メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る



News Release ニュースリリース

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら

当校のニュースリリースを掲載しております。

『不動産投資の学校 法人化戦略ゼミ』・・・2016年7月30日(土)開催

2016-07-06 15:00:00
自分の分身を作り、投資効率を加速させる

お金の教養が身につくマネースクールのファイナンシャルアカデミー(http://www.f-academy.jp/a/515/)は、「不動産投資の学校 法人化戦略ゼミ」を開催させていただきます。

不動産投資の学校 法人化戦略ゼミ
http://www.f-academy.jp/a/515/school/hojin_senryaku.html

不動産投資である程度物件を買い進めたら、節税のために法人を作ったほうが良い。
こんなことをよく耳にしませんか?
たしかに、法人化の1つのメリットは「節税」です。
しかし、本当のメリットは、自分の分身を作ることにより、投資効率を加速させるところにあるのです。

個人という限られた融資枠と信用
法人という上限のない融資枠と信用
明らかに、後者のほうがチャンスを活かせると思いませんか?

●これから物件を買い進める予定の人
●すでに物件を購入し始めている人
●個人の融資額の限界が近づいている人
●いままで節税ばかり考えていた人
●不動産投資で年間1000万円を超える家賃収入を得たいと考えている人
この機会にぜひご参加ください。
----------------------------------------------------------------------------
■カリキュラム
第1部 概念
法人とは
・不動産オーナーを取り巻く環境
・家賃収入に対しての所得税・住民税
・相続税の対策
・法人に対する課税は減税の方向
・個人の場合と法人の場合の税率の違い
・法人の種類
・法人化のメリット・デメリット
・法人での融資
・法人設立第1期でも融資は受けられる
・銀行はここを見ている
・収益還元法とDCF法
・満室時の収支ラインなど
・より良い条件を引き出すためのテクニック

第2部 法人を活用した節税・相続対策
・役員報酬の活用
・給与所得控除の活用
・退職金の支給
・退職所得控除
・社宅の活用
・一定の基準での費用計上
・日当の支給
・旅費規程の制定
・生命保険金の活用
・全額損金や一部損金の商品を活用
・相続税対策
・無償返還届出書の活用
・株価評価での節税効果

第3部 法人のメリットを最大限活かす
チームを作る
・チームを作るメリット
・どういうチームメンバーを作るか

法人化のメリット
・家賃収入2千万以上が目安(不動産所得1千万円)
・将来的な節税
・将来的な相続対策
・短期的な物件取得
・たくさん借りる事ができる
・法人設立の注意点
・一人完結
・決算時期の選択が任意
・複数の法人格
・支店登記
・所有と経営の分離
・リスクの切り離し(有限責任)
・初年度からの黒字化するテクニック
・節税目的だけの法人化はNG

法人を買う(M&A)の注意点
・薄外債務
・累計損失使えるか?

納税をする
・節税はするな!
・払って良い税金
・払わなくても良い税金
・会社は誰のものか?
・個人と法人の税金の違い
・短期譲渡、長期譲渡、法人税を加味した税引き後(売却)利益を算出する
・消費税を知る
----------------------------------------------------------------------------
■開催概要
日程:2016年7月30日(土) 13:00~18:00
開催場所:東京・新宿本校
     東京都新宿区西新宿1-14-11 NIKKOビル 9F
----------------------------------------------------------------------------
受講料:58,000円 (税別)
※不動産投資の学校の受講生・卒業生は教室受講パス(10,000円)優待受講料48,000円 (税別)
    
----------------------------------------------------------------------------
■ファイナンシャルアカデミーとは

ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけるための日本唯一の総合マネースクールです。2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ39万人の方が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことで、人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを目指しています。

当校は、経済・金融・教育・法務の各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、中立的な学校運営を行なっています。

http://www.f-academy.jp/advisory_board.html

金融商品の販売や紹介を行わない当校は、授業料で成り立っております。私たち個人が、証券会社などの金融機関や不動産会社等と対等なコミュニケーションを取れることも教育目標の一つとしています。

http://www.f-academy.jp/

ご不明な点は下記までお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------------
ファイナンシャルアカデミー
広報担当:武田(タケダ)

Tel 03-5909-7420 FAX 03-5204-8646
E-mail:press@f-academy.jp

URL http://www.f-academy.jp/
学校概要 http://www.f-academy.jp/corp_index.html
公式ツイッター http://twitter.com/facademy
Facebook http://www.facebook.com/financialacademy
Financial Academy Group http://fagroup.jp/
ライフスタイルマガジン STAGE http://stage.st/

東京校事務局:160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
大阪校事務局:530-0057 大阪市北区曽根崎2-12-4
ニューヨーク:Financial Academy New York 275 Greenwich St. Apt.9D, New York, NY. 10007
----------------------------------------------------------------------------
<講座取材・インタビュー取材お申し込み方法>
―――――――――――――――――――――――――――――
講座の取材・インタビューご希望の方は、Eメールにてお申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・講座取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<< ファイナンシャルアカデミー スクール&講座取材申し込みフォーム>>
・取材対象講座名:
・貴社名 :
・貴社媒体名:
・お名前 :
・電話番号 :
・メールアドレス :
・取材形式(該当のみ記載) :
  写真撮影 / TVカメラ / メモ / インタビュー希望
→ 申し込みメールアドレス:corp@jfa.ac(件名:「◯◯講座」取材希望)
◯◯に取材をご希望の講座名の記載をお願いします。

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る