メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384


相場に左右されない、安定したリタイアメント生活を手に入れよう!

株式・債券・不動産 資産三分法で セミリタイア!
〜ハッピー リタイアメント実現セミナー〜

イメージ写真
日程 開催日決まり次第公開します。
開催場所 東京・新宿校 会場地図はこちら
受講料

【通常料金】15,000円(税別)

概要

本セミナーでは、セミリタイア生活を実現するための手法として、
以下の投資の組み合わせ
(1)株式投資(バリュー投資)
(2)債券投資
(3)不動産投資
による、資産三分法(アセットアロケーション)について学べるセミナーです。

こんな人におすすめします

(1)株式投資・・・初心者から、中・上級者にステップアップしたいと考えられている方に最適です。
(2)債券投資・・・ほとんど経験がなく、これから投資を始めようとしている方に最適です。
(3)不動産投資・・・ほとんど経験がなく、これから投資を始めようとしている方に最適です。
(4)資産三分法(アセットアロケーション)・・・これまで一つの投資手法に投資をしていたが、
今後は幅広い分野に投資を行い、リスク分散を図っていきたいという方にお薦めです。

申込みは締め切りました

セミナー内容

資産三分法で、憧れのハッピーリタイアメントを実現する!

時間やお金に束縛されず、自分の好きな場所で、大切な家族と
ゆっくりと時間を過ごす。

ずっとやりたかった趣味に、心ゆくまで没頭する。

誰しもがこんな夢を抱いたことが、一度や二度はあるのではないでしょうか?

しかし実際には日々の仕事に終われ、気がつけば一週間が終わり、
一ヶ月が終わり、一年が過ぎてしまった。

なかなか夢の実現には近づいている実感が持てない、という方が
多いことと思います。

そんなあなたに欠けているのは、明確なビジョンと方法論、
そして実際にハッピーリタイアメントを実現したメンターを
持つことではないでしょうか?

今回ご紹介するKEN氏は、「ハッピーリタイアメントを実現する」
という明確な目標をもち、サラリーマンとして勤務するかたわら、
着実に資産を築き続け、ついにセミリタイアを実現された投資家です。

KEN氏の成功の秘訣は、まず核となる「株式投資」、なかでも
「バリュー投資」という手法によって資産の基礎を築いたことです。

ただ、株式投資は資産が増えるスピードが早い反面、突然の暴落に弱い、
(銘柄によっては)配当収入、つまりインカムゲインが弱い
という弱点を持っています。

KEN氏はこれらの弱点を補うために、「債券投資」そして
「不動産投資」を組みわせることによって、
株式投資の変動リスクをカバーするとともに、
安定したキャッシュロー収入を手にすることを実現しました。

債券投資は適切な銘柄選定と売買タイミングを行えば、
高金利によるインカムゲイン(安定収入)と、大きなキャピタルゲイン(売却益)を
得ることが可能です。

また、キャッシュフロー収入の王様とも言える不動産投資。
銀行融資によるレバレッジを加えて、サラリーマンの年収を上回る
家賃収入を得ることも可能です。

そして何よりも重要なことは、これらのアセットクラス(運用手法)が
それぞれ逆相関の値動きをすることから、一方が暴落・不調な時期には、
片方の運用成績で利益を上げるという、全方位型の投資を行うことが
可能になるのです。


あなたもこの、株式投資・債券投資・不動産投資の
「資産3分法」によって、相場や時代の波によって左右されない
確固としたハッピーリタイアメント生活を手に入れませんか?

カリキュラム

序章 自己紹介
・ 私の投資歴
・ セミリタイアの夢と、実現への道
第1章 資産三分法 (アセットアロケーション ):イントロダクション
・ 資産三分法とは何か?
第2章 バリュー株投資の基本と実践
・ バリュー株投資の基本と優位性
・ 財務諸表の基礎について知っておこう
・ バリュー投資には「資産バリュー投資」と「収益バリュー投資」がある
・ 「資産バリュー投資」と「収益バリュー投資」の違いとは?
・ 財務3表を理解する
・ PER,PBR,PCFR,EV/EBITDA倍率とは?
・ 資産バリュー投資の方法論
〜BSにおける安全域
・ 収益バリュー投資の方法論
〜優れたビジネスモデルにおける安全域
・ 「コスト優位モデル」「高付加価値モデル」
 「ニッチ特化モデル」を見極めよう!
・ 個別銘柄選択の基準とアプローチ方法
・ 講師本人のポートフォリオ構成銘柄、一口コメント
第3章 債券投資の基本と実践
・ 意外と知られていない、債券投資の魅力
・ 極めて高い確率で守られつつ、高いリターンも目指せる魅力的な投資手法
・ 債券投資の基本と優位性
・ 国内債券と外国債券、外貨MMFの違い
・ 債券投資の実践
・ 債券投資におけるキャピタルゲインとは?
〜複利との相乗効果によって大きなリターンを目指そう
・ 株式との特性比較分散投資〜どのような組み合わせが望ましいのか
第4章 不動産投資の基本と実践
・ キャッシュフローの王様、それが不動産投資
・ 不動産投資の基本と優位性
・ 不動産投資の実践
・ 物件探しの方法
・ 金融機関との付き合い方
・ 「土地付き一棟もの」を活用して大きく伸ばす
・ 不動産投資は「土地」が重要
・ 不動産投資のチームを作ろう!(管理会社、税理士、金融機関・・・)
・ 税金対策〜減価償却の活用
・ 紙の資産(株式・債券)と特性比較、分散投資
・ アセットアロケーションの配分比率
第5章 資産三分法 (アセットアロケーション):総括
・ 資産三分法を実践するにあたっての注意点
・ 長続きさせるためのコツ
・ まずは何から取り組むべきか
終章 最後に
・ セミリタイア生活における私
 「健康」「パートナー、家族」「趣味」
 「仕事、社会貢献」
・ 資産三分法を活かして、ハッピーリタイアメントを実現しよう!

講師紹介

KEN 氏
バリュー株投資家、 債券投資家、賃貸不動産経営

東京大学大学院卒。
外資系IT企業(10年)、経営戦略コンサルティング(10年)
機械系商社(4年)勤務を経て、2016年秋に退職。
バリュー株投資歴25年、債券投資歴20年、賃貸不動産経営歴8年。
バリュー株投資を中心とした資産三分法(アセットアロケーション)
でセミリタイアを実現。
2005年にファイナンシャルアカデミー主催セミナー「バリュー株投資による資産づくり」にて講師を務め好評。当年度の「金賞」となる。

セミナーの申込みはこちら

日程 開催日決まり次第公開します。
開催場所 東京・新宿校 会場地図はこちら
受講料

【通常料金】15,000円(税別)

支払い方法 * クレジットカード
VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/DC/JACCS
* Amazon Pay
* 銀行振込

申込みは締め切りました


「受講料返金制度」について

「内容が受講料に見合わない」と感じられた場合には、受講料の全額返金に応じます。
講座のクオリティに自信がある当校ならではの保証制度です。

ファイナンシャルアカデミー制度規約

この制度規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催するメインスクール、ゼミ、アドバンススクール、その他の有料講座の受講料等や受講サポート制度の適用に関する規約を定めるものです。

メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに該当する講座の一覧はこちらで確認できます。

T.受講料等

・受講を希望する講座ごとに定められた受講料を納入することで、該当講座の受講権利が得られるものとします。なお、メインスクールを初めて受講する際は、特に優待・免除されている場合を除いては入学金を納入するものとします。

U.受講期間

・メインスクール、ゼミ、アドバンススクール

WEB受講    教材発送日から 2年間
WEB+生放送LIVE受講*  教材発送日から2年間
WEB+教室受講 教材発送日から 2年間
*生放送LIVE受講は、一部の講座のみが対象です。

・メインスクール

WEB受講期間中に限り、生放送LIVE受講パス・教室受講パスを追加申込みすることができます。その場合の受講期間は、WEB受講の教材発送日から2年間のまま変更はありません。
*受講期間中に教室受講パスから生放送LIVE受講パスへ変更することはできません。生放送LIVE受講パスから教室受講パスへの変更も同様です。

・ゼミ、アドバンススクール

WEB受講期間中に限り、教室受講パス(1回参加権利)を何度でも追加で申込みすることができます。追加で購入したパスの受講期間は、WEB受講の教材発送日から2年間のまま変更はありません。

V.受講方法

〈WEB受講について〉

・マイページから動画を視聴できます。
*動画配信は、教室開催された授業すべてが対象となるものではありません。
*動画配信の対象となる授業については、開催日から原則として3営業日以内に動画が配信されます。

〈生放送LIVE受講について〉

生放送LIVE受講をするためには、生放送LIVE受講パスの申込みが必要となります。各講座で定められた開催単位ごとに生放送LIVE受講予約が必要となります。
開催日の公開と同時に、マイページから生放送LIVE受講予約ができます。

・メインスクール

マイページで生放送LIVE授業の予約ができます。
受講期限中は何度でも生放送LIVE授業に参加できますが、1度に予約できる回数にはスクールごとに定められた上限があります。上限に達した場合には、予約した講座の開催日を過ぎると、その回数分が新たに予約できるようになります。

〈教室受講について〉

教室受講をするためには、教室受講パスの申込みが必要となります。各講座で定められた開催単位ごとに教室受講予約が必要となります。

・メインスクール

開催日の45日前からマイページで教室受講予約ができます。
受講期間中は何度でも教室での授業に参加できますが、1度に予約できる回数にはスクールごとに定められた上限があります。上限に達した場合には、予約した講座の開催日を過ぎると、その回数分が新たに予約できるようになります。

・ゼミ、アドバンススクール

教室受講パス(1回参加権利)がある場合、教室での授業開催予定の公開と同時に、マイページから教室受講予約ができます。
教室受講パス(1回参加権利)を追加申込みすることで複数回の参加も可能です。

W.受講サポート制度

(1)受講料返金制度

ファイナンシャルアカデミーが開催するすべての有料講座に適用されます。
受講した講座の内容に満足できなかった場合、以下の条件をすべて満たしていれば、1人1回まで受講料を全額返金します。

  • 教材発送日から30日以内(教材がない講座の場合には、講座に参加した日から30日以内)に、当校事務局へ「受講料返金制度」の利用を希望する旨を申し出ること
  • 受講料返金制度利用の申し出から7日以内必着で、以下の書類・教材をすべて事務局に送付すること
    1. 当校指定の返金依頼書
    2. 顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)のコピー
    3. 教材一式(教材がある講座のみ)
  • 返金を希望する理由が受講料返金制度の主旨から外れていないこと

[受講料返金制度の利用の流れ]

  1. 受講料返金制度の利用を希望する旨を、事務局にご連絡ください。
  2. 事務局から「返金依頼書」をメール送付もしくは郵送します。
  3. 返金依頼書に必要事項を記入のうえ、顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポートなど)のコピーとすべての教材を事務局にお送りください。
    その際の送料はご負担ください。
  4. 事務局にて内容を確認し、不備・不足がなければ返金時期をメールで通知します。返金のタイミングおよび返金方法は、申込み時の条件により異なります。

[受講料返金制度の対象とならないケース]

  • 教材発送日より31日以上が経過している場合
  • 制度を利用する旨の連絡を事務局が受領してから7日以内に当校必着で、すべての書類・教材を返却できない場合
  • 規定回数を超えて制度の利用を希望した場合
  • 当校の教材を第三者からの売買・譲渡を通じて二次的に取得した場合
  • その他、当校が受講料返金制度の主旨から外れる利用と認めた場合

[注意点]

  • 内容に満足しなかった場合にのみ利用できる制度です。そのため受講料返金制度を利用した講座には再申込みできません。
  • 教材返送時の送料はご負担ください。着払いで返送があった場合、受講料から送料を差し引いた金額を返金します。
  • 受講料返金制度の利用は、当校が開催するメインスクール、ゼミ、アドバンススクール、セミナーのWEB受講・生放送LIVE受講・教室受講(対象講座一覧はここから)の、すべての講座を通じて1人1回までとなります。たとえば、不動産投資スクールで受講料返金制度を利用した場合、株式投資スクールなど他の講座では受講料返金制度は利用できません。
  • 複数講座・家族同時受講優待制度を利用した場合、受講料返金制度は同一生計内にて1講座のみ適用となります。
    たとえば 、不動産投資スクールと株式投資スクールを複数講座・家族同時受講優待制度にて申込んだ場合、受講料返金制度はどちらか一方の講座にのみ適用となります。
    また、受講料返金制度を利用することで単独の受講となった場合、複数講座・家族同時受講優待が適用されなくなるため、2つ目の優待金額分を差し引いた金額を返金します。

    (例)複数講座・家族同時受講優待制度を利用して申込み、1つ目の講座に受講料返金制度を適用する場合
     ・1つ目(1人目)不動産投資スクール 基本受講料 298,000円(税別)
     ・2つ目(2人目)株式投資スクール  基本受講料 198,000円(税別)(申込み当初、受講料100,000円(税別)を優待)

    2つ目(2人目)が100,000円(税別)優待されているため、298,000円(税別)から100,000円(税別)を差し引いた198,000円(税別)を返金します。

(2)複数講座・家族同時受講優待制度

複数のメインスクールを同時に決済(同時支払い)する場合、2つ目(2人目)以降のメインスクールの基本受講料が一部優待されます。
基本受講料に違いがあるメインスクールを同時に申込む場合、受講料が低いほうのメインスクールに優待が適用されます。
希望する場合、手続き方法を案内しますので、事務局までご連絡ください。
・1つ目(1人目)の基本受講料 298,000円(税別)
 2つ目(2人目)の基本受講料 298,000円(税別) → 100,000円(税別)優待
・1つ目(1人目)の基本受講料 298,000円(税別)
 2つ目(2人目)の基本受講料 158,000円(税別) →  50,000円(税別)優待
・1つ目(1人目)の基本受講料 158,000円(税別)
 2つ目(2人目)の基本受講料 158,000円(税別) →  30,000円(税別)優待

※複数講座・家族同時受講優待制度を利用している2人目の受講生を基準にして、本制度を利用することはできません。必ず正規の基本受講料を納入した1人目の受講生が基準となります。
※本制度を適用する場合、2人目以降の受講生の入学金[30,000円(税別)]は免除されます。

(3)休学・復学制度

メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに限り適用されます。
やむを得ない理由により一時的に受講の継続が困難な場合に、受講期間中に1度、最大1年間休学することができます。

[休学・復学制度の利用の流れ]

  1. 「休学・復学制度」の利用を希望する旨を、事務局に連絡してください。
  2. 事務局から「休学届」もしくは「復学届」をメール送付もしくは郵送します。
  3. 届出書に必要事項を記入のうえ、事務局にお送りください (送料はご負担ください)。
  4. 事務局にて内容を確認し、不備がなければ、届出を受領した旨をメールでお知らせします。

[注意点]

  • 「休学届」を提出した場合、休学開始日からWEB受講、生放送LIVE受講、教室受講、該当講座の受講生を対象としたイベントへの参加ができなくなります。「復学届」を提出した場合、復学日からWEB受講、生放送LIVE受講、教室受講、その他イベントへの参加ができます。
  • 休学期間を問わず、休学が申請できるのは受講期間中に1度限りです。

(4)継続受講制度


メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに限り適用されます。

受講期間終了後3カ月以内であれば、所定の受講料を納入することで、受講期間終了日からさらに2年間延長することができます。

(例)不動産投資スクールを継続受講制度を利用して受講する場合
WEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
WEB + 生放送LIVE受講   378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)
WEB + 教室受講 378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)

2006 年1月1日制定・施行
本規約は、2018年 6月 1日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年 3月15日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年11月11日より一部改訂施行されました。
本規約は、2020年7月1日より一部改訂施行されました。


ファイナンシャルアカデミー受講規約

この受講規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催する全ての講座の受講にあたっての規約を定めるものです。


T.受講に際しての禁止事項
・講座内容の録音、録画等はお控えください。
・複数人での受講はお控えください。
・企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるためお断りしています。
・受講に必要なID、パスワード、URL等の貸与は一切禁止します。貸与の事実が発覚した場合は、当校は受講生に対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限することができるものとします。
・当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
・以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
1. 授業を録音、録画した人
2. 教科書の転写・複写または、ウェブサイト等へ公開した人
3. ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人*
4. 他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
5. 受講に必要なID、パスワード、URL等を貸与した人
6. ひとつの受講権利を使い、複数人で受講した人
7. 授業の進行に支障をきたす言動をする人
8. 飲酒している人
9. 立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
10. その他、当校の運営上、事務局が不適切と判断した人


*当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
・これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。
被害を最小限に抑えるため、次の方法にて名前・斡旋先名・企業名などを公開する場合があります。
(1)教室やイベント会場での掲示
(2)当校ホームページへの掲載
(3)受講生へのメール送付等


U.生放送LIVE受講規約
ファイナンシャルアカデミーが開催する全ての生放送LIVEでの受講にあたって適用されます。
・授業当日に提供される学習に必要な補助資料は、受講生が授業開始前までに予め準備するものとします。
・最低開催人数は5名とします。
・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。


V.教室受講規約
ファイナンシャルアカデミーが開催する全ての教室での受講にあたって適用されます。
・最低開催人数は5名とします。
・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音などが他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
・15歳未満の方については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りしています。
・資料は授業に参加した人にのみ配布しています。当日欠席した場合はマイページよりダウンロードをお願いします。
・講義中に、当校及び当校グループのホームページ上に開催報告として掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、お気軽に事務局までご連絡ください。

2006 年1月1日制定・施行
本規約は、2018年 6月 1日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年 3月15日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年11月11日より一部改訂施行されました。
本規約は、2020年7月1日より一部改訂施行されました。


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2020年6月1日追記

5月25日(月)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の解除を受け、教室での講座を順次再開いたします。
教室での感染予防・拡大防止の取り組みの詳細はこちらをご確認ください。

2020年5月4日追記

本日政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、 教室での講座開催の中止を2020年5月31日(日)まで延長いたします。

2020年4月8日更新

政府からの「緊急事態宣言」を受け、2020年3月28日(土)から2020年5月6日(水)まですべての教室での講座開催を中止いたします。
また、同期間において、対面による対応をすべて休止させていただきます。

<対象校舎>
・丸の内本校
・丸の内本校2号館
・有楽町校
・大阪校

<同期間中の講座開催について>
・スクール及びゼミ
開催を予定していたすべての講座について
受講生なしで撮影を行い、WEB受講できるようにいたします。
準備が出来次第、順次マイページにアップいたします。

・各種入門講座
同内容のWEB講座を期間限定で無料開放します。
(通常1,000円)

5月7日(木)以降の対応につきましては感染状況等を踏まえて都度対応していく所存です。
最新の情報につきましては、ウェブサイト、メール等にて随時お知らせいたします。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土日祝]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る