メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384


社員のお金の教養が世界一高い会社。






Financial Acadeny

2018
1.30

weekly

通信

社員のお金の教養が世界一高い会社。

誰もが一生の付き合いとなるお金。
義務教育で教わらない「お金の教養」を正しく学び、育むことで、一人でも多くの人に、ゆとりある人生を送ってほしい–––。

私たちが「お金の教養」を身につけることの大切さを日々伝え続けるのは、こういった切なる想いがあるから。

でも、自分たちはどうなんだろう?

「お金の教養」を伝える、お金の学校の社員なのだから、世の中の誰にも負けないお金の教養があって然るべきなのでは。

社員一人ひとりの「お金の教養」を高めることがより価値のあるカリキュラムを生み出し、社員みずからが世の中のロールモデルとなることにつながるのでは。

ファイナンシャルアカデミーには、こうした仮説から生まれた、特別な社員研修制度があります。

その名も「世界一研修」

定期的に開催し、このためだけの特別カリキュラムで実施される社員限定の研修です。

1月の「世界一研修」は、めったに講演台に立つことのない代表・泉による幻の講座、社員限定「IZUMI塾」。

実際に泉が所有する物件の写真を見ながら

「どのようにお金と向き合い、お金の教養を高めていったのか」
「どのようにして収益物件を買い進めていったのか」
「どのように壁を乗り越え、モチベーションを維持してきたのか」

を共有する、楽しい研修となりました。

社員のお金の教養が世界一高い会社になることが、日本中、世界中にお金の教養を広める大きなエネルギーになる。

こんな確信のもと、私たちは毎日、お金と向き合い、受講生と向き合い、学校運営にあたっています。

dot

小学生でもわかるビットコイン① ママ、僕ビットコインが欲しい

新たな通貨として今注目を集めている『ビットコイン』。テレビなどでもたびたび紹介されていますが、実際は「よくわからない」という人も多いのではないでしょうか。そんなビットコインに興味を持った、12歳の少年サトシ。どうにかしてビットコインを手に入れようとママに相談したけれど…

STAGE dot

「お金のイメチェン」! お金を引き寄せる方法とは!?

景気回復しているとはいえ富裕層と貧困層の格差が拡大する昨今、私のようなフリーランスはもちろん、会社員の方々でも将来安泰な財産を得ることは容易ではありません。つまり、なんとなく働いていたのではダメ。より積極的にお金について考えて「稼ごう!」という決意と姿勢が重要になってきている気がします…

STAGE dot

School Schedule

スクール日程&進捗状況

(新宿本校の平日コース日程と進捗状況です)

不動産投資スクール

2月8日(木) vol. 5

物件取得戦略

  • 住居vs.オフィスvs.店舗
  • 区分所有vs.一棟vs.戸建て
  • ワンルームvs.ファミリータイプ

株式投資スクール

2月6日(火) vol.5

「株式」とは何か

  • 株の注文方法と売買の仕組み
  • 配当・株主優待の仕組み
  • 資本移動

外貨投資・FXスクール

2月6日(火) vol.5

各通貨の特徴

  • 基軸通貨と為替レート
  • 通貨の価値を決めるモノ
  • 各通貨の特徴

お金の教養スクール

2月2日(金)vol.G(7)

マイホーム購入入門

  • 購入と賃貸はどっちが得か
  • 新築と中古はどっちが得か

50代のための
定年後設計スクール

2月3日(土) vol.1(A)

定年後の計画設計とマネープラン

  • 定年後のイメージを”見える化”する
  • 定年後にかかるお金
  • 老後破たんをさけるために

Seminar Info

無料セミナー案内


お金の教養講座Plus In 新宿

お金の教養・株式投資・FX・不動産投資が1日で学べる!

全国で毎月3,000名が参加する「お金の教養講座」では、”毎日の家計管理”や”将来かかるお金の準備”などの具体的な取り組み方。 また、将来収入を増やすための効率的な…


不動産投資スクール【体験学習会】

生涯続く家賃収入を。卒業生の2人に1人が大家さん。

年間1,000人以上が学び、2人に1人が大家さんとなり、安定的に家賃収入を得ています。物件選び、収支計算、融資、節税、リフォーム等の実践スキルを24 時間で身につけ…


株式投資スクール・FXスクール 【体験学習会】

根拠ある銘柄選びを。受講生の7割以上がプラスの運用実績。

なんとなくの「勘」やメディアの情報に左右されずに銘柄を選び、安定して利益を出すための、株式投資の仕組みとセオリーが体系的に学べます。成功した投資家が…


50代のための定年後設計スクール【体験学習会】

定年後の不安を徹底解消!

私たちの多くが不安を持つ定年後の生活。生活、住まい、年金、医療費、相続、介護、補助金まで、「お金を中心に定年後のすべて」を最短3カ月で学ぶスクールを体験します…

この人も山あり谷あり

[第17話](その2)

「たとえば、Aという男がBという男にお金を貸したとしよう。Bは金利をAに払わなければいけないが、その借りたお金をCという男にもっと高利で貸し出した場合は、Bにとって、その金利の差額が自分の利益になる」
「銀行がやっている魔法の錬金術ですね」
「実際、借金を嫌がる理由らしい理由は、倫理的なものだろう。必要になるのは、Cという男の信用度を見極める力だけだ。

所有できない“お金”を使うために、我々は“信用”と同じくらい、“価値”についても学ばなければいけない。Bが銀行ではなく個人の場合、こういう場合もあるだろう。Cにお金を貸すのではなく、Dというモノを買う」

「はい、個人ならそういう場合の方が多い気がします。Dは家や車や電化製品なんでもいいですよね」

「このシチュエーションは、Cに高利で貸しているよりもずっと難しい。しかし、この選択がお金持ちと貧乏人とを分ける分水嶺だ。お金持ちはDというモノに、Cと同じように金利分の働きを求める。つまり買った後に値上がりすることを求めるんだ。しかし、貧乏人は、価値を考えずにお金をモノに替え、それを所有するということだけにこだわる。そして、モノの価格にこだわらない。だって所有することが目的だからね。君は価値と価格の関係性について、どこまで理解してる?」

「価値と価格ですか? あまり考えたことはありませんが、価値とは、価値観というくらいですから、人それぞれの感覚的なもので、価格とは、絶対のものですか?」

「ははは、実際はその逆だ。価格こそが変わる。 価値は、大きく分けてふたつある。使用価値と交換価値だ。使用価値とは個人的に思い入れの深いモノだったり、好きな人からのプレゼントだったり、君が言う個人の価値観に沿ったモノだ。私が言う価値とは交換価値だ.マーケットに出したとき、どういう価格がつくかはわからない。しかし、お金持ちと呼ばれる人種は、この価値を見分ける目がある。この目こそが、お金持ちと貧乏人を分ける能力になる。 今は価格が安くても、価値さえちゃんとあれば、いつか価格は上がる。

お金の歴史の再確認だよ。信用があれば扱えるお金のサイズが大きくなると話したろう。価値を見極める力とは、相手やモノを信用できるかどうかを見極める力だ。つまり、これも表と裏だ。信用されることも大切だが、相手やモノを信用できるかどうか見極める力も大切なんだ。

投資にみるお金のかけ方

借金と投資とはよく似ている。借金といってもお金を貸す方だがね。借金は契約に基づいて具体的なリターン額が決まっているものを指し、投資とは、リターン額の上限がないものを指す。
投資をするとき、私は何を見ると思う?
事業の将来性? それとも利回りの大きいもの?
もちろんそれも大事だが、一番大事なのは信用だ。信用がお金を生むからね。
それでは、金持ちがどこを見て信用するかというと、投資対象の今までの経歴になる。いわゆる与信というものだ。君が銀行に勤めていたとき、君は何を見ていた?」(続きは次回のWeekly通信で)

STAGE dot

Our Group

私たちのサービスグループ

FinancialAcademy
FinancialAcademy

「お金の教養」を身につけるためのマネースクール

FPwoman
FPwoman

女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック

一般社団法人 金融学習協会
一般社団法人 金融学習協会

学校での金融教育や「マネーマネジメント検定」の運営を行う社団法人

FAG総合研究所
FAG総合研究所

現代の社会や生活を「お金」という面から切り取る研究機関

moneylab
moneylab

知ってトクするお金に関するコラムを毎日更新するメディア

STAGE
STAGE

人生の舞台で輝くための
ライフスタイルマガジン




このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る