メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

空きスペースを活用して、収入を生み出す方法。






Financial Acadeny

2018
5.1

weekly

通信

空きスペースを活用して、収入を生み出す方法。

2018年のゴールデンウィークは最大9連休。
今ごろ、旅先でこれをご覧になっている人も多いことでしょう。

近年、訪日外国人旅行者が急増しています。2019年に日本で初めて開催されるラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックといったイベントを控え、日本政府は2020年の訪日外国人旅行者数の目標を今よりさらに50%増の4,000万人に設定しています。

そこで従来のホテルや旅館に代わる宿泊先として注目を浴びているのが「民泊」です。

外国人旅行者だけでなく、私たちもしかりです。旅行の際に宿泊先として民泊を選ぶことで、ホテルや旅館よりもリーズナブルになったり、一味違う空間に滞在できたり、オーナーとのコミュニケーションを楽しんだりできるのが民泊の魅力といえるのではないでしょうか。

しかし、この民泊。
2018年6月に予定されている民泊新法の施行によって、ルールがこれまでと大きく代わります。
すでに民泊経営をしている人にとっては新ルールへの対応が必須。
そして「空きスペースをうまく活用したい」と考えている人にとっても避けては通れない改正が待ち受けています。

そんなこれから起こる「民泊」の変化と、さらなる不動産活用として注目が集まるレンタルスペース経営にフォーカスした、新しいゼミが、満を持してスタートします。

空きスペースを活用して収入を生み出したい人は、このゼミで、新しいうねりの最前線を味わってください。

dot

人生はメリハリが一番!大好きな「推し」に貢ぐための貯金術

こんにちは!平成生まれのお金の専門家、横川楓です。アイドル、アニメ、演劇……。趣味をめいっぱい楽しむには、どうしてもお金がかかります。もちろん収入には限りがあるし、好きなだけお金が使えるわけではありませんが、「推し」に対するお金は惜しみたくない!という方も多いのではないでしょうか…

STAGE dot

ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで”ミス・ビットコイン”藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンや…

STAGE dot

School Schedule

スクール日程&進捗状況

(新宿本校の平日コース日程と進捗状況です)

不動産投資スクール

5月8日(火) vol.2

利回りと収益評価

  • 3つの指標を学ぶ
  • 表面利回り・実質利回り

株式投資スクール

5月9日(水)vol.2

買いタイミングの考え方

  • 買いタイミングを見極める
  • 株価チャートを使うコツ

外貨投資・FXスクール

5月10日(木)vol.2

FX取引の実際

  • 取引を始める前に
  • 取引会社と税金

お金の教養スクール

5月11日(金) vol.14(N)

生活に役立つ行動経済学

  • 人の心には複数の財布がある
  • 遠くの利益と目先の利益

50代のための
定年後設計スクール

5月26日(土) vol.1(A)

定年後の計画設計とマネープラン

  • 定年後のイメージを”見える化”する
  • 定年後にかかるお金
  • 老後破たんをさけるために

Seminar Info

無料セミナー案内


お金の教養講座Plus In 新宿

お金の教養・株式投資・FX・不動産投資が1日で学べる!

全国で毎月3,000名が参加する「お金の教養講座」では、”毎日の家計管理”や”将来かかるお金の準備”などの具体的な取り組み方。 また、将来収入を増やすための効率的な…


不動産投資スクール【体験学習会】

生涯続く家賃収入を。卒業生の2人に1人が大家さん。

年間1,000人以上が学び、2人に1人が大家さんとなり、安定的に家賃収入を得ています。物件選び、収支計算、融資、節税、リフォーム等の実践スキルを24 時間で身につけ…


株式投資スクール/外貨投資・FXスクール 【体験学習会】

根拠ある銘柄選びを。受講生の7割以上がプラスの運用実績。

なんとなくの「勘」やメディアの情報に左右されずに銘柄を選び、安定して利益を出すための、株式投資の仕組みとセオリーが体系的に学べます。成功した投資家が…


50代のための定年後設計スクール【体験学習会】

定年後の不安を徹底解消!

私たちの多くが不安を持つ定年後の生活。生活、住まい、年金、医療費、相続、介護、補助金まで、「お金を中心に定年後のすべて」を最短3カ月で学ぶスクールを体験します…

この人も山あり谷あり

[第24話](その2)

でも、僕はこの話がきたときに、正直迷いました。だから、葉山と大谷を呼び出して、二人で会合を持ちました。大谷はもちろん賛成、葉山は反対、僕は態度を決めかねていました。
コンビニから提示された条件は契約金二五〇万円でロイヤリティは売り上げの一%。なかなかの好条件だったと思います。 ただし、共同開発というものの、実質クリームおにぎりのレシピを渡すことと、価格決定権はコンビニ側にあるというものでした。ここにひっかかったのです。

大谷は今は何よりも認知度を上げることが大切だということを僕らに説きました。 葉山の反対理由はレシピを渡してしまうことだったようです。やはり苦心して作った会心作ですからね。その気持ちもわかります。

でも、僕がひっかかったのは、コンビニに価格決定権があるという点です。コンビニ側としては、おにぎり売り場の売り上げを上げるために、米角のクリームおにぎり人気に便乗しようとしている。そして、コンビニのおにぎりの価格帯としては、きっと二〇〇円前後で発売するつもりだったんでしょう。二〇〇円で売られているコンビニのおにぎりがあるのに、三〇〇円出して僕らの店で買うだろうか?

そして、大谷のこの話に乗ろうという気持ちもわかる。まだまだ全国的な知名度がない今、コンビニでクリームおにぎりがヒットしたなら、一気にクリームおにぎりを全国展開させることも夢ではないだろう。米角ブランドヘの寄与効果は計り知れない。

僕は選択に迫られました。そして、散々悩んだあげく、この話は断ることにしました。

     *

「その決断は、米角のトップとして考えた結果なのかね?」老人は間髪をいれず、僕に聞いた。

「はい、その頃には僕は米角に関するすべての決定をして、その責任を負う立場になっていました」 老人は、納得をしたのか、うなずくとまた話を聞く姿勢をとった。

大谷からはお前の意思は尊重するが、なぜ断った?と訊かれました。「コンビニで僕らのクリームおにぎりを売るのは確かに魅力的だ。でも、その権利を得たとして 、僕らには失うものがある。それは価格決定権だ。最初の頃、君が僕にしてくれたフランス料理の話を覚えているかい?」

「ああ、覚えているよ」

「僕らは、その後、米角について、コンセプトを決めたはずだ。そして、今でも僕は、こう考えている。価格の決定力こそが、ブランドの力を決める。

スターバックスをスターバックス足らしめているのは何だ? たかがコーヒーだ。すべての人がコーヒーの味の違いを理解できると思うか?違いはふかふかのソファーでも、ゆったりとした店内でもない。価格だ。高いからこそ 、価値があると思う。僕らのクリームおにぎりは、おにぎりの中では高価だ。だけど、お客さんにはその分の価値を提供できていると思っている。これがより安価で売り出されたら、ここまでうまくいっていたことが水の泡になる気がするんだ」

僕の話に大谷は納得してくれたかどうかはわかりません。特に返事がなかったので。ただ、僕が自信を持って話す様子に彼は何かを感じていたようです。実際のマネージメントをしていく中で、僕の変化や成長ぶりに周囲の人も驚いていたようです。

そして、この時の僕の決断は、「米角は僕の手で大きくしていく」という決意表明と大谷は受け取ったようでした。この後、マネージメントについて、口を出してくることは少なくなったように思います。(続きは次回のWeekly通信で)

STAGE dot

Our Group

私たちのサービスグループ

FinancialAcademy
FinancialAcademy

「お金の教養」を身につけるためのマネースクール

FPwoman
FPwoman

女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック

一般社団法人 金融学習協会
一般社団法人 金融学習協会

小学生から大学生になるまでに金融教育を行う社団法人

FAG総合研究所
FAG総合研究所

現代の社会や生活を「お金」という面から切り取る研究機関

moneylab
moneylab

知ってトクするお金に関するコラムを毎日更新するメディア

STAGE
STAGE

人生の舞台で輝くための
ライフスタイルマガジン




このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る