お金の教養が身につくスクール ファイナンシャルアカデミー

メニューボタン

Financial Academy お金の教養が身につく総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー

マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。15年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介

ファイナンシャルアカデミーが選ばれる理由
人気の5スクールを紹介
申込みから受講開始までの流れ
受講生に選ばれた実績ある講師陣
通いやすく快適な受講環境

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

お金教養
フェスティバル

〜 未来のお金のつくり方 〜
2018
開催日 2018年2月17日(土) 
12:00 〜 17:00
会場 東京ビッグサイト 国際会議場
定員 先着 1,000名  参加費無料
講師 桐谷広人/藤川里絵/藤本真衣/菅沼尚宏/竹中平蔵

イベント概要

Finance as Liberal Arts Festival 2018

〜 未来のお金のつくり方 〜

過去13回で延べ2万2千人を動員した、日本最大級のお金の教養フェスティバルを今年も開催します。

今年のテーマはズバリ、「未来のお金のつくり方」。

2017年は、日経平均株価が26年ぶりの高値をつけた年となりました。さらに、公示価格を始めとする日本の不動産価格も都市部では上昇し、NYダウ平均株価も過去最高値を更新し、仮想通貨ビットコインも1年で20倍近い値となり、新しいお金の時代の訪れを感じた1年間となりました。

そしてテクノロジーも日々進化し続けています。スケジュール管理は手帳からGoogleカレンダーに変わり、地図はMapアプリになり、デジカメは持たなくなり、買い物はオンラインになり、ほぼすべての機器がWi-fiやBluetoothでつながり、クラウドでデータ共有されます。

日に日に便利になる社会では、常に新たな技術や企業が生まれ、急拡大を遂げています。たとえば、Google、Facebook、LINE、グリー、クックパッド、スタートトゥディ。この10年で急成長をしたサービスや企業を挙げたらきりがありません。

では、これからの未来。
どうなるか予測できるでしょうか?

そして今、バブルなのか?それともガイアの夜明けなのか?
判断できるでしょうか?

そんな予測の難しい今だからこそ、「未来のお金」に目を向けると答えが見えてきます。

今回は、様々な知見をもつ5人の講師陣が、これからの時代を生き抜くための「未来のお金のつくり方」をお話しします。

これからの10年で急成長をするイノベーションの本質とマーケットを知ることができれば、ビジネスをするうえでも、資産運用をするうえでも、大きなプラスに働くでしょう。

これからのビジネスチャンスを見つけるために。そして投資の波に乗るために。

お金の教養フェスティバル2018で、「未来のお金のつくり方」を学んでいきましょう!

開催日時
2018年2月17日(土)
12:00 〜 17:00
会場
東京ビッグサイト 国際会議場
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
アクセスは詳細はこちら
定員
先着 1,000名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加費
無 料
主催
ファイナンシャルアカデミー

プログラム

Finance as Liberal Arts Festival 2018

第一部 12:00 〜 13:00


写真提供/日経マネー(日経BP)

桐谷 広人
ー Hiroto Kiritani

将棋棋士
個人投資家

桐谷流、人生が楽しくなる株主優待生活

テレビ・雑誌でおなじみの桐谷広人さんから学ぶ株主優待生活。
時価総額2億数千万円の株を保有し、約800社の株主優待券だけで暮らす桐谷さんが、現在の株主優待の魅力、未来の株主優待のやり方などをお伝えします。
桐谷さんの超個性的で究極に面白いライフスタイルを交えながら、これから株主優待を始めたい人も、今まさに活用している人にも、すべての人たちに勇気を与える1時間です。

Profile

将棋棋士・個人投資家。広島県竹原市出身。
升田幸三実力制第四代名人門下(棋士番号120)。2007年に引退。
近年は、バラエティ番組「月曜から夜ふかし」でのテレビ企画をきっかけに、株主優待を使いこなす個人株式投資家として有名になり、マスメディアに頻繁に登場している。

主な著書

「桐谷さんの株主優待生活」(2013年10月、角川書店)
「桐谷さんの株主優待ライフ」(2013年10月、小学館)
「桐谷さんが教えるはじめての株主優待」(2013年11月、総合法令出版)
「桐谷さんのもっと儲かる株主優待生活 NISA対応版」(2014年09月、KADOKAWA)

第二部 13:15 〜 13:45

藤川 里絵
ー Rie Fujikawa

株式会社キリオフィス代表
個人投資家

月収15万円からの株入門
数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法

"株式投資"と聞いただけで、「私にはムリっ! 」とそっぽを向いてしまう数字オンチの人にこそ聞いてほしい、株式投資の方法を解説します。 難しい数式や数字の羅列や、はたまた投資指標といわれる英文字にさえクラクラしてしまう数字オンチの株初心者も、株式投資をスタートしたくなること間違いなしです。 誰にでも再現可能で、普通の人にも成果が出せる、基本に忠実でシンプルな投資法をお伝えします。

Profile

ファイナンシャルアカデミー認定講師として、「お金の教養スクール」「株式投資スクール」など多数講座を担当。初心者にもわかりやすいと好評の株式投資スクールは、受講生の7割近くが女性で、毎回、満席になるほどの人気。2010年より株式投資をはじめ、一度も年間の損益がマイナスになったことがないのが自慢。

第三部 14:10 〜 14:50

藤本 真衣
ー Mai Fujimoto

株式会社グラコネ代表

ブロックチェーンに見る、ビットコインの未来

「ビットコイン」、「ブロックチェーン」このワードを聞かない日はなくなりました。未来の先進的な技術であるにも関わらず、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。 いまさら聞けなくなってしまった「ブロックチェーン」の仕組みと、その仕組みを利用した仮想通貨「ビットコイン」が、どのような「未来」を作り出すのか、ミスビットコインが解説します。

Profile

大学在学中にアルバイトから始めた仕事に夢中になり大学中退。19歳よりフリーランスとして活動を始めグループ会社で営業成績No.1の結果を残す。
その後、芸能活動を再開。CM出演、舞台出演を経験。2011年芸能活動を休止。
会員数50万人の子ども向けWEBコンテンツ「キッズ時計」の立ち上げや、24万人の "いいね!" を持つ「いいね!JAPAN」のコンテンツプロデュースで活躍。2014年1月に株式会社グラコネを設立。
イベントプロデュースやマッチングビジネスを中心に活躍。仮想通貨Bitcoinを初心者向けにわかりやすく伝えるポジションとして、Miss Bitcoin Japanと呼ばれている。

第四部 15:05 〜 15:35

菅沼 尚宏
ー Takahiro Suganuma

株式会社タカプランニングジャパン代表

「クリエイター大家さん」直伝!不動産投資でセミリタイアする方法

セミリタイアできたらなぁと漠然と考えている人は少なくないでしょう。しかし、実際にセミリタイアするために具体的な行動をしている人は、ごく少数であることが現実です。 憶測だけで考えてしまいがちですが、自分の夢を明確に持ち、◯年後にセミリタイアするという目標が出来れば、あとは道筋に沿って進むだけです。 あなたも「自分にはできない」と憶測で考えるのはやめて、「どうやったらできるか」を真剣に考えてみませんか。

Profile

プロデューサー・作家・演出家・クリエイター・宅地建物取引士・AFPファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタント・相続コンサルタント。
1980年代、大学在学中に劇団を旗揚げし、作家・演出家として活動。
大学卒業後、メディア関係の会社に就職。サラリーマンディレクター兼クリエイターとして、番組・コンサート・舞台・イベントなど、様々なエンターテイメントを作り上げる。
2008年リーマンショックの経験と、また、母の死をキッカケに投資の勉強をスタート。2010年に都内の区分マンションを投資目的で購入。 その後、ファイナンシャルアカデミー主催の「不動産投資スクール」へ通い、一気に投資スピードを加速させる。

第五部 16:00 〜 17:00

竹中 平蔵
ー Heizo Takenaka

東洋大学国際地域学部教授
慶応義塾大学名誉教授

「人生100年時代」を見据えたお金の未来

AIやロボットといった新しいテクノロジー、医療の進化によって、現実味を帯びてきた人生100年時代の到来。 ただし、はっきりとは見えぬ未来に、漠然とした不安を抱く方が多いのではないでしょうか? 竹中先生が考えるいまの社会とこれからの社会の大きな違いを知り、「人生100年時代」に向けての目標を立ててみませんか?

Profile

1951年、和歌山県生まれ。
慶應義塾大学名誉教授、東洋大学国際地域学部教授。博士(経済学)。
一橋大学経済学部卒業後、1973年日本開発銀行入行。
1981年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。2001年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。
2004年参議院議員に当選。2006年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。
公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。

申込み

Finance as Liberal Arts Festival 2018
開催日時
2018年2月17日(土)
12:00 〜 17:00(開場11:30)
会場
東京ビッグサイト 国際会議場
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
アクセスは詳細はこちら
定員
先着 1,000名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加費
無料
主催
ファイナンシャルアカデミー

申込みはこちら

【ファイナンシャルアカデミー イベント参加規程】

1. 講演内容、講師は予告なく変更となる場合があります。
2. ネットワークビジネス、宗教、その他の営業行為等を行うことを禁止いたします。
3. イベント中の録音、録画、撮影等はご遠慮ください。

これまでの開催

Finance as Liberal Arts Festival 2018
  •  2017年 2月 5日(日)開催 お金の教養フェスティバル2017 - 場内は2,000名、満席となりました。
  •  2015年10月12日(月)開催 お金の教養フェスティバル2015 - 場内は1,200名、満席となりました。
  •  2014年10月11日(土)開催 お金の教養フェスティバル2014 - 場内は1,200名、満席となりました。
  •  2013年 9月 8日(日)開催 お金の教養フェスティバル2013 - 場内は2,000名、満席となりました。
  •  2012年 9月17日(日)開催 お金の教養フェスティバル2012 - 3,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2011年 2月20日(日)開催 お金の教養フェスティバル2011 - 3,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2010年 2月21日(日)開催 お金の教養フェスティバル2010 - 2,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2009年 5月16日(土)開催 投資フェスティバル2009 - 1,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2008年 4月20日(日)開催 投資フェスティバル2008

ファイナンシャルアカデミーとは
「お金の教養」を身につけるための
総合マネースクールです。

貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、資産運用、キャリア、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを学ぶことができます。 なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる お金の教養講座 も無料開催中。

【お知らせ】

本日1月22日(月)の新宿開催の講座につきまして、大雪による悪天候が予想されております。
各講座の開催状況は以下のようになります。

<開催>お金の教養講座 for woman 18時15分-19時45分

本日の講座は通常通り「開催」いたしますので、足元に気をつけてお越しください。
別日程への振替希望の場合は、申込み確認のメールより日程変更が可能です。


<中止>定年後設計スクール体験学習会 19時00分-21時30分

本日の講座は「中止」とさせていただきました。
別日程への振替希望の場合は、申込み確認のメールより日程変更が可能です。


<延期>収益マイホーム実践スクール 19時00分-21時30分

本日の講座は「延期」とさせていただきました。
今後の開催日程につきましては、後日改めましてメールにてご連絡させていただきます。

※大阪開催の「お金の教養講座Plus 18時40分-22時00分」は開催となります。

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
ページトップに戻る