ホーム > 学校情報


LINEで送る

学校情報

学校名 ファイナンシャルアカデミー
運営法人 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
設立 2002年6月13日
資本金 1億円
社員数 71名(2018年12月31日現在)
※グループ全体の社員数(業務委託・パートは除く)。
代表取締役 泉 正人
取締役 渋谷 豊  黒川 のり子
監査役 中村 亨 (日本クレアス税理士法人代表・公認会計士)
業務内容 金融経済教育スクールの運営
金融経済教育カリキュラムの構築
金融経済教育シンポジウムの開催
企業研修プログラムの構築・講師派遣
金融経済教育に関わるシンクタンク事業
ライフスタイル・メディア事業
所在地 東京校事務局 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1
ニューヨーク校事務局 : 211 W 58th St, Apt 10 New York, NY 10019
教室案内 丸の内本校・丸の内本校2号館・有楽町校・その他教室のアクセスはこちら
電話番号 03-6206-3960(代)
FAX番号 03-5204-8646
URL https://www.f-academy.jp
主要関連法人 株式会社エフピーウーマン
株式会社ABCash Technologies
金融学習協会
数字で見るファイナンシャルアカデミー

教室案内

丸の内本校 vacans、M1〜M2教室

  • 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1
    国際ビル2F

    ・JR「有楽町駅」中央西口より徒歩2分
    ・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D1出口直結
    ・都営地下鉄三田線「日比谷駅」D1出口直結
    ・東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」より
    徒歩5分 D1出口直結
    ・東京メトロ千代田線「二重橋前駅」より徒歩7分
    ・JR「東京駅」丸の内南口より徒歩12分

  • Google Mapsで見る 丸の内本校へのアクセス

丸の内本校2号館
MS1・MS2教室

  • 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1
    新東京ビルB1F

    ・JR京葉線 「東京駅」6番出口直結
    ・JR「東京駅」地上南口より徒歩8分
    ・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」6番出口直結
    ・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」
    D5出口より徒歩3分

  • Google Mapsで見る 丸の内本校2号館へのアクセス

有楽町校 Y1・Y2教室

  • 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1
    新有楽町ビルB1F

    ・JR「有楽町駅」日比谷口・中央西口より徒歩1分
    ・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D2 出口直結
    ・東京メトロ日比谷線・三田線「日比谷駅」B1出口より徒歩1分

  • Google Mapsで見る 有楽町校へのアクセス

ファイナンシャルアカデミーとは
「お金の教養」を身につけるための
総合マネースクールです。

2002年の創立以来、東京校・ニューヨーク校・オンライン校を通じて、年間で延べ万人の方が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。
誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことで、人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを目指しています。

当校は、経済・金融・教育・法務の各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、夢のある豊かな将来と自立心を創りあげるための独自カリキュラムを創り、中立的な学校運営を行なっています。
金融商品の販売や紹介を行わない当校は、授業料で成り立っております。私たち個人が、証券会社などの金融機関や不動産会社等と対等なコミュニケーションを取れることも教育目標の一つとしています。

お金の教養とは

「お金の教養」とは、私たちファイナンシャルアカデミーが提唱している、「お金と上手に付き合う力」を身につけるための教養です。お金の使い方から、 貯め方や稼ぎ方、社会還元までを7つの要素でまとめ、知識と行いの両面から 身につけていく、いわば「全世界共通のお金のマニュアル」のようなものです。 単に稼いだり、貯金が多かったりという人がお金の教養が高いわけではなく、 自分にも他人にも社会にも、バランスよく、かつ美しくお金を扱える人がお金 の教養が高い人となるのです。
※「お金の教養」は、ファイナンシャルアカデミーの登録商標(2009年取得)です。

7つのお金の教養

お金の教養STAGEとは

私たちが、お金に縛られず自由で気持ちに余裕のある生活を送るためには、節約や副業などの継続することが難しい手段に頼るのではなく、習慣を変え、思考を変える必要があります。これが「お金の教養」を高めるということです。
それにはまず、現在の自分自身のステージを把握し、7つの全要素をステージを揃えながら上げていくことが必要になります。ステージが上がるごとに考え方や社会との関わり方が変わり、自然と扱えるお金のサイズが大きくなり、それに伴いお金がついてくるのです。
当校のカリキュラムは、STAGE2または3の人を、STAGE4へ引き上げることを目的とした内容で構成されています。お金の教養STAGEを意識して上げることで、効率よく、夢に近づくことができます。

自分のお金の教養を把握しましょう。

ファイナンシャルアカデミーでは、お金の教養の7つの要素を5段階で評価する「お金の教養STAGE」という概念を基に、カリキュラムを構成しています。下のチェックリストで、自分のお金の教養STAGEを確認してみましょう。
7つのお金の教養の要素において、5つのステージのどこに当てはまるかを見ることで、自身のお金の習慣やレベルが見えてきます。チェックの数が最も多いステージが、あなたの現在地点です。

チェックリスト
PDFでチェックリストを見る

メディア掲載

新聞・テレビ
雑誌
  • BRUTUS「新・お金の、答え。」
  • AERA「副業と複業の始め方」
  • Domani2018年6月号
  • PRESIDENT WOMAN「コツコツ貯金 投資のバイブル」
  • 東京ウォーカー2018年10月号
  • 週刊エコノミスト2018年7/31号
  • PHP Business THE21 2017年5月号
  • 日経トレンディ2016年1月号

ファイナンシャルアカデミー書籍

当校および代表の泉正人などが著作・監修した書籍は、累計160万部超。
代表自身の経験や知識に基づいた「豊かな人生を送るための指南書」から、
お金の教養が一冊でわかる入門書まで、
お金の教養が高まる書籍を100冊以上出版しています。

今までの実績をもっと知りたい方はこちら

ファイナンシャルアカデミーグループ

ファイナンシャルアカデミーグループには、
金融経済に関わる「教育」「研究」「メディア」の3つの事業カテゴリーがあります。
教育ー研究ーメディア
教育事業

グループの中心的存在であり、金融リテラシーを育むための「教育」を行っているのが、「お金の教養」を身につけるための日本最大級の総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」です。

また、より幅広い切り口から教育を行うため、女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」、専属コンサルタントがマンツーマンでサポートするファイナンストレーニングスタジオ「ABCash Technologies」、子ども・学生向け金融経済教育を行う「金融学習協会」があります。

  • ファイナンシャルアカデミー

    2002年の創立依頼、東京校・ニューヨーク校・WEB受講を通じて、年間で万人の方が、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。
    各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、中立的な学校運営を行っています。

  • FPwoman

    所属ファイナンシャルプランナーは全員が女性。メディアへの露出が強みです。
    家計管理、資産運用、不動産、保険、年金など幅広いお金の知識と、女性ならではの視点から、女性がいきいきと活躍する社会を創るための金融経済教育を行っていきます。

  • ABCash Technologies

    「3カ月でわたしはお金に強くなる」をコンセプトに、家計管理、住宅、保険、資産運用について専属コンサルタントがマンツーマンでサポートするファイナンストレーニングスタジオ。1人ひとりに徹底的に寄り添ったサービスを提供しています。

  • 金融学習協会

    主に学校向けにカリキュラムを提供し、金融経済教育を授業に導入する支援などを行っています。お金の教養を高めることで、自立した社会人を育て、1人ひとりが自己の将来や社会に対して責任を持てる自立型の社会を作っていくことを目指しています。

研究事業

金融経済に関する「研究」を行っているのが、現代の社会や生活を金融経済という視点から研究するとともに、富裕層向けのファイナンシャルコンディショニングを行います。

  • FAG綜合研究所

    経済活動が急速に複雑化している今、「お金に対してどのような思考を持ち、行動すれば、生活と経済に好影響を与えることができるのか」という観点から、研究を行うとともに、富裕層向けファイナンシャルコンディショニング事業を行っています。

メディア事業

グループを横断する「メディア」として、2つのオウンドメディア「STAGE」「マネラボ」があります。著名人へのインタビューや多くのマネー記事を通じて、豊かな生き方や金融リテラシーを普及する役割を担っています。

  • STAGE

    理想のライフスタイルを叶えるために必要なのは、自分が輝けるSTAGE(舞台)を見つけ、「お金」というツールと上手に付き合えるチカラ。私たちが「お金の教養」と呼ぶそのチカラを磨くためのヒントを、多彩なコンテンツを通じて提供するウェブマガジンです。

  • マネラボ

    知ってトクするお金に関するコラムを毎日更新。ファイナンシャルアカデミーの人気講師による投資コラムから、各分野の専門家によるお役立ちコラム、著名人のインタビューまで様々な切り口の記事で読む人にお金の知識を提供します。

think money think life


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る