ホーム講師の本棚から集中力を最大限に発揮するコツは、仕組みと習慣化にあり
LINEで送る

集中力を最大限に発揮するコツは、仕組みと習慣化にあり 自分を操る超集中力

著者:メンタリストDaiGo
出版社:かんき出版 (2016/5/31)

自分を操る超集中力 Amazonで購入する

こんな人、こんなシーンにおすすめ

  • 限りある時間を有効に使いたいと考えている人
  • 集中力が続かず、結果を出せていない人
  • やりたい事がたくさんありすぎて時間が足りないと感じている人

メンタリスト・DaiGoの経験に基づいた集中力アップのためのヒント集

メンタリストとして世間に名を馳せたDaiGoさん。
今でこそ素晴らしい能力の持ち主として注目されていますが、幼少期は学校の授業に集中できないため勉強について行けず、LLD(学習障害)ではないか?と周囲に心配されるほどの子供でした。
そんな自分が嫌で、集中力をつけるための方法を独自に研究・実践した結果、最大限に集中力を発揮し、そしてそれを持続する「超集中力」を身につけます。
人生の密度を何倍にも高めるための様々な考え方やヒントが満載の一冊です。

時間は有限。超集中力で自分の人生を自由にコントロールしよう!

私の環境は、日中は本業に奔走し、自宅へ戻れば3人の小さな子供がいる一家の主です。
そのため「自分の時間」というものがなかなか作れず、不動産投資に費やす時間を捻出するにはどうしたら良いのか、と試行錯誤しながら何とかこなしていました。
そんな中で出会ったこの一冊です。集中力をコントロールし、やるべき事に集中する術を身につけることで一日24時間を最大限に生かせるようになり、忙しい毎日ながらも充実した日々を過ごすためのヒントを頂きました。
「超集中力」という言葉を聞くと、訓練を重ねて超越した特殊な力を身につけるのでは、と想像する人もいるかもしれませんが、全くもってそんなことはありません。
DaiGoさんの言う超集中力とは、何かに取り組む時の環境、体の姿勢、食事、感情、運動、睡眠といった、日常のごく当たり前のことを整備し実践していくことで、集中力を上手にコントロールするという考え方でした。
そんな中でも、これはいい!と思ったのが「超早起き」という考え方です。
これだけ聞くとすごく早起きするんだな≠ニ思うかもしれませんが、実はすごく奥が深いのです。
私はこの考え方をほぼ毎日実践しています。そうすると、名だたる海外のCEO達が普通の人よりも早く起き、朝の時間を有効活用して結果を出している事にも思わず納得してしまいました。
この超早起きのおかげで、自分が抱えている数多くのミッションが、本当にうまく進む様になりました。
人に与えられた時間は一日24時間、これは誰にも与えられる平等なものです。
また私のような投資家は、お金を投資し資産を増やしていくために、時間を削っています。
投資に使う時間を無駄に消費しないためにも「超集中力」で時間の質を上げ、短時間で結果を出す。そして余った時間を家族との時間や自分の趣味に使い、充実した人生を過ごす。
投資をする上で、とても大事な考え方だと思います。
本業、投資、プライベート。全てを充実させたいと思っている人にぜひおすすめします。

書籍の評者

城山 剣吾
ファイナンシャルアカデミー認定講師

東京都出身 メーカー系企業に勤務し、エンジニア業に従事。就職して数年後、不況の煽りを受け週4日出勤・給料も20%カットという状態に陥り、サラリーマンという立場に大きな不安と疑問を感じ始める。ほどなくして「会社に頼らず、自力で稼げる様になろう」という想いが強まり、当時注目され出していたYahooオークションに目をつけ副業を開始。これが軌道に乗り約900万円の利益を上げる。この資金を使って不動産投資の勉強を本格的にスタートさせて現在に至る。2008年に収益用の区分所有を購入し、不動産投資をスタート。以降は一棟物件にシフトし、RCマンション、木造アパート、重量鉄骨造マンションなど計四棟を購入。現在の年間家賃収入は約2200万円。

〉〉 この講師が講義する不動産投資スクールはこちら

城山 剣吾