3月は1年で最も為替が動く月。3月月末はビッグデー

2020年3月16日更新

3月のドル円相場は最も為替が動く

3月のドル円アノマリーについてお話します。3月のドル円相場の特徴ですが、
”1年で最も為替が動く月”
と言われています。
こちらが過去20年間のデータです。
3月のドル円暴落状況&月間値幅と順位⇣

3月の月別平均値幅は5.13円。
つまりどういうことかというと、ドル円の今週の最安値は月曜日に記録した107.35円。
約5円動くことを考えたら、上値は112円程度まで見込めるということ。
先月の最安値107.50−最高値112.22円がちょうど5円幅程度なので、
サポート、レジスタンスとして機能する可能性が高いです。
ただ、これが直近20年ではなく、10年平均(2010−2019年)の場合だと値幅平均が3.83円。
12ヶ月のランキングも、2000年-2010年までと比べると、
1位になるケースが少なく、やや見劣りする結果となっています。
なので、ざっくり3-5円ぐらいが値幅のターゲットと考えておくといいかもしれません。

3月最終日は相場が読みづらい

ちなみに3月が動く要因としては、日本企業の決算期。
決算期末と重なるため、取引が手控え気味になり、値が荒れることが多いといいます。
一番動く日は、3月の最終日。
”為替のビッグデー”
と呼ばれ、1年で最も相場が動く日と言われているそうです。
3月の最終日は年度をまたぐ特異日となります。
決算期末という製薬から開放されることによって、資金が大量に動く。
というのが大相場の原因の1つになるんだとか。
私も毎年3月の最終日は注目しているのですが、
本当に予測不可能なんですよね。
大きなトレンドになるかとおもいきや、
ダマシだったり。本当に読みづらい。
春相場全体の特徴として、方向性が定まりにくく、
アップダウンを繰り返す激しめのレンジ相場になりやすい!!
と言われています。相場が荒れている割には、結局方向感なし。
テクニカルが思うように機能しないケースも多いです。
気が抜けないのが3月です。

3月のアノマリーのまとめ

・1年でもっとも値幅が大きい月である
・3−5円幅で動く可能性大
・3月最終日はビッグデー。予測不可能な動きに
デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

この記事のライター

sarah

FXトレーダー・コラムニスト
2005年からFXトレーダーとして米紙ウォールストリートジャーナルやテレビ東京『ガイアの夜明け』等取材を数多く受ける。FX、仮想通貨(ビットコイン)のコラムニスト。現在は米国で子育て中。著書「わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます」(幻冬舎)
【ブログ】「FXトレーダーSarahのFX日記」
【twitter】https://twitter.com/sarahfx1

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

外貨投資・FXをもっと知るには?

外貨投資・FXスクール
体験セミナー

学べる3つのこと

FXで安定的に利益を得ていくには仕組みの理解と実践ノウハウが不可欠です。売買タイミングを見極め方やリスク管理の方法など、FXに必要な知識を凝縮して学べます。

受講料 無料
受講期間 申込みから3日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


ページトップへ