• ここから始めよう お金の教養講座
  • スクールの特徴
  • コース一覧
  • 受講案内
  • 受講生の声

ホーム > ファイナンシャルアカデミーお金の教養フェスティバル


ファイナンシャルアカデミーお金の教養フェスティバル2015/開催日 2015.10.12(月・祝) 12:00-19:00 (開場 11:00)/会場 東京国際フォーラム ホールB7

開催概要

主催 : ファイナンシャルアカデミー
開催日時 : 2015年10月12日(月・祝)12:00〜19:00(開場11:00)
会場 : 東京国際フォーラム ホールB7
参加費 : 無料

お申込みはこちら

今日から使える知識やノウハウが満載の一日

i 「ノー」を「イエス」に変える技術
i 未来のビジョンを見据えて学び、得た知識を実践に活かす方法
i 30代、40代、これからの世代へのヒント

プログラム

講師   第一部 12:00〜13:00
藤川 里絵 氏

藤川 里絵 氏
− Rie Fujikawa

ファイナンシャルアカデミー講師
マネージメント事務所キリオフィス

5年前はフェスティバルの一参加者だった私が、
今日ここに立っている理由

プロフィール

ファイナンシャルアカデミー講師、マネージメント事務所キリオフィス代表。
化粧品会社にPRとして勤務後、妊娠を機に退社。
出産後、フリーランサーのマネージメント事務所に勤務後独立。

講師   第二部 13:20〜14:20
糸井 重里 氏

佐々木 圭一 氏
− Keiichi Sasaki

コピーライター
株式会社ウゴカス代表

伝え方が9割 for Festival
「ノー」を「イエス」に変える技術

プロフィール

「伝え方が9割」「伝え方が9割(2)」著者

上智大学大学院を卒業後、株式会社博報堂入社。日本人初、米国の広告賞「One Show
Design」でゴールドを獲得(Mr.Children)。カンヌ国際クリエイティブアワードにて計6つのライオンを獲得。国内外で合計55のアワードを入賞受賞。郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバムオリコン1位を2度獲得。
2014年、クリエイティブ ブティック「ウゴカス」を設立。日本のコミュニケーション能力をベースアップさせることを、ライフワークとしている。

▼ 著者紹介

「伝え方が9割」
ダイヤモンド社
講師   第三部 14:40〜15:40
渋谷 豊 氏

杉山 知之 氏
− Tomoyuki Sugiyama

デジタルハリウッド大学 学長
工学博士

「学ぶこと」そして「活かすこと」

プロフィール

1954年東京都生まれ。
87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年国際メディア研究財団・主任研究員、93年日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月デジタルハリウッド設立。2004年日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年、「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学・大学院・スクールの学長を務めている。2011年9月、上海音楽学院(中国)との合作学部「デジタルメディア芸術学院」を設立、同学院の学院長に就任。福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議会長、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員を務め、また「新日本様式」協議会、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会など多くの委員を歴任。
99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。

著書は「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)、
「クリエイター・スピリットとは何か?」※最新刊(ちくまプリマー新書)ほか。

講師   第四部 16:00〜17:00
竹中 平蔵氏

竹中 平蔵氏
− Heizo Takenaka

慶應義塾大学総合政策学部教授
グローバルセキュリティ研究所所長

30代、40代へのメッセージ。
竹中平蔵が描く10年、20年後の未来を生き抜く力

プロフィール

1951年和歌山県生まれ。
一橋大学経済学部卒業。

日本開発銀行、大蔵省財政金融研究所主任研究官、ハーバード大学客員准教授、大阪大学経済学部助教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣。 2002年金融担当大臣、2004年郵政民営化担当大臣兼務、2005年総務大臣。
この間2004年より参議院議員。
2006年小泉内閣の終焉とともに辞職。
同年11月慶應義塾大学総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長就任。

その他、公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長も務める。

   
  実践報告会 17:30〜19:00

実際に投資にチャレンジしている「投資の学校」卒業生の方々が講演します。

「雲の上の不動産投資家のお話はためにはなるが、現実とかけ離れている」というご意見がございますが、
実践報告会では、まさに「となりの投資家」に、その実態をお話していただきます。
みなさんの投資の第一歩を踏み出すきっかけになると思いますので、ぜひご参加ください。

第1部 17:30〜18:10  株式投資の学校  M.Oさん
[ テーマ ]

「投資で作ったもう一本のロープ、仕事と投資の両立で心に余裕を生む方法」

[ 講演者紹介 ]

たまたまファイナンシャルアカデミー代表の泉の書籍を読んで投資に興味をもったM.Oさん。
体験会などをに参加後に実際に株式投資の学校で、学習・実践し、投資と仕事の両立し、
新しい未来を切り開くために、現在では不動産投資も勉強中です。
今回は、ご自身の経験から投資をはじめることによって切り開くことの出来た未来についてたくさんお話いただきます。

[ 講演内容 ]
投資との出会いから「お金に働かせる」という考え方を知る。
実際に投資を始めてみて、上手くいったこと、上手くいかなかったこと。
具体的にどのような観点で銘柄を選んでいるのか?
自分の得意な投資法、セクターなど
投資を実際にやってみて、どのような未来を想像することができるようになったか?
今後10年間の目標など

第2部 18:20〜19:00 不動産投資の学校  辰実 健さん
[ テーマ ]

「不動産投資で私の人生はここまで変わった」

[ 講演者紹介 ]

毎日朝から夜遅くまで働くサラリーマン生活に疑問を感じ
仕事以外の収入を得るべく不動産投資に挑戦することにした辰実さん。
しかし安易に踏み込んだ不動産投資で危うい経験をし、体系的な知識を学ぶべく2012年より不動産投資の学校へ参加しました。
そこでの知識を基に取得した賃貸併用住宅を皮切りに、2年で不動産物件4棟を購入し資産は2億超に。
そして本業との両立も成立させ、金銭的自由を手に入れています。
現在も市場や状況などに合わせ、新築建築と中古物件を織り交ぜて取得するスタイルを駆使して物件取得を進めています。
今回は、投資をはじめてから今までの経験と、これからの目標に関して厚く語って頂きます。

[ 講演内容 ]
不動産投資を始めたきっかけ
失敗からファイナンシャルアカデミーとの出会い
4棟購入への道のり
これから5年間の目標

過去の開催報告


開催報告

  • 2014/10.11(土)開催 お金の教養フェスティバル2014 - 場内は1200名、満席となりました。
  • 2013/9/8(日)開催 お金の教養フェスティバル2013 - 場内は2000名、満席となりました。
  • 2012/9/17(日)開催 お金の教養フェスティバル2012 - 3000名を超える方々にご参加頂きました。
  • 2011/2/20(日)開催 お金の教養フェスティバル2011 - 3000名を超える方々にご参加頂きました。
  • 2010/2/21(日)開催 お金の教養フェスティバル2010 - 2000名を超える方々にご参加頂きました。
  • 2009/5/16(土)開催 投資フェスティバル2009 - 1000名を超える方々にご参加頂きました。
  • 2008/4/20(日)開催 投資フェスティバル2008

お申込み


参加費 無料
日程 2015年10月12日(月・祝) 12:00〜19:00 (開場 11:00)
開催場所 東京国際フォーラム ホールB7
S席(有料) 申込ボタン

【ファイナンシャルアカデミー 投資の学校・スクール 受講規程】

  • 1. 講演内容、講師は予告なく変更となる場合がございます。
  • 2. 教室および教室近辺でネットワークビジネス、宗教、その他の営業行為等を行うことを禁止いたします。
  • 3. 教材お届けより30日経過後のキャンセルはご返金できませんのでご注意ください。
  • 4. 講義中の録音、録画、撮影等はご遠慮頂いております。
  • 5. 一定人数に達しない場合、または講師の急病などにより、講座の開講を、延期または中止する場合があります。
  • 6. 円滑な授業運営のため、申し込み前・申し込み後にかかわらず、事務局の判断でご受講をお断りする場合がございます。
  • (1) 知識はいいから、儲かる投資商品、投資手法を紹介してほしいという方
  • (2) 絶対にもうかる投資法を求めていらっしゃる方
  • (3) 投資を真剣に学ぼうとされていない方
  • (4) 講師の話が素直に聞けない方(ご質問は歓迎いたします)
  • (5) 講義を静かに聴くことが出来ず、講師や他の受講生に迷惑をかける方
  • (6) 授業の進行に支障をきたす言動をされる方
  • (7) その他、事務局から受講が不適切と判断された方

以上のような方には、残念ながら当講座にはご満足いただけないと思われますので受講をお断りさせていただいております。

このページのトップへ


スクールや講座に関する事務局への問い合わせ先

問い合わせの前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問い合わせはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申し込み/講座内容や受講に関して 0120-104-384 受付:10〜19時[月〜土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問い合わせ 0120-104-749 受付:9〜21時[毎日 ※年末年始を除く]