誰でも簡単になれるお財布美人

2018年10月4日更新

歳を重ね「おばさん」と呼ばれる歳になって、もうすぐ孫が生まれれば、「おばあちゃん」にもなります。
それでも、いつまでも素敵に輝く女性に憧れるものです。
それにはお肌のお手入れや、若返りメイクのあれこれ見た目も大切ですが、普段の持ちもので印象を大きく変えるものがあります。

お財布美人に制限なし


それは毎日持ち歩くお財布。人前で取り出す機会の多いのですよね。
レジで並んでいると、前の人のお財布がパンパンに膨らんでいる。なんだかだらしない印象を持ちませんか?
開けたお財布にはカードがかたまって納められていたり、レシートがたんまり入って乱雑な中身が丸見え。レジでは自分の後ろの視線に要注意。意外と見られているのですよね。
お財布がスマートでスッキリとしていればお支払いもスムーズ。
さっとお金を取り出す姿は美人そのもの。お財布美人に制限はありません。これなら私もなれるかもとあれこれ工夫をしてみました。

ポイントカードは断捨離


大きなお財布にはポケットがたくさんありお札が入るスペースも余裕があったりします。
なので、ついついポイントカードやレシートを入れてそのままにしてしまいますよね。
今はどんなお店にもポイントカードがあります。「ポイントカードをお作りしますか?」に「はい」と答えて作っていませんか?
以前私は、少しでも得になればと、作ることが多かったのです。そのカードのせいでお財布が膨らんで、お支払いの時に、カードをもたもたと探している姿に何だか所帯じみているなと感じたのです。
ポイントカードには期限付きの物も多く、そんなに使わないお店なら、貯まる前に期限切れの可能性は大。やっと貯まったとしても100円程度のものもあります。
それで還元率の悪いお店のポイントカードを処分。使う頻度が少ないお店のカードは作らないと決めました。
今お財布中にあるのはTポイントカードだけです。
90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

お財布に入れるカードを厳選する

以前は健康保険証や病院の診察券、時には頂いた名刺もお財布に入れていたりしました。
今はキャッシュカード、クレジットカード、交通系ICカードのみにしています。
お財布に入れないカードは、カードケースに入れて保管しています。必要な時にカードケースから取り出す。その方がスマートだと思うのです。

レシートは素早く処分


お財布の中身は「お金」に関するものだけを守るとスッキリとします。
出かける前にお財布の中身をチェック。お札の方向を整え、レシートは処分します。病院の領収書などはクリアファイルに入れて家で保管しています。
レシートは家計簿をつけるのに必要でとっておく人は多いと思います。それが嵩張る原因ならば、レシートをスマホで写真を撮って残しておけば困らないと思います。

新札をお財布にいれておく

お財布にお金はつきものです。そのお金にもこだわってみました。
月に一度生活費を銀行からおろす時に、新札に両替します。そのお札は、月謝やお礼など相手に手渡しする時に「ありがとう」の感謝の気持ちをのせて渡すようにしています。
お財布の中に新札一万円が入っているとお財布を開けるたびに気分がちょっと上がるのでお守りがわりに入れてあります。
自分自身の若さや輝きを保つことも大切ですが、常に自分の目に触れるものがスッキリ美しいことも大切だと思います。
スマートなお財布は自信をもって開けることができますよね。お財布美人は誰にでも簡単になれますよ。

この記事のライター

中道あん

Ameba公式トップブロガー。「女性の生き方ブログ!50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。https://ameblo.jp/aroundfifty50/
45歳で再就職し自立。2男1女は成人し、要介護2の実母は有料老人ホームで暮らす。同世代の女性に向け日々の暮らしのあれこれをブログに綴り、実りある人生を歩んでいけるようなライフスタイルを発信。著書に50代、もう一度「ひとり時間」(KADOKAWA)。

About the author

お金の教養をもっと知るには?

お金の教養スクール体験セミナー

学べる3つのこと

家計から保険、年金、税金まで「学校では習わなかった」人生に必要なお金の知識がまるごと学べます。お金に対する考え方や付き合い方が、今日から変わるセミナーです。

受講料 無料
受講期間 申込みから3日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


ページトップへ