メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384


「見えないリスク」への予想以上の反響







Financial Acadeny

2017
8.1

weekly

通信

「見えないリスク」への予想以上の反響

ファイナンシャルアカデミー 代表 泉 正人

今秋から開講となる「定年後設計スクール」。

7月20日から、その体験講座の案内受付を開始したところ、事前受付であるにも関わらず、この1週間で予想を遥かに凌ぐ予約がありました。多くの人が定年後の生活設計に不安を持っていることは感じていましたが、その予想をさらに裏切るほどの反響の大きさに、私自身も正直、驚いています。

今、「定年後設計スクール」は、カリキュラム制作の佳境に入っています。
1つのスクールを開講するためのカリキュラム制作には、約1年の時間がかかります。各分野の専門家やカリキュラム制作メンバーと何度も議論を重ねながら作っていくのですが、「定年後設計」を知れば知るほど、誰もに不可欠なスキルだと深く感じるようになっています。

知っていれば回避できる未来のリスクを、知らないだけで対策が遅れる。
ただ「知らない」ということだけが原因で、リスクが現実化してしまう時代。

見える化できれば恐れる必要のないリスクなのに、見えないゆえに不安がつきまとう。
ただ「見えない」ということだけが原因で、常に不安から解放されない時代。

こうしたことを感じていながら、答えが見えない。
解決する具体的方法が見つからない。
お金を使ってお金を増やす人、浪費ばかりで減らす人。
そういった人がこんなにもたくさんいるのだ、ということを肌で感じた1週間でした。

先日、大ベストセラーになった「下流老人」の著者の藤田孝典さんとお話する機会がありました。
藤田さんが行っている生活困窮者支援の中での相談実例など伺うと、ちょっとしたことで、順調だった人生が大きく崩れてしまう人がたくさんいるそうなのです。

そのケースとして多いのが、病気や事故で想定外の出費がかさみ、収入が激減し、貯蓄がなくなる、ということ。当然、病気や事故は誰もが予測できないものなので、突然の事態に対応できる対策をとっておく必要があります。自分は健康だから大丈夫という考えよりも、自分は健康だけれど万が一のことを考えて対策をとっておこう!と考え、保険加入や副収入を作るなどの対策をとれるのとでは、未来のリスクは大きく変わってきます。

生活、住まい、年金、医療費、相続、介護。
「定年後設計スクール」は、定年後の人生に必要な知識とスキルのすべてを、全24回で学ぶ、これまで世の中になかったスクールです。1年間かけて準備した教科書に加え、講師にも分野ごとに多くの著書や相談事例をもつ、第一線で活躍する人を揃えています。

50代のうちに定年後のリアルを知り、その対策を考えることは、20年、30年と続く定年後の人生を劇的に変える力を秘めています。このスクールを世に出せることは、一人ひとりの受講生にとっても、日本の社会にとっても、とても重要な役割を果たせると感じています。

dot

配当や優待で株を選ぶのは正解?不正解?

株式投資の利益には、安く買って高くなったときに売る「値上がり益」と、株を保有していることで得られる「配当金・優待」があります。
わたしは、株式投資の醍醐味は、値上がり益をアグレッシブに狙って取るところにあると思っていますが、だからといって配当金・優待が嫌いなわけではありません。
とくに、忘れた頃に送られてくる優待品は大好きです。先日は、ご存知ごま油のかどや精油(東証1部2612)さん…

STAGE dot

実はまだプロローグにすぎない―『えんとつ町のプペル』で
僕が本当に伝えたいこと
(にしのあきひろ)

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」。 そんな、静かでありながら、刺激的なフレーズで始まる『えんとつ町のプペル』。制作期間4年半。総勢35人のクリエイターの「完全分業制」という常識破りのスタイルによってこの絵本はこの世に誕生した…

STAGE dot


今週の

Caravan Report

いよいよ8/5札幌から「お金の教養講座 全国キャラバン」がスタートします!

今年で創立15周年を迎えたファイナンシャルアカデミーでは、「ひとりでも多くの人にお金の知識を身につけてほしい」という想いから、1,000人の人生を変える「お金の教養講座 全国キャラバン」を開催します。

ファイナンシャルアカデミーでは、これまで東京校/大阪校に加え、全国様々な地域で不定期に「お金の教養講座」を開催してきましたが、今年は、一気にパワーアップ。「お金の教養講座 全国キャラバン」として、北は北海道から南は沖縄まで4ヶ月で全国をリレーしていきます!

初回は8月5日(土)に北海道・札幌で開催。今後、毎週各地の開催報告をリポートしていきます。お楽しみに!

講座の申込み、開催会場、日程などの詳細ページはこちら

School Schedule

スクール日程&進捗状況

(新宿本校の平日コース日程と進捗状況です)

不動産投資の学校

8/8•8/9 Vol.14

税金マネジメント

  • 税金の基礎知識
  • 節税と納税の使い分け
  • 消費税還付のテクニック

株式投資の学校

8/3•8/4 Vol.14

テクニカル分析2(チャートの応用)

  • 売りポイントの考え方
  • より高度なテクニカル分析

外貨投資・FXの学校

8/1 Vol.14

テクノ・ファンダ分析

  • グローバル・マクロ分析
  • テクニカル分析

お金の教養スクール

8/4 Vol.C(3)

自分資産をデザインする

  • 自分資産とは何か
  • 機会費用(逸失利益)を考える
  • 人的資産の三つの考え方

Seminar Info

セミナー案内


お金の教養講座Plus In 新宿

お金の教養・株式投資・FX・不動産投資が1日で学べる!

全国で毎月3,000名が参加する「お金の教養講座」では、”毎日の家計管理”や”将来かかるお金の準備”などの具体的な取り組み方。 また、将来収入を増やすための効率的な…


経済新聞の読み方スクール

お金の知性がグングン伸びる!

お金を生む情報を誰よりも先につかむ経済新聞には未来の市場を動かすニュースがある。わずか160円。日本を代表する経済新聞である日経新聞の1部あたりの値段です。この…


株式投資の学校 銘柄発掘トレーニングゼミ(チャート発掘編)

一銘柄「5秒」でチャートを使い瞬診

株式投資を勉強していてこんな風に思ったことはありませんか。「日々の管理はなにをすればいいんだろう」「四季報発売や決算の時期以外はどうやって銘柄を探すの」…


HAPPY×PROJECT SCHOOL(小学1年~6年対象)

小学生のうちに身につけたい、HAPPYなお金の使い方。親子で楽しく学びましょう!

学校で「お金のこと」は教えてくれません。ご家庭で、子どもにいくら「おこづかい」をあげればいいのか悩まれている保護者の方も多いと思います。昨今では、子ども同士の……

この人も山あり谷あり

[第5話](その1)

老人は柔和な笑みを浮かべながら悠然と僕の目の前に立っていた。
「(からかわれているのか? それとも本気なのか? もし本気だとするなら……何か目的があるはずだ……。 目的? どんな目的があるんだ……?)
老人は、僕がさっきまで座っていたベンチまで歩くとフワリと優雅に腰をかけた。そして話をおもむろに再開した。
「お金というのは不思議なものでね。人はそれを持った瞬間に選ばされるんだよ。それを使うか?使わないか? 使うんだったら、何に、いつ使うのか?

でも、ほとんどの人間はそんなことは考えもせずに、衝動的に使ってしまう。 今、必要なんだから、『今』使う、とね」

僕はただ老人の話を聞くしかなかった。ジョーカーと名乗るこの老人の迫力に気圧されていた。
「君は、まず求めているものとは違うものを間違って買いそうになった。それから、 今ということにこだわって、もっと安く買える選択肢を自ら捨てた」
「……はい。おっしゃる通りですが、僕は、一 刻も早く暖まりたくてここから動きたくなかったし、自販機の表示も薄暗くてよく見えなかったんです」

「お金で間違いを冒す人間の九割は、 タイミングと選択を間違えるんだよ」

老人は、僕の言い訳めいた言葉にそう返した。
「お金の扱い方を間違える人のほとんどは、そのことに気づいていない。人のせいにしたり、天候や気温のせいにしたりする。そして、同じ間違いを何度も冒すんだ」

この老人に今の僕が置かれた状況と今の気持ちをがわかってたまるか!
「でも、余裕がなかったんです。あなたの言う通り、近くのスーパーまで行くのすら、さっきの僕には億劫だったんです」
「お金というのは、本当に不思議でね。もしも、一銭もなければ、君はミルクテイーなんて欲しがっただろうか? 諦めてさっさと家に帰って、やかんを火にかけてお湯でも飲んでいたんじゃないのかい? わずかなお金を持っていたばかりに、君は正常な判断を下せなかったようだ。人はお金を持つと理由もなく使いたがるようだ」(続きは次週のWeekly通信で)

STAGE dot

Our Group

私たちのサービスグループ

FinancialAcademy
FinancialAcademy

「お金の教養」を身につけるためのマネースクール

FPwoman
FPwoman

女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック

一般社団法人 金融学習協会
一般社団法人 金融学習協会

現代の社会や生活を「お金」という面から切り取る研究機関

FAG総合研究所
FAG総合研究所

「お金の教養」を身につけるためのマネースクール

moneylab
moneylab

知ってトクするお金に関するコラムを毎日更新するメディア

STAGE
STAGE

人生の舞台で輝くための
ライフスタイルマガジン




このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る