メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384


本日5/15、雑誌BRUTUS「お金の、答え。」ができました。







Financial Acadeny

2017
5.15

special

号外
ファイナンシャルアカデミーから特別なお知らせ

本日5/15、雑誌BRUTUS
「お金の、答え。」ができました。

給料は増えているけど、
若い頃のほうが裕福に感じるのは
なぜだろう。
ふとした瞬間に、こんなことを考えた人も多いのでは?
私たちは、給料の額に目を向けることはあっても、支出の額にはなるべく目を背けるようにしてしまいます。

いつも傍にいる「お金」という存在。なかなか向き合ったことのない「お金」ですが、これからの時代では、お金は「教養の一つ」となっていきます。

「お金がすべてじゃない」と口にするけど、やっぱり気になるお金。気がつくと、お金が目的となって、お金によって判断軸がブレてしまうこともある、不思議なお金という存在。

そんな身近にいるお金のことを様々な視点から考えてみようという企画が、5月15日発売のBRUTUSで「お金の、答え。」として刊行されることになりました。これは、日本を代表するカルチャー誌BRUTUSが、創刊37年を経て初めて、お金や経済という内容を取り扱う特集を作ったのです。それは、お金のことは一部の人だけが考えることではなく、もうすでにカルチャーになってきていることを意味します。つまり「教養の一つ」となっているのです。
この「お金の、答え。」の特集は、ファイナンシャルアカデミーグループ代表の泉 正人の強い想いを発端に、刊行されることになりました。

お金についての雑誌記事は、為替予測、上がる株下がる株、経済評論家のコメント、などがほとんどを占めているので、とっつきにくいと感じる人が多い分野です。毎日あつかっているはずのお金なのに、とっつきにくいと思うのはすこしおかしいことだと思います。もっとお金のことをニュートラルに捉え、そして向き合える存在になるといいな、という想いがずっとありました。

そしてお金を扱うこと自体をリベラルアーツとして定義付けして「お金の教養(大和書房)」という書籍を出版したり、社会にでて自立するためにお金のことを学ぶカルチャーを作りたいという考えから、日本中の小中高校生へお金の授業を広げたりしてきました。

そしてさらに、社会に出た大人に対して、BRUTUS視点でお金のことを見てみると、もっと大きな気づきが得られて、多くの人がお金と向き合うきっかけになるだろうと考え、この「お金の、答え。」の特集ができあがったのです。

そしてその内容は、いままでお金という概念を大きく変えるものとなります。その一部を紹介しますと…

♦「お金」と自分の考えをリセットする
私たちは何十年も生きていると、それぞれの考えや感情が、無意識に出来あがっています。一旦その考えや感情をリセットして、フラットな状態でお金と向き合うという内容。
♦「お金にまつわる、8人の言葉
クリエーターやデザイナー、放送作家等のお金のルールを、それぞれが言葉として表現したらどいういう視点が見えてくるか、という内容。
♦お金とは…
お金と芸術。お金と落語。お金と文学。お金とクラウド。いろいろな視点から「お金とは何か」を真剣に考えるという内容。
♦お金の進化
古代通貨の時代から、金貨、クレジットカード、電子マネー、そしてブロックチェーンによる仮想通貨まで、これからお金は何処へ向かっていくのかをBRUTUSの視点で考える内容。
♦はじめてのお金の授業。
学校でお金のことを学ぶ機会のなかった私たち。ちょっと恥ずかしく感じるお金の勉強も、BRUTUSが伝えると、逆に知らないことが恥ずかしくなってしまうほどの、面白く学びの多い内容です。
私たちは、収入が伸び悩み、少子高齢化による年金不安もある時代に生きています。
お金で幸せを買うことはできない。お金があると幸せというより、幸せになれる選択肢が増える。

そして、お金で人生が変わることは知っているのに、お金のことを知ろうとしてこなかった人生を、一度まっさらな視点でBRUTUSを読んで頂けたら、お金という概念が大きく変わり、そしてあなたのライフスタイルにプラスに働いてくれるようになるのです。

そんな人が一人でも多くなる世の中ができれば、私たちのとって、これに勝る喜びはありません。

「BRUTUS 『お金の、答え。』ができるまで」
特設ページはこちら

雑誌BRUTUSは、全国のコンビニエンスストア、書店、amazon などで購入できます。
amazonの雑誌販売ページはこちら




このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る