メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る

お金のミライ

2019.11.4

20年前。街角には、100円玉を握りしめて駄菓子屋に駆け込む子どもたちの姿がたくさんありました。

でも2019年の今、いつしか子どもたちは、電子マネーを片手にコンビニに行くようになりました。“駄菓子屋に子ども”という当たり前の風景が、たった20年ほどで消えてしまうほど社会は早く変化しています。

この20年で、駄菓子はコンビニに変わりました。八百屋は大型スーパーに変わりました。そして今や、そのコンビニや大型スーパーもAmazonなどのネットショップに取って代わられようとしています。

これによって起こった変化は、お店の形態だけの話ではありません。店員さんにおすすめを聞いたり、ときにはちょっとおまけをしてもらったり。そういったエモーショナルな風景が急激に失われているのも、この20年に起こった象徴的な変化です。

そして、今、同じような変化が“お金”にも起ころうとしています。

私の親の世代には、毎月の給与を「給与袋」に入った現金でもらっていた人も少なくないはずです。給与支給日に受け取った給与袋の厚みや重さは、1ヶ月間がんばった結果。きっと、自分を褒めたい気持ちと、給与のありがたみを五感で感じられたことでしょう。

それが、金融システムの進化により、銀行振込が当たり前になると、給与は「通帳の数字」になりました。さらに2018年には、政府が労働基準法の規定を見直し、電子マネーによる給与支払いを行ってもよいという方針を出しました。給与が銀行口座にすら入らなくなり、電子マネーにチャージされることが当たり前になる時代が、もうすぐそこまで来ています。

2019年は、「キャッシュレス元年」と言われます。私たちが使うお金が日に日に電子化されていることを実感している人も少なくないことでしょう。

もちろんそれを否定するつもりはありません。電車やバスに乗るときに運賃を調べて切符を買わなくてもICカードを「ピッ」とかざすだけで乗り降りできるのはとても便利です。私自身も買い物はほぼすべてクレジットカードか電子マネーで、現金を使うことはほとんどありません。

しかし、その便利さを受け取るのと同時に、お金を使うことがどんどん”無意識化”しつつあるのも事実です。

実際、一番最近、ICカードで乗車した電車代がいくらだったのか、答えられる人はどれだけいるでしょうか。

これからますますキャッシュレスが生活に浸透していきます。生活にかかわるお金全般が、ICカードでの電車代と同じような感覚で使われるようになっていくでしょう。

お金は、大きなエネルギーを秘めた存在です。お金の問題ひとつで、他人はおろか、身内であっても人間関係が壊れます。命に関わる事件にまで発展することも多々あります。

そのエネルギーがまとまると、ダイレクトに社会が動きます。現在の貿易戦争も、お金の問題によって起こっている対立です。

一方で、お金は私たちの生活を豊かにもしてくれます。親孝行をするにも、子どもを育てるにも、快適な住まいを得るためにも、お金は必要です。温かいコーヒーでホッとする。そんなささやかな喜びにだって、お金は必要です。お金にはエネルギーがあり、意思があるのです。

私たちが日々行なっている決済の数は、1年間に2,000〜3,000回にものぼると言われています。私たち一人ひとりの未来も、社会の未来も、そうした一つひとつのお金の判断の積み重ねで出来上がっていくのです。

キャッシュレスによって、”お金”というものが目に見えづらくなる時代だからこそ、私たち一人ひとりがお金に対する「意思」を持つことが大切です。お金を使うことがどんどん”無意識化”されていく時代だからこそ、「金融経済教育」が必要だと強く感じています。

著者プロフィール


泉正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーグループ代表、 株式会社FLOC代表取締役、 一般社団法人金融学習協会理事長。



<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2020年6月1日追記

5月25日(月)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の解除を受け、教室での講座を順次再開いたします。
教室での感染予防・拡大防止の取り組みの詳細はこちらをご確認ください。

2020年5月4日追記

本日政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、 教室での講座開催の中止を2020年5月31日(日)まで延長いたします。

2020年4月8日更新

政府からの「緊急事態宣言」を受け、2020年3月28日(土)から2020年5月6日(水)まですべての教室での講座開催を中止いたします。
また、同期間において、対面による対応をすべて休止させていただきます。

<対象校舎>
・丸の内本校
・丸の内本校2号館
・有楽町校
・大阪校

<同期間中の講座開催について>
・スクール及びゼミ
開催を予定していたすべての講座について
受講生なしで撮影を行い、WEB受講できるようにいたします。
準備が出来次第、順次マイページにアップいたします。

・各種入門講座
同内容のWEB講座を期間限定で無料開放します。
(通常1,000円)

5月7日(木)以降の対応につきましては感染状況等を踏まえて都度対応していく所存です。
最新の情報につきましては、ウェブサイト、メール等にて随時お知らせいたします。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土日祝]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る