メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

「お金のプロ」という定義。

2018.1.30

先日の日経新聞で「お金の教育 小学生から」という、とても興味ある記事を見つけました。

子どもたちが大人になったときに必要な投資の知識を、どう習得させればよいのかということについて、3人の事例をもとに書かれている記事です。

そこでは、3人の専門家が「お金のプロ」として登場しており、そのお金のプロ達がどのようにご自身のお子さんにお金の勉強をさせているのかが具体的・実践的にまとめられていました。

その内容は三者三様。
お小遣いの使い方から、貯蓄や外貨の取り扱いまで様々な教育を家庭で行っているということが伝わる、とても面白い記事でした。

でも、私にはひとつだけ気になった点がありました。
それは、この3人の専門家は、本当に「お金のプロ」なのだろうか、ということです。

「お金のプロ」とは、どういう人のことを指すのか。

この定義を正しく定めておかないとこうしたお金の教育が間違った方向に広がってしまいかねません。

その人が、本当は「お金のプロ」ではないとしたら、その人がおすすめしたことや実践していることをお手本とすることが正しいとは限らないからです。

例えば、為替ディーラーの方の例が出ていましたが、この方は本当に「お金のプロ」でしょうか。

ファイナンシャルプランナーの方の例も出ていましたが、この方は本当に「お金のプロ」でしょうか。

もちろん、このように新聞の取材を受けているわけですから為替ディーラーとしては専門家でしょうし、ファイナンシャルプランナーとしても一流の方であるはずです。

でも、そのことと「お金のプロ」であることはイコールではないのでは、と私は思っています。

たとえば、サッカーを例に考えてみましょう。

サッカーショップで、サッカーボールやサッカーウェアの販売やアドバイスをしている店員やそうしたグッズの卸売をしている業者は、「サッカーのプロ」でしょうか。

それで生計を立てているわけですから、サッカーに関連するビジネスのプロではありますが、「サッカーのプロ」とは呼びません。
「サッカーのプロ」というなら、プロサッカー選手を指すのが普通です。

「料理のプロ」ならどうでしょうか。キッチン家電や料理グッズの販売やアドバイスをしている店員は「料理のプロ」でしょうか。
「料理のプロ」というのは、当然料理人のことです。

ではもう一度、「お金のプロ」とはどういう人かを考えてみてください。
銀行の窓口にいる人、証券会社で顧客向け営業をしている人、保険の販売をしている人。

こういった方々は本当に「お金のプロ」でしょうか。

その方々にとってお金は、サッカーボールやキッチン家電と同じ「商品」です。

その商品を買ってもらったり、アドバイスすることを仕事にしている、「お金に関連するビジネスのプロ」であって、お金そのもののプロであるとは限らないのです。

ましてや、教育に関してはどうでしょう。
実際に子どもに実践したこうした教育が本当に実を結ぶのかは大人になってみないとわかりませんし、もし自分自身のお金との付き合い方が「プロ」と言えるレベルであったとしてもそもそも「お金の教育のプロ」ではないわけです。

「お金のプロ」とは、どういう人のことを指すのか。

お金について正しく向き合う、という文化が未成熟な今の社会では、こういった定義自体がまだまだ曖昧です。

社会全体でこうした定義を明確にし、共有していくためにも本当のお金の教育が必要なのだと、私は思います。

著者プロフィール


泉正人
ファイナンシャルアカデミーグループ 代表。
一般社団法人金融学習協会 理事長。

自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年に「お金の教養」を身につけるための総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を創立、代表に就任。

お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営と通信制・WEB自宅受講を通じ、年間で延べ万人に義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えている。

一方、一般社団法人金融学習協会の理事長として「マネーマネジメント検定」を運営。学校現場への金融経済教育のカリキュラム提供などの普及啓蒙活動も精力的に行っている。

現在、ファイナンシャル教育を行うグループ4社を牽引し、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。著書は30冊累計120万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーHP https://www.f-academy.jp/
ファイナンシャルアカデミーグループHP http://fagroup.jp
コラム(blog)Think Money. Think Life. https://www.f-academy.jp/moneylab/thinkmoney


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る