メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384




News Release ニュースリリース

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら

当校のニュースリリースを掲載しております。

中学・高校生向けの金融経済教育カリキュラム、リリースから半年で全国20校以上に採用決定

2016-10-17 15:00:00
お金の教養が身につくマネースクールのファイナンシャルアカデミーグループ(本社:東京都新宿区、代表:泉正人)が無償で提供している中学・高校生向けの金融経済教育カリキュラム「自分の未来のつくり方ー自立した人生に活きるお金の教養ー」が、リリースから半年余りで20を超える中学校・高校に採用されました。

生涯にわたって役立つ基本思考を育む“キャリア教育”カリキュラムが、全国に広がりつつあります──。


■「自分の未来のつくり方 ー自立した人生に活きるお金の教養ー」
https://www.f-academy.jp/a/515/mirai/


■カリキュラムの特徴
本カリキュラムは、映像教材や生徒用ワークシートを使って、先生に授業をしていただく教材提供型のプログラムです。

当グループは、金融経済教育に関する予備知識がなくてもスムーズに導入できる教材キット(ティーチャーズガイド、DVD、ワークシート)を提供し、学校は、全5コマ(計150分)の授業の中から必要な授業を選んで実施します。
また、時間数に限らず、家庭科や社会科など実施教科も自由に選ぶことができます。学校個別の状況に合わせて柔軟に導入できる点でも高い評価を受けているカリキュラムです。


<実施概要>
・対象
中学1年生~3年生、高校1年生~3年生
・授業時間
基本授業50分、モジュール授業各25分、まとめ授業25分(合計150分)
・これまでの導入科目例
総合的な学習の時間、社会科、家庭科、商業科、LHM
・最低実施人数
20名
・提供にかかる費用
なし(無償提供を行っています)


■採用校一覧(順不同 ※2016年10月15日現在)
<高校・一貫校>
福知山成美高等学校
神戸商業高校
兵庫県立小野高等学校
京都府立京都すばる高等学校
京都府立網野高等学校
浪速高等学校 中学校
二松学舎大学附属柏中学校・高等学校
松商学園高等学校
秋田県立湯沢翔北高校
山形県立村山産業高等学校
大阪市立西高等学校
東京都立芝商業高等学校
徳島県立富岡東高等学校
埼玉県立滑川総合高校
名古屋大谷高等学校
鹿児島県立串良商業高等学校
北海道小樽水産高等学校
熊本県立南稜高等学校
静岡女子高等学
大阪市立中央高校

<中学校>
江東区立砂町中学校
京都共栄学園中学高等学校



採用のきっかけとして、次のようなコメントをいただいています。

「アクティブ・ラーニングの授業の実例として実施してみたい」
「ワークシートや映像教材があるのが魅力的」
「生徒に、ビジネスや自分の生活について“お金”の面で考えてほしいと思ったから」

また、既に導入した学校には、次のような嬉しい感想をいただいています。


<生徒>
「価値を見極める力をもっと上げて使っていきたいし、
 無駄なくお金を使えるようになりたいと思った。すごく面白い授業だった。」

「自分の価値を見極める力が予想以上に低くて驚きました。
 危機感を感じたので、これから見極められるようになりたいです」



<先生>
「不安もありましたが、生徒の将来に役立つ授業ができてホッといたしました」

「授業が終わってもまだワークをやっている生徒がいました。楽しかったのでしょう。
 これからもこうした生活に密着した内容を入れていければと思います。」





■ファイナンシャルアカデミーグループとは
ファイナンシャルアカデミーグループは、「お金の教養」を身につけるためのお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」を中心とし、女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック「エフピーウーマン」、気軽に学べるお金のレッスンスタジオ「マネテリ」、金融経済教育の資格検定を行う「一般社団法人金融学習協会」、現代の社会や生活を「お金」という面から切り取って研究・発信を行う「FAG総合研究所」、ソーシャル家計簿「bookeep」を運営する「アキュム」から構成されている金融経済教育を提供するグループです。また、メディア部門「STAGE~人生の舞台で輝くためのライフスタイルマガジン」にて、さまざまなジャンルの第一線で活躍する方々のLife& Workstyleを中心にさまざまな情報を発信しています。


2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ40万人の方が学んでいます。家計管理、お金の貯め方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、お金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に開講しています。


誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」の普及を通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうことを目指しています。


---------------------------------------------------------------------------
ファイナンシャルアカデミーグループ

広報担当: 武田(タケダ)

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
TEL 03-5909-7420 FAX 03-5204-8646
E-mail press@f-academy.jp
http://fagroup.jp/

Financial Academy:http://fagroup.jp/
FPwoman:http://www.fpwoman.co.jp/
「マネテリ」:http://maneteri.com/
accum:http://accum.jp/
金融学習協会:http://kinyugakushu.jp/
FAG総合研究所:http://fagri.jp/
---------------------------------------------------------------------------
<講座取材・インタビュー取材申込み方法>
―――――――――――――――――――――――――――――
講座の取材・インタビューご希望の方は、Eメールにて申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・講座取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<< ファイナンシャルアカデミーグループ講座取材申込みフォーム>>
・取材対象講座名:
・貴社名 :
・貴社媒体名:
・お名前 :
・電話番号 :
・メールアドレス :
・取材形式(該当のみ記載) :
  写真撮影 / TVカメラ / メモ / インタビュー希望
→ 申し込みメールアドレス:press@f-academy.jp (件名:「◯◯講座」取材希望)
◯◯に取材をご希望の講座名の記載をお願いします。

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る