お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2019年11月29日更新

倍のリターンを得ることができる!レバレッジ・インバースETFとは

レバレッジ型ETF、インバース型ETFという商品をご存知でしょうか?
レバレッジ・インバース型のETFはリスクが高いため投資初心者にはおすすめしませんが、使い方次第ではリターンを得ることができる投資商品です。
今回はそんなレバレッジ・インバース型ETFについて紹介します。

レバレッジ・インバースETFとは

レバレッジ・インバース型ETFはETFの一種ですので、株式と同じように取引することが可能です。
ETFとは上場投資信託のことであり、株式と同じく市場に上場しているため市場が開いている時間であれば、通常の投資信託と異なりリアルタイムで取引ができます。
投資信託は注文から約定まで数日間を要し、いくらで約定したかはその時まで分かりませんが、ETF=上場投資信託であれば株式と同じようにリアルタイムで取引が可能で、指値注文での取引もできます。
ETFは日経平均株価などの指数をインデックスとし、それらのインデックスに連動することを目標とした商品です。
レバレッジ・インバース型ETFも日経平均株価などのインデックスに連動するという点は同じですが、指数の動きに対して2倍や3倍以上の値動きをするように設計されています。
つまり、日経平均株価をインデックスとしたレバレッジ2倍のETFの場合は、指数である日経平均株価が1%変動すれば、ETFの価格は2%変動するということです。
変動幅が大きくなりますので、ハイリスクハイリターンの金融商品と言えます。
インバース型ETFは指数と逆の動きをするように設計されたETFです。
レバレッジがかかっていないインバース型ETFは指数と正反対の値動きとなります。
レバレッジがかかっているインバース型ETFもありダブルインバースの場合は、指数が上がれば指数上昇分の2倍下落します。
レバレッジ・インバース型ETFはどちらも先物取引を利用している商品です。
日経平均に連動するETFであれば日経平均先物、TOPIXに連動するETFであればTOPIX先物を利用して運用されています。
一般的な投信に比べて仕組みが複雑なため、信託報酬が高くなることが多いです。
投資額以上の取引をできるという点では信用取引と似ていますが、信用取引はあくまでも金融資産を担保にすることで投資額以上の取引ができるという仕組みであり先物取引は利用していません。
現在では多くのレバレッジ・インバース型ETFがあり、各証券会社でそれぞれのETFの情報を確認することができます。
レバレッジ・インバース型ETFは対象となる指数の情報や何倍のレバレッジがかかっているのか、信託報酬などの情報がとても重要となりますので、取引する前に必ず証券会社のデータを確認してください。

レバレッジ型ETFのメリット・デメリット

予想が当たれば倍のリターンを得ることができる

レバレッジ型ETFは、指標の2倍3倍などの値動きに連動します。
2倍のレバレッジ型ETFをダブル、3倍のレバレッジ型ETFをトリプルと呼ぶこともあります。ダブルレバレッジ型ETFの場合は、指標が5%変動すればETF価格は10%変動しますので、当然予想が当たれば倍のリターンを得ることが可能です。
ただし、もちろん下落時もダブルになりますので、損失が出るときも倍になります。

信託報酬が割高なため、長期保有には向いてない

レバレッジ型ETFの信託報酬は割高です。
通常の投信の信託報酬の数倍以上となっていることが一般的ですので、長期保有には向きません。

インバース型ETFのメリット・デメリット

下げ相場で利益を得ることができる

インバース型ETFのメリットは下げ相場でも利益を得ることができるという点です。
インバース型ETFは下落すれば利益がでる商品ですので、下落相場でもインバース型ETFを活用することで利益が得られます。株式取引で言うところの信用取引で空売りをするのと同じ理屈です。

国内ETFは下がることが少ない

現在、国内では日本銀行が大規模な金融緩和を行っており、日経平均株価などの指標に連動したETFが下落した際には度々買い支えをしています。
下落時に日銀の買いが入ることから、現在国内の指標は下がりにくくなっており、インバース型ETFは活用しづらいかも知れません。

レバレッジ・インバース型ETFの銘柄紹介

最後に代表的なレバレッジ・インバース型ETF銘柄を紹介します。
どの銘柄も証券会社で取引することが可能ですので参考にしてください。

代表的なレバレッジ型ETF

NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
日経平均レバレッジ指数をインデックスとしたETFで、日経平均の2倍の値動きとなります。信託報酬率は0.8%(税抜き)です。
ダイワ上場投信 TOPIXレバレッジ(2倍)指数
TOPIXレバレッジ(2倍)指数に連動するETFです。信託報酬は0.75%(税抜き)となっています。

代表的なインバース型ETF

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
日経平均ダブルインバース・インデックスに連動するETFです。信託報酬率は0.8%(税抜き)となっています。
2,000万円貯める、資産運用のノウハウを学びたい人はこちら

この記事のライター

森田賢一

FP2級資格を持つ30代男性会社員。10年以上の投資歴を持つ現役投資家。
10代から投資をはじめ、リーマンショックでは投資家としての心構えを鍛えられた。
株式を中心にETFやREITへの投資も行い、現在の運用資産は5,000万円。アーリーリタイヤを目指し投資の勉強は欠かさない。
ブログにて株式投資に関する情報を発信中
【ブログ】FP森田の株式投資ブログ

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投資信託をもっと知るには?

投資信託スクール体験セミナー

学べる3つのこと

初心者向けと言われる投資信託ですが、買えば誰でも儲かるわけではありません。本当によい商品を見極め、長期で安定的に増やしていくための必須知識が学べるセミナーです。

受講料 1,000円 → 無料
受講期間 申込みから7日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る