メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384




News Release ニュースリリース

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら

当校のニュースリリースを掲載しております。

拓殖大学、桂太郎塾にて『お金原論』教材採用。「お金の本質」を学ぶ

2016-11-15 11:00:00
お金の教養が身につく総合マネースクールである、ファイナンシャルアカデミーグループ(FAG)(本社:東京都新宿区)代表であり、ベストセラー作家でもある泉正人が、2016年10月29日(土)拓殖大学で開講されている桂太郎塾にて著書『お金原論ー30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方ー』を教材とした講義を行いました。

桂太郎塾は、日本の将来を背負って立つリーダーやスペシャリストを育てることを目指して、志ある学部生を選抜し、通常授業の他に、特別教育を行うというプログラムで、これまでに各界、各分野のオピニオンリーダーが講師として招かれています。



今回の講義は、『お金原論』と題して、著書である『お金原論ー30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方ー』を教材に、「お金は信用を見える化したもの。信用で世の中が回っている。信用を高めることがお金と付き合う鍵」と伝え、「お金に関する正しい知識、正しい使い方を学ぶことで人生が大きく変わる」と塾生へ語りかけました。

その後、塾生からは「子どもの頃に家の手伝いをしてお小遣いをもらっていましたが、お金の教育として正しいお小遣いの制度はどんなものですか??」「若いうちから海外旅行に行くことは、投資になりますか?」などのたくさんの質問があり、ブレストを中心とした講義はとても白熱しました。


講義の最後には塾生にとっての「お金とはなにか」を問いかけ、以下のような意見があがってきました。


お金とは、紙切れ。
お金とは、よくわからないもの。
お金とは、人を幸せにもするし、不幸せにもするもの。
お金とは、嫌われるもの。
お金とは、選択肢の幅を増やすもの。
お金とは、物々交換をするときの基準になるもの。
お金とは、社会にでるための選択肢のひとつ。
お金とは、その人を映す鏡。
お金とは、人を変えてしまうもの。
お金とは、人間性を表すもの。


当日の講義の様子が、拓殖大学でも紹介されています。
http://www.takushoku-u.ac.jp/newsportal/students/students_161107_12858.html




■『お金原論』とは
「お金とはなにか」を問い続け、20余年。総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を創設して15年間、これまでの39万人を超える受講生を見てきた結果として、原論不在のお金の200年の歴史に風穴を空ける、泉正人が今こそ伝えたい「お金とは何か」を総まとめにした渾身の一冊。
URL: http://www.f-academy.jp/a/515/page/okanegenron.html

 書名:『 お金原論ー30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方ー 』
 著者:泉 正人
 出版社:東洋経済新報社
 価格:1,620円(税込)
 発売日:2016年7月22日
 ISBN-13: 978-449231481



■泉正人とは
ファイナンシャルアカデミーグループ代表。一般社団法人金融学習協会理事長。日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、義務教育で終わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー21)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。



■ファイナンシャルアカデミーグループとは
ファイナンシャルアカデミーグループは、「お金の教養」を身につけるためのお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」を中心とし、女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック「エフピーウーマン」、気軽に学べるお金のレッスンスタジオ「マネテリ」、金融経済教育の資格検定を行う「一般社団法人金融学習協会」、現代の社会や生活を「お金」という面から切り取って研究・発信を行う「FAG総合研究所」、ソーシャル家計簿「bookeep」を運営する「アキュム」から構成されている金融経済教育を提供するグループです。また、メディア部門「STAGE~人生の舞台で輝くためのライフスタイルマガジン」にて、さまざまなジャンルの第一線で活躍する方々のLife& Workstyleを中心にさまざまな情報を発信しています。

2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ40万人の方が学んでいます。家計管理、お金の貯め方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、お金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に開講しています。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」の普及を通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうことを目指しています。


----------------------------------------------------------------------------
ファイナンシャルアカデミーグループ

広報担当: 武田(タケダ)

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
TEL 03-5909-7420 FAX 03-5204-8646
E-mail press@f-academy.jp

http://fagroup.jp/

Financial Academy:http://fagroup.jp/
FPwoman:http://www.fpwoman.co.jp/
「マネテリ」:http://maneteri.com/
accum:http://accum.jp/
金融学習協会:http://kinyugakushu.jp/
FAG総合研究所:http://fagri.jp/
----------------------------------------------------------------------------


<講座取材・インタビュー取材申込み方法>
―――――――――――――――――――――――――――――
講座の取材・インタビューご希望の方は、Eメールにて申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・講座取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<< ファイナンシャルアカデミーグループ講座取材申込みフォーム>>
・取材対象講座名:
・貴社名 :
・貴社媒体名:
・お名前 :
・電話番号 :
・メールアドレス :
・取材形式(該当のみ記載) :
  写真撮影 / TVカメラ / メモ / インタビュー希望
→ 申し込みメールアドレス:press@f-academy.jp (件名:「◯◯講座」取材希望)
◯◯に取材をご希望の講座名の記載をお願いします。

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る