メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384

ホーム > イベント > お金の教養フェスティバル2019
LINEで送る

お金教養
フェスティバル

〜 キャッシュレス時代に考えたいお金のこと 〜
2019
開催日 2019年1月12日(土)
13:00〜17:00
2019年1月13日(日)
13:00〜17:00
※開場12:30
会場 東京ビッグサイト 国際会議場(会議棟7F)
定員 各日程先着 1,000名  参加費無料
出演 1月12日(土)ボビー・オロゴン×菅沼尚宏/
長福久弘/山本麗子/竹中平蔵
1月13日(日)前田裕二×谷本有香/藤川里絵/
束田光陽/杉村太蔵

イベント概要

Finance as Liberal Arts Festival 2019

〜 キャッシュレス時代に考えたいお金のこと 〜

過去14回で延べ2万3,000人を動員した、日本最大級のマネーイベント、お金の教養フェスティバルを今年度も開催します。

今年度のテーマは、「キャッシュレス時代に考えたいお金のこと」。

経済産業省から「キャッシュレス・ビジョン」が公表されるなど日本でも本格的にキャッシュレス導入への舵が切られた2018年。
2019年には、消費税増税と同時にキャッシュレス決済でのポイント還元策が検討されるなど”キャッシュレス後進国”と言われた日本でも、その動きはどんどん加速しています。

さらに、政策だけではなく、民間の企業も動き出しています。

LINE Payは中小規模の事業者向けに、ローコストでキャッシュレスを導入できるサービスを展開。
Pontaでもキャッシュレス決済の際にポイントがもらえるサービスが導入されています。

そして、キャッシュレス化が進めば、生活のさまざまなことが便利になります。

スマートフォンやスマートウォッチさえあれば、コンビニでの買い物や公共料金の支払いはもちろん、世界中のどこへでも旅行ができ、買い物ができます。

食事や買い物をした時の割り勘も、現金のやりとりは不要になります。国境を越えて誰かを助けたいと思ったら、簡単に直接送金できます。

こんなに便利な「キャッシュレス」。でも、今、どれだけの人が正しく理解し、生活、そして人生の味方につけられているでしょうか。


「お金の教養フェスティバル2019」は、初の2日間連続開催。
さまざまな分野で活躍する10名の講師が、「キャッシュレス時代に考えたいお金のこと」をお話しします。

より豊かな生活のために、理想とする人生の実現のために。
「お金の教養フェスティバル2019」で、キャッシュレス時代にお金とどう向き合うべきかを考えてみませんか。

開催日時
2019年1月12日(土)
13:00〜17:00(開場12:30)
2019年1月13日(日)
13:00〜17:00(開場12:30)
会場
東京ビッグサイト 国際会議場(会議棟7F)
(東京都江東区有明3丁目11-1)
アクセス
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
アクセスは詳細はこちら
定員
各日程先着1,000名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加費
無 料
主催
ファイナンシャルアカデミー
申込み
下記より参加希望日程を選択の上、「申込みをする」のボタンを押してください
(お一人あたり、一日程のみご参加いただけます)

講演プログラム

Finance as Liberal Arts Festival 2019

第1部 13:00〜13:45

【対談トーク】ボビー流!世界標準のお金論

タレントとしてお茶の間で人気のボビー・オロゴンさん。貿易会社を経営し、7人の奥さんと34人の子どもを養うお父様の背中を見て育ったボビーさんは、5歳頃から「世界を作るには商売しかない」と考えていたそう。
実は実業家・投資家としての顔も持つボビーさんだからこそ語れる「世界標準のお金論」を、不動産投資家でありプロデューサー・作家としても活躍する菅沼尚宏と明るく楽しくお届けします。


ボビー・オロゴン ー Bobby Ologun

タレント・実業家
1973年、ナイジェリア連邦共和国イバダン生まれ。テレビ番組「さんまのSUPERからくりTV」で脚光を浴びる。格闘家としても2004年大晦日の「K-1PREMIUM 2004 Dynamite!!」でデビュー。現在は様々な番組に出演し、子供から大人まで男女を問わず支持を受けるほか、投資家・実業家としても知られている。プライベートでは2007年「近田ボビー」として日本に帰化し、日本人の妻との間に生まれた二男三女の父でもある。


菅沼尚宏 ー Takahiro Suganuma

株式会社タカプランニングジャパン代表
ファイナンシャルアカデミー認定講師
1980年代、大学在学中に劇団を旗揚げし、作家・演出家として活動。卒業後はメディア関係の会社に就職し、サラリーマンディレクター兼クリエイターとして、番組・コンサートなど、様々なエンターテイメントを作り上げる。2008年、リーマンショックと実母の死をきっかけに投資の勉強をスタート、2010年に投資用物件を購入、その後、不動産投資スクールで学び、投資スピードを加速させる。

第2部 14:00〜14:40

LINE Pay が作るキャッシュレス社会の未来

政府が2025年までにキャッシュレス比率を40%に引き上げるという方針を掲げる中、多くの民間企業もキャッシュレスに関するサービスを展開しています。
その中でも私たちにとって身近なコミュニケーションアプリ「LINE」が提供する、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」。LINEはLINE Payを通して一体どのような社会を創造していくのでしょうか。キャッシュレス化の実態をよく知るLINE Pay 取締役COOの長福久弘さんがその未来を語ります。


長福久弘 ー Hisahiro Chofuku

LINE Pay株式会社 取締役COO
2005年、株式会社アドバンテージ入社。マジックアイスジャパンを経て、2009年ライブドア(現LINE株式会社)に入社。2013年、店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」ビジネス拡大の為、LINE Business Partners株式会社に出向。営業、マーケティング、サポート部門を統括。2014年に同社代表取締役社長に就任。2017年、LINE Business Partners株式会社とLINE Pay株式会社が合併し、LINE Payの取締役COO就任。

第3部 14:55〜15:35

私の人生を変えた、株式投資の世界

京都の料亭で行儀見習いとして働く中で出会った「お金の教養」が高い人たち。いつもお金に縛られてしまう自分とは真逆の人たちと関わる中で、いつしか「お金そのもの」と向き合いたいと大きくキャリアチェンジすることになります。
今では日常生活の中で「お金を考えることが格段に減った」と言います。その価値観が大きく変わるきっかけになった株式投資の魅力を等身大の言葉で語ります。


山本麗子 ー Reiko Yamamoto

ファイナンシャルアカデミー認定講師
山口県生まれ。ファイナンシャルプランナー時代にお金と上手に付き合う本当の方法があまりにも知られていないことを実感し、2015年ファイナンシャルアカデミーの講師に転身。楽しく学びながら1日でも早く正しいお金との向き合い方を知ってほしいという気持ちから行う実体験を交えた講義が初心者にも評判。現在、『お金の教養講座』など複数の講義を担当する。

第4部 16:00-17:00

竹中平蔵と考える、私たちのお金の未来構想

新たなテクノロジーの台頭による産業構造の変化、人生100年時代の到来、そしてキャッシュレス化をはじめとするお金の形そのものの変化。過去に類を見ないほどの勢いで、私たちの暮らしや価値観は、いま大きく変わろうとしています。
社会の変化の潮流に飲み込まれることなく、自分の意志で理想の未来を切り拓くためのお金との付き合い方を、竹中先生と一緒に考えてみませんか。


竹中 平蔵 ー Heizo Takenaka

東洋大学国際学部教授
慶応義塾大学名誉教授
1951年、和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、1973年日本開発銀行入行。
1981年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。2001年小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。
2004年参議院議員に当選。2006年参議院議員を辞職し政界を引退。 現在は様々な企業で社外取締役などを兼務。

申込み

Finance as Liberal Arts Festival 2019
開催日時
2019年1月12日(土)13:00〜17:00(開場12:30)
2019年1月13日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
会場
東京ビッグサイト 国際会議場(会議棟7F)
(東京都江東区有明3丁目11-1)
アクセス
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
アクセスは詳細はこちら
定員
各日程先着1,000名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加費
無料
主催
ファイナンシャルアカデミー
申し込み
下記より参加希望日程を選択の上、「申込みをする」のボタンを押してください
(お一人あたり、一日程のみご参加いただけます)

1. 講演内容、講師は予告なく変更となる場合があります。
2. ネットワークビジネス、宗教、その他の営業行為等を行うことを禁止いたします。
3. イベント中の録音、録画、撮影等はご遠慮ください。

第1部 13:00〜13:55

【対談トーク】前田裕二が考える「共感とお金」の関係性

若手起業家としても注目を集める前田裕二さんは、その人生が起伏に彩られていることでも有名です。
8歳で母を亡くしギターの弾き語りで生活費を稼いだ小学生時代、トップ営業マンとなった外資系投資銀行時代、そして経営者として歩む現在。波乱万丈の人生、
「SHOWROOM」を運営する中で知った「共感とお金」の関係性について、Forbes Japan副編集長の谷本有香さんと共に語ります。


前田裕二 ー Yuji Maeda

SHOWROOM株式会社代表取締役
1987年東京都生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、UBS証券株式会社に入社。2011年、UBS Securities LLCに移りニューヨーク勤務を経た後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エー入社。“夢を叶える”ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM(ショールーム)」を立ち上げる。2015年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。ソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。
現在は、SHOWROOM株式会社・代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。2017年6月には初の著書「人生の勝算」を出版、Amazonベストセラー1位を獲得。2018年12月に新刊「メモの魔力」を発売。


谷本有香 ー Yuka Tanimoto

Forbes JAPAN副編集長
証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事。これまでにトニー・ブレア氏(元英首相)、リンダ・グラットン氏をはじめ、3,000人を超える世界のVIPにインタビューした実績を持つ。
著書に「世界のトップリーダーに学ぶ 一流の『偏愛』力」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

第2部 14:10〜14:45

株式投資スクール講師直伝!
キャッシュレス時代に資産を10倍にする方法

日常生活の中でも実感する機会が増えたキャッシュレス化。こうした生活の変化は、株式投資のチャンスでもあります。
自称「数字オンチ、文系女子代表」であり、株式講師スクールの人気講師である藤川里絵が、まだ株式投資をしたことがない人や投資初心者の人でも無理なく再現でき、成果が出せる「基本に忠実でシンプルな株式投資の方法」、そして生活の変化の中での「チャンスの見つけ方」を楽しくお伝えします。


藤川 里絵 ー Rie Fujikawa

株式会社キリオフィス代表
ファイナンシャルアカデミー認定講師
2010年より株式投資を始め、5年で自己資金を10倍に増やす。7年間、年間損益負けなし。現在は、「お金の教養スクール」「株式投資スクール」など多数の講座を担当。初心者にもわかりやすいと好評の株式投資スクールは、受講生の7割近くが女性で、毎回満席になるほどの人気。著書に「月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法」(扶桑社)など。

第3部 15:05〜15:40

普通の会社員でも脱サラできた、不動産投資の極意

”副業解禁元年”とも言われた2018年は、多くの人が「収入の柱を複数持つこと」について真剣に考えた年でもありました。そんな中で脚光を浴びる不動産投資ですが、自己資金や融資などの面からハードルが高いと思っている人も少なくないはずです。
20代の会社員時代に不動産投資を始め、今では年間家賃収入が3,000万円超える束田光陽が、どのように現在の経済的自由を手に入れたのか。その極意を語ります。


束田光陽 ー Koyo Tsukada

個人投資家
ファイナンシャルアカデミー認定講師
26歳でサラリーマン生活に不安を感じ不動産投資を開始し、2年間で6件の不動産物件を購入、28歳で総資産は5,000万円、34歳で2億円。現在も資産額は順調に増え、年間家賃収入は3,000万円を超える。その実績と経験を基にした不動産投資スクールでの講演は抜群の説得力で受講生を毎回魅了。「束田講師の落語のような授業を聞くために通っている」という受講生も多い。

第4部 16:00-17:00

杉村太蔵が語る、お金と人生設計と生きるチカラ講座

稀に見るシンデレラストーリーで派遣社員から国会議員になり、現在はタレントとして活躍する杉村太蔵さん。しかしそこには人生の大いなる夢を自らの力で手繰り寄せるための確固たる信念がありました。 10年先はもちろん、5年先も描きにくい今の時代は、お金を味方につけて自らの手で人生を描くことが求められる時代でもあります。そんな時代を生きる私たちに大きなヒントを与えてくれる、杉村流生きるチカラ講座です。


杉村太蔵 ー Taizo Sugimura

元衆議院議員
タレント
1979年北海道出身。2004年3月筑波大学中退。派遣社員から外資系証券会社勤務を経て、2005年総選挙で最年少当選を果たす。厚生労働委員会、決算行政監視委員会に所属。労働問題を専門に、特にニート・フリーター問題など若年者雇用の環境改善に尽力。現在、TBS「サンデージャポン」テレビ朝日「ワイド!スクランブル」などメディアで活動。著書に「バカでも資産1億円」(小学館)など。

申込み

Finance as Liberal Arts Festival 2019
開催日時
2019年1月12日(土)13:00〜17:00(開場12:30)
2019年1月13日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
会場
東京ビッグサイト 国際会議場(会議棟7F)
(東京都江東区有明3丁目11-1)
アクセス
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
アクセスは詳細はこちら
定員
各日程先着1,000名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加費
無料
主催
ファイナンシャルアカデミー
申し込み
下記より参加希望日程を選択の上、「申込みをする」のボタンを押してください
(お一人あたり、一日程のみご参加いただけます)

1. 講演内容、講師は予告なく変更となる場合があります。
2. ネットワークビジネス、宗教、その他の営業行為等を行うことを禁止いたします。
3. イベント中の録音、録画、撮影等はご遠慮ください。

これまでの開催

Finance as Liberal Arts Festival 2019
  •  2018年2月17日(土)開催 お金の教養フェスティバル2018 - 場内は1,000名、満席となりました。
  •  2017年 2月 5日(日)開催 お金の教養フェスティバル2017 - 場内は2,000名、満席となりました。
  •  2015年10月12日(月)開催 お金の教養フェスティバル2015 - 場内は1,200名、満席となりました。
  •  2014年10月11日(土)開催 お金の教養フェスティバル2014 - 場内は1,200名、満席となりました。
  •  2013年 9月 8日(日)開催 お金の教養フェスティバル2013 - 場内は2,000名、満席となりました。
  •  2012年 9月17日(日)開催 お金の教養フェスティバル2012 - 3,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2011年 2月20日(日)開催 お金の教養フェスティバル2011 - 3,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2010年 2月21日(日)開催 お金の教養フェスティバル2010 - 2,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2009年 5月16日(土)開催 投資フェスティバル2009 - 1,000名を超える方々にご参加頂きました。
  •  2008年 4月20日(日)開催 投資フェスティバル2008

ファイナンシャルアカデミーとは
「お金の教養」を身につけるための
総合マネースクールです。

貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、資産運用、キャリア、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを学ぶことができます。 なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる お金の教養講座 も無料開催中。

詳細はこちら

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]
ページトップに戻る