の立ち上げ・EC事業立ち上げのプロジェクトリーダー、経営企画などを経験したのち、ファイナンシャルアカデミーへ転職。野菜ソムリエからMBA取得まで、自己インプットを積極的に行う。ファイナンシャルアカデミーでは、不動産投資スクールを修了し、収益マイホーム講座を受講中。

なぜFAへ転職しようと思ったのか

人生の中での「働く」時間の大きさを考えた時に、その仕事が社会の中でどんな意義に繋がるのか、自分はその中でどのような役割を担うのかを重視していました。そんな中ファイナンシャルアカデミーに出会い、掲げるミッション「すべての人に、金融経済教育を。」を見て、会社の成長がそのまま人の役に立つと感じ、長寿・高齢化時代を迎える今こそ、ファイナンシャルアカデミーを一気に広めるべきだと思い、ジョインしようと思いました。

FAのいいところ

たくさんあって迷いますが、新しい試みやトライアルが次々と生まれるので、部門の垣根を超えて、新しいことにチャレンジする機会が山ほどあることです。

仕事の内容

・定年後設計スクールのプロモーション
少しでも多くの方が定年前にこれからの人生に備えてお金について考えられる環境を作ること、準備の方法を学ぶ機会を増やすことを目標に、あらゆる方法でプロモーション活動を行います。具体的には、定年後設計スクールのプロモーションを柱に、フォーラムの開催や、情報コンテンツの発信、企業とのコラボレーションなど、考えうる方法を試行錯誤しています。

この仕事のやりがいと厳しさ

人生100年時代と言われる超高齢社会の中で「将来へのお金の備えの習慣」を広げていければ、多くの人が漠然と感じる将来への不安を解決できると思っていて、習慣の浸透のための今の業務全てがやりがいだらけです。一方で、まだ世の中にない習慣を作ることの難しさのハードルは高く、試行錯誤の毎日です。

印象に残っているエピソード

入社して3日目(!)に社員旅行に参加した時のことです。「社員旅行」という経験自体も初めてでしたが、昼のコンテンツから、夜のコンテンツまで、全員が知力・体力を惜しみなくフル回転する社風に「ここまで全力投球するのか!」と驚きました。具体的な内容は、入社いただいた後まで内緒です!

部署の雰囲気

ミーティングの際には、具体的な1つひとつのアクションから展望まで、打ち合わせを通じて、これから作り上げるマーケットを想像してはワクワクするシーンがとても多く、ミーティング終了時には心躍って終わる(!?)こと多数です。

1日のスケジュール

10:00
出社、フォーラム開催の打ち合わせ
11:00
定例ミーティング(プロモーション、広報戦略、情報コンテンツ)
12:00
フォーラムの準備(制作物の依頼〜集客状況チェック)
14:00
情報コンテンツ(マネラボ)執筆者とのやり取り
16:00
広告代理店と電話会議(広告方針、課題、対策など)
17:00
フォーラムの制作物の依頼、制作物のチェック
19:00
退社。

10年後は・・・

今やっているような新しいマーケットを作ることを、自分でもゼロから手がけたいと思います。

こんな人がこの仕事やこの会社に向いている

  • 仕事面でもコミュニケーション面でも、「想像する力」が高い人

お金とは?

「お金とは、
自分のアウトプットのひとつ。」