メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384




News Release ニュースリリース

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら

当校のニュースリリースを掲載しております。

東京都立千早高等学校の「ビジネス経済応用の時間」にて「高校生向け金融経済教育の授業」実施

2016-07-15 11:00:00
2016年5月29日(木)〜6月9日(木)の合計6時間、東京都立千早高等学校にてファイナンシャルアカデミーグループ(本社:東京都新宿区、代表:泉正人)が提供する「自分の未来のつくり方ー自立した人生に活きるお金の教養ー」が実施されました。

■中学・高校性向け教育支援カリキュラム
自分の未来のつくり方 ー自立した人生に活きるお金の教養ー
https://www.f-academy.jp/a/515/mirai/#chihaya

当グループのカリキュラム提供のもと、東京都立千早高等学校 親泊(おやどまり)寛昌教諭が「ビジネス経済応用の時間」にて授業を行い、「信用を高める」「価値を見極める」「両面思考を身につける」といった将来、社会人として自立した人生を生きていく上で不可欠な知識・お金の教養をテーマにした本講座を実施しました。
受講中は積極的なディスカッションが行われ、熱気を帯びていました。


参加した生徒たちからは、

・(1)信用について、(2)価値を見極める、(3)両面思考を身につける、の3つのポイントを押さえれば将来自分のためになることを学んだ。

・信用があれば金利が低いというのは、なるほどなと思った。そういう所で差があると不平等な感じもするけど、頑張れば金利が低くなったり、自分の得になることがあるなら、やる気が出るかなと思った。信用されることは大切なんだと思った。

・信用を高めたら人や機関にお金を借りられやすくなるし、結果、自分が得をすることが分かった。信用を高めることで得をするのは、学生でも大人でも同じだと思った。学生のうちは奨学金の金利を払わなくて良くなり、大人になると更にクレジットカードや会社内での位が決まるので、他者から判断される機会が多くなるのだと思った。そこは大人としての責任が必要になるのだと思う。

といった感想が寄せられました。


また今回、本カリキュラムのティーチャーズガイドを元に授業を実施した親泊教諭からは、
「まずは身近なお金の取り扱いを教えたかったので、導入で学べるのが非常によいツールだと感じました。教科書をただ見たり、黒板に書いたことをノートに写すだけの授業では生徒たちに学びは浸透していきません。動画を使って学習できるのは、ポイントが高く生徒の反応が非常によかったので授業はとてもやりやすかった。社会にでたときに(この授業で得た)基本的な知識は必ず役立つと思います。」

といった感想が寄せられました。



一人ひとりが自己責任でお金や経済と向き合わなければならない時代の中で今後、このような学生向けの経済やお金に関する授業の重要度はさらに高まってくることが予想されます。

当グループでは本カリキュラムの無償提供を通じて、義務教育で教わらない「お金の教養」を正しく学び育む機会を広げ、より良い人格形成の一助となることを目指しています。こうした想いに賛同してくださる中学・高等学校の関係者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ「エデュケーションバトン」として金融経済教育の輪をつないでください。

「エデュケーションバトン」への賛同・お問い合わせはこちらから
https://www.f-academy.jp/a/515/mirai/#toiawase



■ファイナンシャルアカデミーとは

ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけるための日本唯一の総合マネースクールです。2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ39万人の方が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。


誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことで、人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを目指しています。


当校は、経済・金融・教育・法務の各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、中立的な学校運営を行なっています。

http://www.f-academy.jp/advisory_board.html



金融商品の販売や紹介を行わない当校は、授業料で成り立っております。私たち個人が、証券会社などの金融機関や不動産会社等と対等なコミュニケーションを取れることも教育目標の一つとしています。

http://www.f-academy.jp/


----------------------------------------------------------------------------
ファイナンシャルアカデミー
広報担当:武田(タケダ)

Tel 03-5909-7420 FAX 03-5204-8646
E-mail:press@f-academy.jp

URL http://www.f-academy.jp/
学校概要 http://www.f-academy.jp/corp_index.html
公式ツイッター http://twitter.com/facademy
Facebook http://www.facebook.com/financialacademy
Financial Academy Group http://fagroup.jp/
ライフスタイルマガジン STAGE http://stage.st/

東京校事務局:160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
大阪校事務局:530-0057 大阪市北区曽根崎2-12-4
ニューヨーク:Financial Academy New York 275 Greenwich St. Apt.9D, New York, NY. 10007
----------------------------------------------------------------------------

<講座取材・インタビュー取材申込み方法>
―――――――――――――――――――――――――――――
講座の取材・インタビューご希望の方は、Eメールにて申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・講座取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<< ファイナンシャルアカデミーグループ講座取材申込みフォーム>>
・取材対象講座名:
・貴社名 :
・貴社媒体名:
・お名前 :
・電話番号 :
・メールアドレス :
・取材形式(該当のみ記載) :
  写真撮影 / TVカメラ / メモ / インタビュー希望
→ 申し込みメールアドレス:press@f-academy.jp (件名:「◯◯講座」取材希望)
◯◯に取材をご希望の講座名の記載をお願いします。

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る