メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

『作曲家大家さん』直伝!

不動産投資でサラリーマンを引退して
自由とお金を両立する方法

イメージ写真
日程 開催日決まり次第公開します
開催場所 東京 新宿本校 会場はこちら
受講料 14,800円(税別)
学べること

本セミナーのゴールは、「サラリーマンを引退し、自由な人生を歩む」ことです。
そのために必要な「ライフプラン」の考え方から説き起こし、「絶対値」と「比率」を駆使して引退に必要な条件を導き出していきます。また、そのプランを実現するための具体的な方法について、各自シミュレーションを行う実習付きセミナーです。
※実習で使用するため、「筆記用具」と「電卓」をご持参ください

【参加者限定の特典】
30年分のキャッシュフロー、返済比率、積算評価、減価償却費、売買損益、その他諸々を計算し、数字とグラフでまとめて表示することのできる、収支シミュレーションエクセルシートをプレゼントします。

こんな人におすすめ

・サラリーマンを引退したいと真剣に考えている人
・自由を手に入れて自分の好きなことをやりたいと考えている人
・不動産投資に興味があり、ある程度勉強している人
(物件は持っていなくてもよいが、「利回り」「積算」「RC」など、基本的な用語は理解していることが望ましい)

申込み遷移ボタン

セミナー内容

「サラリーマンを引退して自由になりたい…」と真剣に考えているあなたへ

サラリーマンを引退するために不動産投資で何が必要か、きちんと理解していますか?
「老後の資産形成」と「サラリーマン引退」では、取るべき戦略が全く異なります。
基準が曖昧なまま何となく物件を買うのでは、「大家さん」にはなれても、「引退する」ことはできません。

本講座の目的はズバリ、
「あなたがサラリーマンを引退し、自由な人生を歩む」
ことです。

「ライフプラン」から説き起こし、「絶対値」「比率」を駆使して、引退するための不動産投資戦略を徹底解説します。
従いまして、「定年までサラリーマンを続けたい」という方にはオススメいたしません。

イメージ写真1

このページのトップへ

その「投資法」や「物件」で引退できますか?

不動産投資をしようと思って、書籍やセミナーなどで勉強をはじめると、
様々な投資法を目にすることになると思います。

築古物件投資、積算重視投資、ワンルーム投資、etc…

また、いざ物件検索サイトで物件を探してみると、
新築、中古、木造、鉄骨、RC、一棟、区分、など
多種多様な物件が並んでいますよね。

そしてそれぞれに、利回り、築年数、積算、立地、等々・・・
条件が全て違い、1つとして同じ物件はありません。

そこであなたは迷いはじめます。

「やっぱり高利回りの木造築古がいいのかな・・・
 いや、耐用年数を考えると新築がいいな・・・
 でも現金が足りないな・・・
 高積算RCならフルローンで・・・
 でもちょっと怖いかな・・・
 区分がハードル低いからまずはそこから・・・
 でも実質利回りが低いな・・・
 やっぱり高利回りの・・・
 (以下無限ループ)」

そして疲れたあなたは、
「よく分からないから、とりあえずいくつか資料請求して物件調査してみよう!」となり、
不動産業者へ足を運ぶことに。

そこで営業マンからお勧めの物件を紹介され、
それっぽい収支シミュレーションシートを提示され、
「何となく良さそうだ」と思って話を進めてしまう。

しかし、これでは当初の目的から外れ、
サラリーマン引退が遠のくような物件の買い方をしてしまう可能性
があります。

なぜなら、不動産業者(コンサルタント含む)は、あなたの物件取得は応援してくれても、
あなたの「サラリーマン引退」のことはわからない
からです。

また、仮にサラリーマンを引退できたとしても、その後安定して賃貸経営を続けていけるでしょうか?
数年後に破綻してしまうようでは、何のために引退したのか分かりませんよね。

イメージ写真2

このページのトップへ

「サラリーマン引退」という目標の実現方法と
引退後のリスク管理までを徹底解説!

本講座では、
「サラリーマン引退」という明確な目標を達成するために、
どのような物件を、どのような条件で、どの程度購入していけばよいのか

ということを、解説と実習を通じて明確にしていきます。

とはいえ、特定の手法や特定の物件を推奨するわけではありません。
引退に近づくかどうかは、「物件と融資の組み合わせ次第」なのです。

あなたはどのような物件と融資条件を組み合わせれば引退に近づくのか、
明確な判断基準を持っていますか?

また、引退前と引退後でどのように収支構造が変わるのか
破綻しないために重視しなければならないポイントは何か
といったことも知っておかなければなりません。

そういったサラリーマン引退に直接関わる話の他、
目標達成に向けた工夫、陥りやすいワナ、マインド面での考え方、出口戦略に至るまで
トータルに解説します。

さらに、受講者特典として、講師が数年かけて改良を重ねた
収支シミュレーションエクセルシートをプレゼントします!

これは30年分のキャッシュフロー、返済比率、積算評価、減価償却費、売買損益、その他諸々の数値を計算し、
数字とグラフでまとめて表示してくれる優れものです。

まさに、「サラリーマンの引退」を真剣に考えて
不動産投資の勉強をしている方にオススメの講座です!

カリキュラム

第1部:自由とお金を両立するための「ライフプラン」
自由とお金を両立するために必要となる、基本的な考え方について説明します。

1. 自由とお金のジレンマ
お金を求めて仕事をすれば自由がなくなり、自由を求めて仕事を辞めればお金がなくなる

2.「好きなことを仕事に」の問題点
好きなことをやってワクワクしていればお金が儲かる…?

3. 自由とお金を両立するライフプラン
自由とお金を両立するためには、勤労所得で生計を立ててはいけない

4.「サラリーマン引退」のとらえかた
引退とは南の島でグータラすることではない
第2部:引退するための「絶対値」
「サラリーマン引退」から投資上の目標値(絶対値)を導く考え方について説明します。

1. サラリーマンを引退するために必要なこと
「家賃収入」が1億円あっても引退できるとは限らない

2. 間違いだらけのキャッシュフロー
その「キャッシュフロー」は本当に手元に残るのか?

3. サラリーマン引退の目安
人生の時間を取るか、お金の余裕を取るか

4. 収益性 VS 資産性
資産があってもキャッシュがなければ引退できない

5. 引退するための目標を立てる
目標を立てないのは行き先を決めずに電車に乗るようなもの
第3部:破綻しないための「比率」
不動産投資において破綻しないために管理する必要のある比率について説明します。

1. 行き着く先は返済比率
引退する上で返済比率を重視すべき2つの理由

2. 現預金比率の考え方
手元にどれだけお金を残しておくべきなのか

3. 頭金・融資期間について
「頭金を多く入れたほうが安全」「借金は早く返したほうがいい」は本当か?

4. 耐用年数の考え方
法定耐用年数を超えたら価値はゼロ…?

5. 引退後の収支構造
自由であり続けるために
第4部:実習
サラリーマンを引退するための目標を設定し、物件購入シミュレーションを行います。
第5部:その他
出口戦略、銀行交渉、不動産投資と会社バレ、その他

講師紹介

  • 講師写真:田嶋 祐介
  • 田嶋 祐介 / Yusuke Tashima

    1977年生まれ、神奈川県出身。

    大学在学中に「音楽で仕事をしたい」と思い立ち、ビクター音楽カレッジ(現在閉校)にダブルスクール。なけなしのお金で機材を揃え、作曲・アレンジを習いはじめる。

    大学卒業後、音楽だけでは食べていけないためIT業界へ就職し、技術者としてWebサイトのセキュリティ診断などに従事。一方、作曲家として作家事務所に所属、テレビ番組やAKB48などの作曲を手がける。

    しかし、人生の時間の大半を会社に捧げる生活に疑問と限界を感じ、サラリーマン引退を決意。2009年にファイナンシャルアカデミー主催の『不動産投資スクール』へ通い、33歳の時に横浜市に1棟目のアパートを取得、不動産投資を始める。その後も物件を買い進め、夫婦で5棟37戸を購入。

    2014年、37歳でサラリーマン生活へ終止符を打ち、『作曲家大家さん』として作曲と不動産投資を中心に活動。また、2015年からは『不動産投資スクール』本編の講師も担当している。

    宅地建物取引士、AFPファイナンシャルプランナー。

セミナーの申込みはこちら

日程 開催日決まり次第公開します
開催場所 東京 新宿本校 会場はこちら
受講料 14,800円(税別)
お支払い * 銀行振込
* クレジットカード
(一括払い・分割払い・リボ払い)
クレジットカードロゴ
「受講料返金制度」について

「内容が受講料に見合わない」と感じられた場合には、受講料の全額返金に応じます。
講座のクオリティに自信がある当校ならではの保証制度です。

ファイナンシャルアカデミー制度規約

この制度規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催するメインスクール、ゼミ、ミニスクール、その他の講座の受講にあたっての規約を定めるものです。

メインスクールとは、不動産投資スクール、株式投資スクール、外貨投資・FXスクール、お金の教養スクール、定年後設計スクールの5つのスクールの総称です。 その他のゼミ、ミニスクールに該当する講座の一覧はこちらで確認できます。

T.受講期間
・メインスクール
WEB受講    教材の受け取りから 2 年間
WEB+教室受講  初めて教室で受講してから 2 年間(通算で最大 3 年間)
*教室での初回受講は、原則教材を受け取ってから 1 年以内となります。1 年を越えても受講することができますが、その場合でも有効期間は教材受け取りから 3 年間となり、教室での受講可能期間は2年間より短くなります。

・ゼミ、ミニスクール
WEB受講    教材の受け取りから 2 年間
WEB+教室受講    教材の受け取りから 2 年間
*受講の有効期限内で教室受講が1回できます。

U.受講方法
〈WEB受講について〉
・マイページから視聴できます。
*最新の講義は開催日から3営業日以内に動画配信されます。
*動画配信は、すべての開催講座が対象ではありません。

〈教室受講について〉
教室受講をするためには、教室受講パスの申込みが必要となります。教室受講は当該講座のWEB受講を申込んでいる場合のみ可能です。また、すべてのメインスクール、ゼミ、ミニスクールにおいて、各講座で定められた開催単位ごとに教室予約が必要となります。

*WEB受講期間中に教室受講パスを追加で申込みした場合、受講期間は、初めて教室で受講してから2年間となります。ただし、WEB受講期間の開始から1年を経過して申込みした場合、受講期間はWEB受講の開始から通算で最大3年間となり、教室での受講可能期間は2年間より短くなります。

・メインスクール
開催日の45日前からマイページで教室予約ができます。 スクールごとに1度に予約できる回数に上限があります。上限に達した場合も、予約した講座の開催日を過ぎると、開催終了講座の回数分を予約できるようになります。

・ゼミ、ミニスクール
新規開催の公開と同時にマイページから教室予約ができます。
教室受講パス(1回参加権利)を利用して、教室に参加できるのは1回限りですが、教室受講パス(1回参加権利)を追加申込みすることで複数回参加することも可能です。

マイページの詳しい利用方法については、教材に同梱している『受講の手引』をご確認ください。

V.受講に関する制度

(1)受講料返金制度
ファイナンシャルアカデミーが開催するすべての講座に適用されます。
受講した講座の内容に満足しなかった場合、以下の条件をすべて満たしていれば、1人1回まで受講料を全額返金します。

・教材受け取りから30日以内に、当校事務局へ「受講料返金制度」の利用を希望する旨を申し出ること(教材がない講座の場合は、講座に参加した日から30日以内)
・受講料返金制度利用の申し出から7日以内必着で、以下の書類・教材をすべて事務局に送付すること
  ・当校指定の返金依頼書
  ・顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなどのコピー)
  ・教材一式(教材がある講座のみ)
・返金を希望する理由が受講料返金制度の主旨から外れていないこと

[受講料返金制度の利用の流れ]
1. 受講料返金制度の利用を希望する旨を、事務局にご連絡ください。
2.事務局から「返金依頼書」をメール送付もしくは郵送します。
3.返金依頼書に必要事項を記入のうえ、顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポート等のコピー) とすべての教材を事務局にお送りください。
その際の送料はご負担ください。
4.事務局にて内容を確認し、不備・不足がなければ返金時期をメールで通知します。返金のタイミングおよび返金方法は、申込み時の条件により異なります。

[受講料返金制度の対象とならないケース]
・教材受け取り日より31日以上が経過している場合
・制度を利用する旨の連絡をいただいてから7日以内必着で、すべての書類・教材を返却できない場合
・規定回数を超えて制度の利用を希望した場合
・当校の教材であっても第三者からの売買・譲渡を通じて二次的に取得した場合
・その他、当校が受講料返金制度の主旨から外れる利用と認めた場合

[注意点]
・内容に満足しなかった場合にのみ利用できる制度です。そのため「受講料返金制度」を利用した講座には再申込みできません。
・教材返送時の送料はご負担ください。着払いで返送された場合、送料を差し引いた額を返金します。
・受講料返金制度の利用は、すべての講座を通じて1人1回までとなります。例えば、不動産投資スクールにて受講料返金制度を利用した場合は、株式投資スクールなど他のスクールでは受講料返金制度は利用できません。
・講座同時受講優待などを利用した場合、「受講料返金制度」は1講座のみ適用となります。例えば、不動産投資スクールと株式投資スクールを申込んだ場合、「受講料返金制度」はどちらかの講座のみ適用となり、受講料については優待適用後の金額を返金します。

(2)複数講座同時受講優待
メインスクールのうち、いずれか2つ以上のスクールを同時に申込んだ場合に限り適用されます。同時に申込んだ2つ目以降のスクールすべてのWEB受講料が一部優待されます。

*優待される受講料は申込み講座の組合せによって異なるので、詳細は事務局まで問合せください。
*他の特典と併用することはできません。

(3)家族優待
メインスクール、ミニスクールのうち、同じスクールを、家族で同時決済(同時支払い)する場合に限り適用されます。夫婦・婚約者・親子・兄弟姉妹に限り、2人目のWEB受講料が半額、教室受講パスが無料になります。

(例) 不動産投資スクールを家族優待を利用して夫婦で受講する場合
2人目のWEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
※教室受講パスが無料になるのは、1人目が教室受講パスを申込んでいる場合に限ります。1人目がWEB受講のみの場合には2人目もWEB受講のみとなります。

(4)休学・復学制度
メインスクールに限り適用されます。
やむを得ない理由により受講の継続が困難な場合に、受講期間中に1度、最大1年間休学することができます。

[休学・復学制度の利用の流れ]
1. 「休学・復学制度」の利用を希望する旨を、事務局に連絡してください。
2. 事務局から「休学届」もしくは「復学届」をメール送付もしくは郵送します。
3. 届出書に必要事項を記入のうえ、事務局にお送りください (送料はご負担ください)。
4. 事務局にて内容を確認し、不備がなければ、届出を受領した旨をメールでお知らせします。
[注意点]
・「休学届」を提出した場合、休学開始日から教室受講予約、WEB受講ができなくなります。「復学届」を提出した場合、復学日から教室受講予約、WEB受講ができます。
・休学中は、教室受講、WEB 受講、質問会への参加ができません。
・休学期間を問わず、休学が申請できるのは受講期間中に1度限りです。

(5)継続会員コース
メインスクール、ゼミ、ミニスクールに限り適用されます。

受講期間終了後3ヵ月以内であれば、所定の受講料を納入することで受講期間をさらに2年間延長することができます。

(例)不動産投資スクールを継続会員コースを利用して受講する場合
WEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
WEB + 教室受講 378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)

なお、不動産投資スクール、株式投資スクール、外貨投資・FXスクールについては、受講期間を終了しても利益が出なかったときは、所定の要件に基づいて申請を行うことで、継続会員コース(WEB受講のみ)の受講料の納入が免除になる制度があります。
希望する場合は、事務局にご連絡ください。申請方法と提出書類のご案内をします。

2006 年1 月1 日制定・施行
本規約は、2018年8 月1 日より改訂施行する。


■教室受講規定
・授業中の録音、録画等はお控えください。
・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音など他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
・小さなお子様については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りしています。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更する場合があります。
・一定人数に達しない場合や、講師の急病などにより、授業の開催を延期または中止する場合があります。
・当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
・以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
1. 授業を録音、録画した人
2. ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人
3. 授業の進行に支障をきたす言動をする人
4. 飲酒している人
5. 他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
6. 立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
7. その他、事務局が不適切と判断した人
・企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるためお断りしています。
・資料は授業に参加した人のみ配布しています。当日欠席した場合はマイページよりダウンロードをお願いします。
・講義中に、当校及び当校グループのホームページ上に開催報告として掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、お気軽に事務局までご連絡ください。


■勧誘行為に関する禁止規定
・当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
・これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。被害を最小限に抑えるため、名前・斡旋先名・企業名などを(1)教室やイベント会場での掲示、(2)当校ホームページへの掲載、(3)受講生へのメール送付等によって受講生への注意喚起を行うことがあります。

2018年8 月1 日より改訂施行

このページのトップへ


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る