メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る



News Release ニュースリリース

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら

当校のニュースリリースを掲載しております。

『不動産投資でサラリーマンを引退して自由とお金を両立する方法』・・・5月29日(日)開催

2016-05-09 13:00:00
『作曲家大家さん』直伝!

お金の教養が身につくマネースクールのファイナンシャルアカデミー(http://www.f-academy.jp/a/515 )は、『不動産投資でサラリーマンを引退して自由とお金を両立する方法』を開催させていただきます。

不動産投資でサラリーマンを引退して自由とお金を両立する方法
http://www.f-academy.jp/a/515/page/semi_sakkyokuka_oya.html

「サラリーマンを引退して自由になりたい…」と真剣に考えているあなたへ

サラリーマンを引退するために不動産投資で何が必要か、きちんと理解していますか?
「老後の資産形成」と「サラリーマン引退」では、取るべき戦略が全く異なります。
基準が曖昧なまま何となく物件を買うのでは、「大家さん」にはなれても、「引退する」ことはできません。

本講座の目的はズバリ、「あなたがサラリーマンを引退し、自由な人生を歩む」ことです。

「サラリーマン引退」という明確な目標を達成するために、どのような物件を、どのような条件で、どの程度購入していけばよいか、解説と実習を通じて一つ一つ明確にしていきます。
まさに、「サラリーマンの引退」を真剣に考えて不動産投資の勉強をしている方にオススメの講座です!

◎ サラリーマンを引退したいと真剣に考えている方
◎ 自由を手に入れて自分の好きなことをやりたいと考えている方
◎ 不動産投資に興味があり、ある程度勉強している方
(物件は持っていなくてもよいが、「利回り」「積算」「RC」など、基本的な用語は理解していることが望ましい)
----------------------------------------------------------------------------
■カリキュラム
第1 部:自由とお金を両立するための「ライフプラン」自由とお金を両立するために必要となる、基本的な考え方について説明します。
1. 自由とお金のジレンマ
お金を求めて仕事をすれば自由がなくなり、自由を求めて仕事を辞めればお金がなくなる
2. 「好きなことを仕事に」の問題点
好きなことをやってワクワクしていればお金が儲かる…?
3. 自由とお金を両立するライフプラン
自由とお金を両立するためには、勤労所得で生計を立ててはいけない
4. 「サラリーマン引退」のとらえかた
引退とは南の島でグータラすることではない

第2部:引退するための「絶対値」「サラリーマン引退」から投資上の目標値(絶対値)を導く考え方について説明します。
1. サラリーマンを引退するために必要なこと
「家賃収入」が1億円あっても引退できるとは限らない
2. 間違いだらけのキャッシュフロー
その「キャッシュフロー」は本当に手元に残るのか?
3. サラリーマン引退の目安
人生の時間を取るか、お金の余裕を取るか
4. 収益性 VS 資産性
資産があってもキャッシュがなければ引退できない
5. 引退するための目標を立てる
目標を立てないのは行き先を決めずに電車に乗るようなもの

第3部:破綻しないための「比率」不動産投資において破綻しないために管理する必要のある比率について説明します。
1. 行き着く先は返済比率
引退する上で返済比率を重視すべき2つの理由
2. 現預金比率の考え方
手元にどれだけお金を残しておくべきなのか
3. 頭金・融資期間について
「頭金を多く入れたほうが安全」「借金は早く返したほうがいい」は本当か?
4. 耐用年数の考え方
法定耐用年数を超えたら価値はゼロ…?
5. 引退後の収支構造
自由であり続けるために

第4部:実習サラリーマンを引退するための目標を設定し、物件購入シミュレーションを行います。

第5部:その他出口戦略、銀行交渉、不動産投資と会社バレ、その他
----------------------------------------------------------------------------
■開催概要
    日時:2016年5月29日(日)13:00 ~ 17:00
    開催場所:ファイナンシャルアカデミー新宿本校
         東京都新宿区西新宿1-14-11 NIKKOビル 9F
    受講料:【先行予約割引】9,800円(税込) ※2016年5月9日までに申込みの場合
        【通常料金】14,800円(税込)
----------------------------------------------------------------------------
■ファイナンシャルアカデミーとは

ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけるための日本唯一の総合マネースクールです。2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ38万人の方が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことで、人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを目指しています。

当校は、経済・金融・教育・法務の各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、中立的な学校運営を行なっています。

http://www.f-academy.jp/advisory_board.html

金融商品の販売や紹介を行わない当校は、授業料で成り立っております。私たち個人が、証券会社などの金融機関や不動産会社等と対等なコミュニケーションを取れることも教育目標の一つとしています。

http://www.f-academy.jp/

ご不明な点は下記までお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------------
ファイナンシャルアカデミー
広報担当:武田(タケダ)

Tel 03-5909-7420 FAX 03-5204-8646
E-mail:press@f-academy.jp

URL http://www.f-academy.jp/
学校概要 http://www.f-academy.jp/corp_index.html
公式ツイッター http://twitter.com/facademy
Facebook http://www.facebook.com/financialacademy
Financial Academy Group http://fagroup.jp/
ライフスタイルマガジン STAGE http://stage.st/

東京校事務局:160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
大阪校事務局:530-0057 大阪市北区曽根崎2-12-4
ニューヨーク:Financial Academy New York 275 Greenwich St. Apt.9D, New York, NY. 10007
----------------------------------------------------------------------------
<講座取材・インタビュー取材お申し込み方法>
―――――――――――――――――――――――――――――
講座の取材・インタビューご希望の方は、Eメールにてお申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・講座取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<< ファイナンシャルアカデミー スクール&講座取材申し込みフォーム>>
・取材対象講座名:
・貴社名 :
・貴社媒体名:
・お名前 :
・電話番号 :
・メールアドレス :
・取材形式(該当のみ記載) :
  写真撮影 / TVカメラ / メモ / インタビュー希望
→ 申し込みメールアドレス:corp@jfa.ac(件名:「◯◯講座」取材希望)
◯◯に取材をご希望の講座名の記載をお願いします。

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る