メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る

ファイナンシャルアカデミーが
「成果」にこだわる理由。

2017.8.13

 

 

義務教育で教わらない、正しいお金の知識を体系的に学べる場を作りたい―—そんな想いから、株式投資や不動産投資、外貨投資・FXのスクールを立ち上げて約10年。
気づけば、これらのスクールは、現役スクール生が6,000名を超え(2017年7月現在)、数多くのメディアから注目されるスクールへと成長を遂げました。

ファイナンシャルアカデミーのスクールが、多くの受講生から選ばれる理由。
それは、「成果」にあります。

受講生一人ひとりが、スクールでの学びを通じて目標を達成し、それぞれの夢に近づいていく。そのための徹底したこだわりが、このような多くの受講生からの支持につながっているのだと自負しています。

実際、その成果には目を見張るものがあります。例えば、「不動産投資の学校」では 2 人に 1人以上が家賃収入を得て、「株式投資の学校」では 7割以上がプラスの運用を達成。「お金の教養スクール」では、なんと8割以上の受講生が貯蓄アップを実現しています。

そして、その「成果」をより確固たるものにしてもらうため、今月から新たな制度を導入することにしました。

それが、各スクールごとの「アクションリスト」の導入です。

これは、ファイナンシャルアカデミーの学びの軸である「STAGE フレームワーク」を応用し、成果を出すために必要な7項目について、それぞれ 5段階でセルフチェックするためのオリジナルのシートです。いま、自分がどの位置にいて、次にどのようなアクション(行動)を取れば効率的に成果に繋げられるのかが “ 見える化 ” されているので、これに従うだけで誰でも効率よくレベルアップし、最短距離で目的地に到達できる画期的なシートとなっています。

受験勉強と違い、資産運用や家計管理は、知識だけでは成果につながりません。学びによって身につけた知識をアクション(行動)に移すことで、初めて成果につなげることができるようになります。

せっかく時間やお金を投じて学んでもらう以上、一人でも多くの人に「成果」という、目に見える形で還元をしたい。それが、「投資の学校」を始めとするスクールを運営していくうえでの責務だと感じています。

著者プロフィール


泉正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーグループ代表、 株式会社FLOC代表取締役、 一般社団法人金融学習協会理事長。



スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る