ホーム News Release ニュースリリース 静岡初開催・夏休み最終日は「お金」の勉強を! 『キャッシュレス時代の小学生のためのお金の授業』を8月31日開催
LINEで送る

静岡初開催・夏休み最終日は「お金」の勉強を! 『キャッシュレス時代の小学生のためのお金の授業』を8月31日開催

2019年8月21日

富士市の保護者の熱い想いから、ファイナンシャルアカデミーによる小学生向け無料出張授業が決定

お金の学校 ファイナンシャルアカデミー(本社:東京都千代田区、代表:泉正人、以下当校)は、公教育では扱われない金融経済教育を望む、富士市の保護者が結成した団体『ふじさんてっぺんラボ』からの希望により、小学生が親子でお金について学ぶ『キャッシュレス時代の小学生のためのお金の授業』を8月31日(土)に静岡県富士市で無料開催します。授業はキャッシュレス化が進む中で、子どもたちのお金と上手に付き合える感性を養うことを目的にしており、静岡県を含む東海地方での開催は今回が初となります。

キャッシュレス時代の小学生のためのお金の授業@静岡

開催目的
キャッシュレス決済という手段に振り回されることなく、お金の機能やお金との正しい付き合い方 を知り、キャッシュレス決済ともトラブルなく付き合えるようになることを目的としています。
授業内容
14:00- ルール説明・自己紹介
14:10- お金のボードゲーム『ハピプロ』
▷ノートを使って買い物の計画をたてる
▷ボードゲームを使って、お金を使う・稼ぐ・貯める・募金する、を体験する
15:40- キャッシュレスの話
▷お金の形の歴史と「キャッシュレス」について
▷小学生のうちに知っておくべき、お金の大事な2つのこと
16:00- 終了
日時
8月31日(土)14:00〜16:00(受付13:45〜)
場所
富士駅南まちづくりセンター
住所
静岡県富士市横割1-4-15
費用
無料
対象
小学生とその保護者、約20組 ※参加者の募集は終了しております

■ キャッシュレス化でお金の重みがわからない?!子どもの金融経済教育に悩む声から生まれた授業

[su_row]
[su_column size=”2/3″]

経済産業省の『キャッシュレス・ビジョン』が示す2025年時点でのキャッシュレス決済比率80%に向け突き進む日本において、子どもた
ちも避けては通れない「キャッシュレス化」。
当校はグループ企業の『一般社団法人金融学習協会』の活動として、2015年より独自開発したボードゲーム『HAPPY×PROJECT〜ハピプ
ロ〜』を使って、小学生向けに金融経済教育を提供してきましたが、昨今、授業開催時に保護者から「キャッシュレスとどのように付き合えば良いのか」という相談を受けることが増えてきました。

[/su_column]
[su_column size=”1/3″]

[/su_column]
[/su_row]

「無尽蔵に使えるカードを渡すのは怖い」「現金をたくさん持たせることにも危険に感じる」といった葛藤を多くの保護者が持つ中、まずはお金そのものの機能や付き合い方をゲームを通して伝え、「お金の形」の変遷の歴史を通して、キャッシュレスとの付き合い方についても伝えるのが当授業です。

■ 静岡でも金融経済教育を!子どもの金融経済教育を望む保護者の声で無料出張授業が実現

[su_row]
[su_column size=”1/3″]

[/su_column]
[su_column size=”2/3″]

静岡県での初開催となる『キャッシュレス時代の小学のお金の授業』は、富士市の任意団体『ふじさんてっぺんラボ』の希望により開催する運びとなりました。この団体は「人生に深く関わるお金について、子どもたちには幼い頃から学んでほしい」という強いを想いを持つ保護者が、当授業の存在を知ったことにより結成した団体です。

[/su_column]
[/su_row]

保護者世代の中には「お金について人前で話すなんてはしたない」「クレジットカードは破産の第一歩」といった感覚を持つ人も少なくありませんが、親子一緒にお金と楽しく向き合うことで、子どもたちはもちろん、保護者にもこれからの時代、より一層求められる「お金の教養」を身につけてほしいと考えています。

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合わせはこちら問合せフォーム