ボーナスを使って、最高のご褒美を手に入れる方法。






Financial Academy

weekly


 


ボーナスを使って、最高のご褒美を手に入れる方法。

今年のボーナスの使い道は、すでに決まっていますか。全額を貯蓄に回すという人、買い物をするという人、ローンの返済で消えてしまうという人など、人それぞれだと思いますが、今年のマイナビニュースの調査によると、今年はボーナスの使い道に変化が起こっているようです。

「2021年夏のボーナスを何に使う予定か」というアンケート調査を行ったところ、1位は「預貯金」の48.8%でした。これはコロナ禍に入る前の2019年から変化がありません。

しかし以前は、2位以降に「旅行に行く」や「趣味にお金をかける」といったご褒美的な使い方がランクインしていたのに対し、2位は「生活費の補填」の23.4%。昨年春から続くコロナ禍の家計状況が、ボーナスの使い道に如実に反映されるという結果となっています。

このことから、今年のボーナスは貯蓄に回したり、生活費の補填に回したりと、ご褒美的な使い方をしていない人が全体の70%以上であることが分かります。目の前の家計は一旦やりくりせざるを得ないにしても、せっかくの臨時収入ですから、本当は老後や将来への貯蓄ではなく、旅行に行ったり、好きなものを買ったりと、ご褒美的な使い方をしたいと考えている人も多いはずです。

ではどうにかボーナスを上手に使って、将来の備えをしながら、ご褒美的な使い方もすることはできないのでしょうか。そんなうまい話なんてあるわけない、と思うかもしれませんが、実はあります。その1つが資産運用です。

資産運用を活用すれば、貯蓄に回す予定だったお金を一時的に投資に回すことで、お金を増やすことができます。例えば20万円を貯蓄に回す予定だったとした場合、その20万円を元手に30万円まで増やすことができれば、20万円は貯蓄に、10万円は旅行の資金にすることができるわけです。

もちろん資産運用には様々な方法がありますから、毎月3万円〜5万円の利益を出して、生活費の足しにするような運用をすることもできますし、年間で30万円〜50万円程度の利益を出し続けて、毎年の旅行資金にするような運用をすることもできます。もちろん、もっと長い期間をかけて老後資金のようなお金を作り上げていくことも可能です。

もし、もらったボーナスをそのまま使ってしまえば、貯蓄に回してもそれ以上増えることはありませんし、なにか買い物をすれば、それだけで終わってしまいます。

一方で資産運用を活用することで、将来的にもずっと家計補填をしてくれるような資産に変えたり、今年だけの旅行ではなく将来的に何回も旅行に行けるような資産に変えることもできるのです。

このように今年の夏のボーナスは一度きりですが、上手に使うことができれば、今年の夏のボーナスから何度もご褒美を手に入れることができるわけです。これが実現できれば、最高のご褒美になると思いませんか。

ではどのように運用すれば良いのでしょうか。これはボーナスの金額や現在の家計状況、目標とする金額によって1人ひとり変わってきます。

そこで、ファイナンシャルアカデミーでは、「自分の場合どうすれば良いのか分からない」という人のために、6月30日までの期間限定で『ボーナスの使い方プライベート相談会』を実施します。

この相談会では、ファイナンシャルアカデミー認定講師と1対1で、ボーナスを上手に使うための家計改善の方法や資産運用の方法など、あなたに合ったマネー設計の方法を相談することができます。

「自分の夢や家族のために、ボーナスを上手に活用したい人」
「いくらまで使って、いくらまで貯蓄すればいいのか自信がない人」
「これまでなんとなくボーナスの使い道を決めていた人」
「ボーナスの活用術に加えて、今後のマネー設計を相談したい人」にもオススメです。

相談時間は45分ですが、無料で相談することができます。また教室での相談に加えて、簡単にアクセスできるWEBブラウザを使ったオンライン相談、電話での相談もできますので、自分に合った方法での相談が可能です。

一度相談すれば、今回のボーナスを上手に使うことができるのはもちろん、これから何度も訪れるボーナスを賢く使っていくことができるようになります。ボーナスを貰うタイミングは、お金について考える良いきっかけでもありますから、これを機に自分に合った資産形成の方法を見つけてみてはいかがでしょうか。


dot


ボーナス額に不満な50代男性。少ないボーナスを預金するだけでいいのか考えた

山本先生:吉田さん、ボーナス出ました?たまには、ご馳走してくれてもいいんですよ? 吉田さん:いやいや、もう、全然ですよ。雀の涙ですよ…

moneylab dot


【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考に…

STAGE dot


YouTube

youtubelogo で毎週動画配信中



【暴落】コロナバブルが崩壊する直前の予兆3つ

コロナウイルスの影響で不景気であるにも関わらず株価が上昇している現象を「コロナバブル」と呼ぶ声が広がっています。それと同時に…

 

 


失敗しない不動産投資家がやっていること3つ

不動産投資はかかる金額が大きく、失敗をできる限り避けたいと思う人が多い一方で、ネットでは「不動産投資で破産」などの衝撃ニュースが…

School Schedule

スクール開催日程

   


vol.4 積算評価と稼働力

その他の開催日程はこちら dot


vol.4 取引の仕組み

その他の開催日程はこちら dot


vol.4 注文方法とリスク管理

その他の開催日程はこちら dot


vol.8 投資信託で大きな資産を形成する

その他の開催日程はこちら dot


vol.24 自分資産を社会で活かそう

その他の開催日程はこちら dot


vol.1 定年後の家計設計とマネープラン

その他の開催日程はこちら dot

School Counseling

各スクール受講生の「学びの様子」を発信中


ファイナンシャルアカデミー公式ツイッターをチェック dot


 Seminar Info
 

無料セミナー案内


お金の教養講座 Plusコース

年間3万人以上が受講している、お金の教養から資産運用までを一気に学ぶ定番講座

6月27日(日)13:30 – 17:00(有楽町校)
\オンライン校・丸の内本校でも随時開催中/

詳細と申込みはこちら dot


株式投資スクール 体験セミナー

どんな相場でも安定的に利益を出せる投資家になるための銘柄選びや売買のヒントが満載

7月3日(土)13:30 – 15:00(丸の内本校)
\オンライン校・丸の内本校でも随時開催中/

詳細と申込みはこちら dot


不動産投資スクール 体験セミナー

不動産投資によって労働収入を超える「2本目の収入の柱」を作るまでの道すじが描ける

7月4日(日)20:00 – 22:00(オンライン校)
\オンライン校で随時開催中/

詳細と申込みはこちら dot


月5万円で資産1億円を目指す「ゴイチ」セミナー

安定的に資産を増やす方法を、本気で資産形成を成功させたいあなたにだけ教えます

6月26日(土)13:30 – 15:30(オンライン校)
\オンライン校で随時開催中/

詳細と申込みはこちら dot


投資信託スクール 体験セミナー

投資信託の仕組みと、本当に有望な商品を選ぶために必要な知識・ノウハウが学べる

\収録された映像でいつでも受講できる/

詳細と申込みはこちら dot


「株長者」戦略セミナー

日本株・米国株・外国株の理解を深めて、安定的に大きく稼ぐ投資家へ。

\収録された映像でいつでも受講できる/

詳細と申込みはこちら dot

School Counseling

無料入学相談

来校・オンライン・電話のいずれかでファイナンシャルプランナーと1対1でじっくりと相談できます


「入学相談」の詳細と予約はこちら dot


受講生の声



“大きな収穫は、断片的だった知識が、体系的なノウハウに変わったこと。”

坂田 信志さん
定年後設計スクール 2017年

 

30年、外資系企業、数社に勤めてきましたが、退職金制度のないところもあったり、雇用期間も保証されていなかったりする環境のため、日本企業の会社員…

dot

中村亨のビジネスEYE



取得率はわずか7.48%。男性への「産休」改正法が成立

2021年6月3日の衆議院本会議で男性版産休制度を盛り込んだ改正育児・介護休業法が成立しました。出産直後に男性の育休をとりやすくするために出産日から8週間以内に最大4週間の育休を取得できる…

dot

SNS

ファイナンシャルアカデミー公式SNS

facebook twitter youtube instagram




このページのトップへ


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る