お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2019年5月11日更新

FX専業トレーダーを目指しているがトレードチャンスを待つのが辛い

今回の質問です。
「ポジポジ病を避けるのに、自分のロジックにあてはまった時だけEntryを心がけると、チャンスがなかなか来ない時がありますよね。
待つのも仕事と分かっているんですが、何も生産してない感じがして気持ち的に結構つらいです。
専業トレーダーを目指して頑張ってますが、収益ベースでやっとマイナスにならなくなってきた程度なんですね。Totalである程度プラスになっていればいいんですが。
今sarahさんは多方面で活躍されてますが、以前FXを始めた頃とかは同じ状況があったかと思うんですが、どうでしたか?」

勝率をとる?チャンスを増やす?エントリールールを見直そう

マイルールだけだとなかなかチャンスがこない。待つのがつらい。
こんな状況について考えてみましょう。まず、エントリーチャンスが来ない理由としていくつか考えられることがあります。
・条件を決める際、フィルターがけをきつくしている
・トレードスタンス(時間軸)が長い(大きい)
・相場が全く動かない
例えば、単純に、移動平均線よりローソク足が上になったら買い、下になったら売り。
のルールでトレードするとします。
レンジ相場でどうしてもだましにあってしまい、無駄なトレードが増えますよね。
そこで今度はMACDのゴールデンクロスデッドクロスという条件を加えたとします。
それ以外での条件ではエントリーしない。
というルールにすれば、それだけフィルターがかけられ、だましでのエントリーが減る分、エントリーチャンス自体も減ることになります。
さらに、日足でのトレンド方向のみのエントリー。
とトレンド方向を限定したらどうでしょうか?さらにきついフィルターがかけられ、
エントリーチャンスが減ってしまいます。
このように、フィルターをきつくすればするほどエントリーチャンスが限定されてきます。
逆の言い方をすると、それだけエントリーを厳選しているということにもなり、無駄を省くことによって勝率も上がるはずです。
どちらを選ぶかですね。
勝率を重視したい⇒条件を厳しくしてトレードチャンスを間引きする(厳選する)
エントリー回数を増やしたい⇒条件をゆるくして、だましをこなしていきながらプラスに持っていく
両方試してみてはいかがですか?
難しいところですが、その歩み寄りでどこが一番最適なポイントなのか、見極める作業が必要になります。
それがバックテストであったりフォワードテストであったりするんですよね。

トレードルールのダイエットをする

トレード結果を分析することによって最適なトレードルールを導き出すことができます。
難しく考えなくてもいいんです。
ちょっとエントリーチャンス少なすぎだな。もっと回数増やせば獲得pipsも増えるのに!
と思ったら、じゃあ、このフィルター取り除いてみようか。
というように、ルールのダイエットをしていけばいいんです。
初心者の場合、自分で判断する裁量部分をなるべく作らないようにするために、
がっちがちのルールで固めたほうがよかったりもします。
でも、自分で判断がつくようになってくると、このインディケータ要らないよね。
ということで、自分の中にフィルターができるようになり、どんどんルールがシンプル化されてくるんですよね。
逆に、トレードルールがシンプルでも相場の判断がつくわけです。
だから、勝っている人って、ボリンジャーバンドだけ!とか、MAだけ!で勝っていたりする人も多いじゃないですか。
フィルターを取り除く作業をして、だましは自分で判断。というようにしてみると、
トレードチャンスも自分で調整できるようになりますね。
ただ、私の経験上、トレード回数を増やすよりポジポジ病をなおす方が難しいです。トレードチャンスが来るまでしっかり待てる人は、プラスに持っていくまでにそう時間はかからないと思います。

相場が動かない恐怖

最後に、エントリーチャンスが来ない3番目の理由として、「相場が全く動かない」を挙げました。
まさにここ数週間のドル円相場がそれかと。
ドル円4時間足チャートです⇣(外為どっとコムより引用)

4月13日-25日にかけてのレンジは40銭未満。
普通に動いているときの週単位でのレンジは大体100銭程度なので、
その半分以下ということになります。
これは、最近では最もレンジ幅が狭かった2012年1月13日の週(高値77.04円、安値76.66円、38銭レンジ)よりも狭い週間レンジとなります。
これじゃあ商売上がったりですね。
多くのFX参加者は、相場の暴落が訪れると大騒ぎしますが、
日銭を稼ぎたいデイトレーダーにとっての一番の恐怖は、
本当に動かない相場
波打たないチャートを見つめながら、じっとトレードチャンスを待ち続けること。かもしれません。
資金10万円で月5万円の利益を生む方法を学ぶ

この記事のライター

sarah

FXトレーダー・コラムニスト
2005年からFXトレーダーとして米紙ウォールストリートジャーナルやテレビ東京『ガイアの夜明け』等取材を数多く受ける。FX、仮想通貨(ビットコイン)のコラムニスト。現在は米国で子育て中。著書「わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます」(幻冬舎)
【ブログ】「FXトレーダーSarahのFX日記」
【twitter】https://twitter.com/sarahfx1

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る