メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る

不動産投資のさらなる高みへ。収益規模を一気に拡大する実践ノウハウ

商業ビル投資ゼミ
(店舗・オフィスビル投資ゼミ)

収益性の高い店舗・オフィス物件を見分け、管理の手間を徹底的に省き、 高い投資効率を実現するための実践的な知識・テクニックを学べます。

申込みはこちら

このゼミで学べること

  • 商業ビル運営のメリット

  • 銀行から融資を引き出す具体的な戦略

  • 収益が上がる物件の見分け方

  • 商業ビルの管理方法

概要

商業ビルを運営するメリットとは

商業ビル運営には高い利回りや賃料、経費率が低い、原状回復の手間・費用が不要など、
住居系不動産にはない魅力があります。
うまく運営することで、一気に収益アップを図ることも可能です。

個人投資家による不動産投資というとマンション・アパート・戸建てといった「住居系不動産」の
イメージが強く、「商業ビル運営」と聞くと、「難しくてできるわけがない!」と
思っている不動産投資家も多いのではないでしょうか。

しかし、ある程度の経験を積んだ不動産投資家であれば、コツを押さえた勉強で
必要な知識とテクニックを身につけることは、難しいことではありません。

では商業ビル運営に必要なこととはなんでしょうか?

住居系不動産との違いをまずは理解する

よい不動産を選び、交渉し、融資を受け、購入し、運営する。

大枠の流れは、私たちが普段取り組んでいる住居系不動産投資と何ら変わりはありません。
商業ビル運営で成功するためには、それらに加え
「住居系不動産とは考え方や基準が異なる点を知ること」が大きなポイントです。

テナントビジネスの市場規模、物件購入時の相場観・優良物件の条件、需要の相違点、
入居者(テナント)への理解や条件交渉・契約手続き、銀行融資の特徴など、
商業ビルならではの特徴・特性を知ることで
これまで培ってきた不動産投資スキルを十分に活かしながら運営することができるようになります。

不動産投資家としてのSTAGEを一つ上にステップアップさせる

商業ビル運営は収益性が高い分、空室が起きた時の損失が大きくなる可能性があります。
また、知らないと失敗する管理ポイント、損をしないテナントとの条件や契約交渉、銀行融資を引き出すために
銀行視点での事業性の捉え方を知っておく必要があるなど、不動産投資家としての力量が試される点も
数多くあります。

この「商業ビル投資ゼミ」では、それらに対応できる術を全て学ぶことができる内容になっています。

投資対象を住居系不動産という限られた枠だけでなく、店舗・オフィスへと広げることによって
不動産投資家としてのSTAGEを一つ上の段階へステップアップしましょう!

申込みはこちら

こんな人におすすめ

  • 住居系不動産よりも高収益・高利回りを実現したい人
  • すでに5,000万円以上の物件を買い進めている人
  • 現在、月額30万円以上のキャッシュフローを得ている人
  • 不動産投資家としてのステージを上げたい人

カリキュラム

  • 第1部 住居系と商業系の違いとは

    ・商業ビルの種類
    ・住居系と商業系の違い
    ・テナントビジネスの市場規模
    ・住居系と商業系の比較
    (購入・立地/募集・維持管理・収入・支出・売約)
    ・借家契約条件の相違点
    ・テナントとの条件交渉
    ・退去時原状回復の相違点
    ・テナント目線で重要なポイント
    ・投資を始めるタイミング

  • 第2部 利益が上がる商業ビルの見分け方

    ・空室ゼロの魅力
    ・好立地の見分け方
    ・低リスク店舗の7条件
    ・購入前のチェックポイント
    ・店舗系で賃料が上がる7つのポイント
    ・オフィス系で賃料が上がる6つのポイント
    ・保証金差引利回りで買う
    ・東京方式と大阪方式
    ・商業ビル独自の利益算出方法
    ・トラブルと解決方法
    ・区分所有商業物件の賢い投資法
    ・収益店舗のタイプと5つの業種
    ・収益ビル3つのタイプ
    ・階数による賃料格差
    ・テナントのビジネスを理解する

  • 第3部 商業ビル融資の具体的テクニック

    ・アパートローンとプロパーローン
    ・積算評価と収益還元評価
    ・銀行からみた事業性の捉え方
    ・保証金とは
    ・現状キャッシュフローと融資
    ・日本政策金融公庫の徹底活用法
    ・ケーススタディ

  • 第4部 商業ビルの管理運営

    ・知らないと失敗する管理7つのポイント
    (店舗系・オフィス系)
    ・区分店舗管理のポイント
    ・契約のポイント
    ・定期借家契約の基礎知識
    ・定期借家契約のメリット/デメリット
    ・賃貸借契約と定期借家契約、どちらが良いか
    ・管理会社の選び方
    ・テナントの見つけ方
    ・退去リスクの減らし方
    ・居抜き物件とは
    ・物件のバリューアップ方法
    ・保険の選び方
    ・2つの出口戦略
    ・トラブル対応事例/ケーススタディ
    ・成長・成功に向けて

申込みはこちら

講師紹介

  • 菅原 誠

    菅原 誠

    司法書士

    学習塾講師、司法書士事務所職員を経て平成4年、東京都台東区で司法書士・行政書士事務所を開業。現在に至る。
    司法書士業・行政書士業の傍ら平成14年から不動産投資を始め、現在、住居220部屋、事務所28部屋、駐車場18台に投資中。自らの投資経験を生かし、多数の不動産投資家の会社設立、不動産登記に携わる。

    パートナーズ総合事務所所長
    元 東京司法書士会新人研修室 室長
    元 東京司法書士会総合研修所 副所長
    元 東京司法書士会台東支部 支部長
    一般社団法人 相続オールインワン 理事
    成年後見センター・リーガルサポート会員
    簡易裁判所訴訟代理認定司法書士

  • 菅沼 尚宏

    菅沼 尚宏

    ファイナンシャルアカデミー認定講師
    宅地建物取引士
    AFPファイナンシャルプランナー

    1966年生まれ、大阪府豊中市出身。大学卒業後、メディア関係の会社に入社。
    2010年、都内の区分ワンルームマンションから不動産投資をスタート。ひとつの投資方法にとらわれることなく、「中古区分」「戸建て」「中古一棟」「新築一棟」「築古アパート」「店舗」「オフィスビル」「海外不動産」と幅広く投資。
    2019年7月現在、住居、店舗、事務所合わせ130室以上の不動産を保有。「不動産はエンターテイメントだ!」をモットーに『人生自由化計画』を提唱している。

安心の受講サポート制度

ファイナンシャルアカデミー受講規約

■ファイナンシャルアカデミー制度規約

この制度規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催するメインスクール、ゼミ、アドバンススクール、その他の講座の受講にあたっての規約を定めるものです。

メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに該当する講座の一覧はこちらで確認できます。

T.受講期間

・メインスクール、ゼミ、アドバンススクール

WEB受講    教材発送日から 2 年間
WEB+教室受講  教材発送日から 2 年間

〈教室受講を追加申込みする際の受講期間について〉

教室受講の追加は当該講座のWEB受講を申込んでいる場合のみ可能です。

・メインスクール

WEB受講期間中に限り、教室受講パスを追加申込みすることができます。その場合のWEB+教室受講の受講期間は、WEB受講の教材発送日から2年間のまま変更はありません。ただし、教材発送日から6カ月以内に教室受講パスを追加申込みした場合には、WEB+教室受講の受講期間が、教室受講パスの受講料納入日より2年間に延長されます。

・ゼミ、アドバンススクール

WEB受講期間中、教室受講パス(1回参加権利)を何度でも追加で申込みすることができます。その場合の受講期間は、WEB受講の教材発送日から2年間のまま変更はありません。

U.受講方法

〈WEB受講について〉

・マイページから動画を視聴できます。
*動画配信は、教室開催された授業すべてが対象となるものではありません。
*動画配信の対象となる授業については、開催日から3営業日以内に動画が配信されます。

〈教室受講について〉

教室受講をするためには、教室受講パスの申込みが必要となります。すべてのメインスクール、ゼミ、アドバンススクールにおいて、各講座で定められた開催単位ごとに教室予約が必要となります。

・メインスクール

開催日の45日前からマイページで教室予約ができます。
受講期間中は何度でも教室での授業に参加できますが、1度に予約できる回数にはスクールごとに定められた上限があります。上限に達した場合には、予約した講座の開催日を過ぎると、その回数分が新たに予約できるようになります。

・ゼミ、アドバンススクール

教室受講パス(1回参加権利)がある場合、教室での授業開催予定の公開と同時に、マイページから教室予約ができます。
教室受講パス(1回参加権利)を追加申込みすることで複数回の参加も可能です。

V.受講サポート制度

(1)受講料返金制度

ファイナンシャルアカデミーが開催するすべての講座に適用されます。
受講した講座の内容に満足できなかった場合、以下の条件をすべて満たしていれば、1人1回まで受講料を全額返金します。

  • 教材発送日から30日以内(教材がない講座の場合には、講座に参加した日から30日以内)に、当校事務局へ「受講料返金制度」の利用を希望する旨を申し出ること
  • 受講料返金制度利用の申し出から7日以内必着で、以下の書類・教材をすべて事務局に送付すること
    1. 当校指定の返金依頼書
    2. 顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)のコピー
    3. 教材一式(教材がある講座のみ)
  • 返金を希望する理由が受講料返金制度の主旨から外れていないこと

[受講料返金制度の利用の流れ]

  1. 受講料返金制度の利用を希望する旨を、事務局にご連絡ください。
  2. 事務局から「返金依頼書」をメール送付もしくは郵送します。
  3. 返金依頼書に必要事項を記入のうえ、顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポートなど) のコピーとすべての教材を事務局にお送りください。
    その際の送料はご負担ください。
  4. 事務局にて内容を確認し、不備・不足がなければ返金時期をメールで通知します。返金のタイミングおよび返金方法は、申込み時の条件により異なります。

[受講料返金制度の対象とならないケース]

  • 教材発送日より31日以上が経過している場合
  • 制度を利用する旨の連絡をいただいてから7日以内に当校必着で、すべての書類・教材を返却できない場合
  • 規定回数を超えて制度の利用を希望した場合
  • 当校の教材を第三者からの売買・譲渡を通じて二次的に取得した場合
  • その他、当校が受講料返金制度の主旨から外れる利用と認めた場合

[注意点]

  • 内容に満足しなかった場合にのみ利用できる制度です。そのため受講料返金制度を利用した講座には再申込みできません。
  • 教材返送時の送料はご負担ください。着払いで返送があった場合、受講料から送料を差し引いた金額を返金します。
  • 受講料返金制度の利用は、当校が開催するメインスクール、ゼミ、アドバンススクール、セミナーのWEB受講・教室受講(対象講座一覧はここから)の、すべての講座を通じて1人1回までとなります。たとえば、不動産投資スクールで受講料返金制度を利用した場合、株式投資スクールなど他の講座では受講料返金制度は利用できません。
  • 複数講座・家族同時受講優待制度を利用した場合、受講料返金制度は同一生計内にて1講座のみ適用となります。たとえば 、不動産投資スクールと株式投資スクールを複数講座・家族同時受講優待制度にて申込んだ場合、受講料返金制度はどちらか一方の講座にのみ適用となります。
    また、受講料返金制度を利用することで単独の受講となった場合、複数講座・家族同時受講優待が適用されなくなるため、2つ目の優待金額分を差し引いた金額を返金します。

    (例)複数講座・家族同時受講優待制度を利用して申込み、1つ目の講座に受講料返金制度を適用する場合
    ・1つ目(1人目)不動産投資スクール WEB受講料 298,000円(税別)
    ・2つ目(2人目)株式投資スクール  WEB受講料 198,000円(税別)(申込み当初、受講料100,000円(税別)を優待)

    2つ目(2人目)が100,000円(税別)優待されているため、298,000円(税別)から100,000円(税別)を差し引いた198,000円(税別)を返金します。

(2)複数講座・家族同時受講優待制度

複数のメインスクールを同時に決済(同時支払い)する場合、2つ目(2人目)以降のメインスクールのWEB受講料が一部優待されます。
WEB受講料に違いがあるメインスクールを同時に申込む場合、受講料が低いほうのメインスクールに優待が適用されます。
希望する場合、手続き方法を案内しますので、事務局までご連絡ください。
・1つ目(1人目)のWEB受講料 298,000円(税別)
 2つ目(2人目)のWEB受講料 298,000円(税別) → 100,000円(税別)優待
・1つ目(1人目)のWEB受講料 298,000円(税別)
 2つ目(2人目)のWEB受講料 158,000円(税別) → 50,000円(税別)優待
・1つ目(1人目)のWEB受講料 158,000円(税別)
 2つ目(2人目)のWEB受講料 158,000円(税別) → 30,000円(税別)優待

*複数講座・家族同時受講優待制度を利用している2人目の受講生を基準にして、本制度を利用することはできません。必ず正規のWEB受講料を納入した1人目の受講生が基準となります。

(3)休学・復学制度

メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに限り適用されます。
やむを得ない理由により一時的に受講の継続が困難な場合に、受講期間中に1度、最大1年間休学することができます。

[休学・復学制度の利用の流れ]

  1. 「休学・復学制度」の利用を希望する旨を、事務局に連絡してください。
  2. 事務局から「休学届」もしくは「復学届」をメール送付もしくは郵送します。
  3. 届出書に必要事項を記入のうえ、事務局にお送りください (送料はご負担ください)。
  4. 事務局にて内容を確認し、不備がなければ、届出を受領した旨をメールでお知らせします。

[注意点]

  • 「休学届」を提出した場合、休学開始日から教室受講、WEB受講ができなくなります。「復学届」を提出した場合、復学日から教室受講、WEB受講ができます。
  • 休学期間を問わず、休学が申請できるのは受講期間中に1度限りです。

(4)継続受講制度


メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに限り適用されます。

受講期間終了後3カ月以内であれば、所定の受講料を納入することで受講期間をさらに2年間延長することができます。

(例)不動産投資スクールを継続受講制度を利用して受講する場合
WEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
WEB + 教室受講 378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)

なお、不動産投資スクール、株式投資スクール、外貨投資・FXスクールについては、受講期間を終了しても利益が出なかったときは、所定の要件に基づいて申請を行うことで、継続受講制度の受講料(WEB受講のみ)の納入が免除になる制度があります。
希望する場合は、事務局にご連絡ください。申請方法と提出書類を案内します。

■教室受講規約

・授業中の録音、録画等はお控えください。
・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音などが他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
・小さなお子様については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りしています。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・一定人数に達しない場合や、講師の急病などにより、授業の開催を延期または中止する場合があります。
・当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
・以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
1. 授業を録音、録画した人
2. ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人
3. 授業の進行に支障をきたす言動をする人
4. 飲酒している人
5. 他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
6. 立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
7. その他、事務局が不適切と判断した人
・企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるためお断りしています。
・資料は授業に参加した人にのみ配布しています。当日欠席した場合はマイページよりダウンロードをお願いします。
・講義中に、当校及び当校グループのホームページ上に開催報告として掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、お気軽に事務局までご連絡ください。


■勧誘行為に関する禁止規約

・当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
・これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。被害を最小限に抑えるため、名前・斡旋先名・企業名などを(1)教室やイベント会場での掲示、(2)当校ホームページへの掲載、(3)受講生へのメール送付等によって受講生への注意喚起を行うことがあります。

2006 年1月1日制定・施行
本規約は、2018年 6月 1日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年 3月15日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年11月11日より一部改訂施行されました。

ファイナンシャルアカデミー受講規約

教材紹介

ファイナンシャルアカデミーの教材は、 初めての人も無理なく始められ、経験者でも充分に満足できる完全オリジナル教材です。 必要な情報を体系立てて学べるので、一度身につけた知識が生涯役立ちます。

オリジナルの教科書が完成するまで

教科書は、 お金のことを正しく伝えるため、日々内容を更新しながら、私たちの手で丁寧に作っています。 必要な情報を体系立てて学べるため、お金の勉強が初めてという方も無理なく始められます。

受講までの流れ

  1. 「商業ビル投資ゼミ」WEB受講・WEB+教室受講の申込み

  2. 支払い方法の選択

    クレジットカードまたは、Amazon Payでのキャッシュレス決済でのお支払いなら5%還元中!
    詳細はこちら>

    クレジットカード

    VISAやMASTERなど、ほぼすべてのクレジットカードが利用できます(分割払いも可)。デビットカードも利用できます。

    Amazon Pay

    Amazonアカウントを使って支払いができます。

    銀行振込

    みずほ銀行 新宿南口支店
    【口座番号】 2099648[普通]
    【名義】 ニホンファイナンシャルアカデミー(カ

    教育ローン

    株式会社セディナ(三井住友ファイナンシャルグループ)が提供する教育ローンが利用できます。

  3. 教材受け取り&受講

    安心の受講料返金制度

    スクールの内容に満足できなかった場合は、受講料を全額返金します。教材発送日から30日以内にご連絡ください。30日間学んだうえで、継続して学ぶかどうかを判断することができます。内容に自信があるからこそ実施できる制度です。

    ※1人1回(1講座)まで利用可能です。 ※返金制度を利用したスクールに再度申込むことはできません。

申込み方法

ゼミに申込む

「商業ビル投資ゼミ」の申込みはこちら

  • WEB受講

    郵送で届く教科書と、スマートフォンや
    PCを使ってWEBで学びます。
    自宅や通勤中など好きな場所や時間に
    自分のペースで学べるスタイルです。

    こんな人におすすめ ・好きな時間に自分のペースで学びたい人
    ・教室に通うことができない人

    受講料 98,000円 (税別)
    受講時間 6時間(90分×4回)
    ※ワークの時間など、実際の講座内容を一部編集して配信しています
    受講期間 教材発送日から2年間。
    ※教室受講の映像を配信しています。(年に1回程度更新)
    セット内容 ・WEB受講パス
    ・教科書1冊
    支払い方法
    クレジットカードまたは、Amazon Payでのキャッシュレス決済でのお支払いなら5%還元中!
    詳細はこちら>

    * クレジットカード
    (一括払い・分割払い・リボ払い)
    VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/DC/JACCS
    * Amazon Pay
    * 銀行振込
    ※教育ローンも利用可能です。詳しくは事務局まで問合せください。
  • WEB+教室受講

    郵送で届く教科書を使ってWEBで学びながら
    教室での授業にも参加ができます。
    WEBと教室、それぞれのメリットを活かして
    学ぶことができるスタイルです。

    こんな人におすすめ ・講師の話を直接聞きたい人
    ・WEBと教室それぞれのよさを活かして学びたい人

    受講料 128,000円 (税別)
    受講日程 開催日決まり次第公開します
    受講場所 東京・新宿校  会場地図はこちら
    セット内容 ・教室受講パス(1回参加権利)
    ・WEB受講パス
    ・教科書1冊
    支払い方法
    クレジットカードまたは、Amazon Payでのキャッシュレス決済でのお支払いなら5%還元中!
    詳細はこちら>

    * クレジットカード
    (一括払い・分割払い・リボ払い)
    VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/DC/JACCS
    * Amazon Pay
    * 銀行振込
    ※教育ローンも利用可能です。詳しくは事務局まで問合せください。

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る