ー代表messageー
先の読めないこの時代に、
すべての働く人に必要なもの。
それが「パラレルインカム」だ。

2021年4月。
コロナウイルスが日本で広がり始めて早1年。

ワクチンの接種開始など少しずつ感染収束への兆しが見えるようになったとは言え、
経済が復興し、コロナ以前の日常を取り戻すまでには、これから先、何年もかかるのではないか。

その事実に、人々が気づき始めている今。
ファイナンシャルアカデミーは、日本における金融経済教育のパイオニアとして、
先の読めないこれからの時代を、一人ひとりが力強く、自分らしく、
そして自由に生きるための鍵となる、大切な考え方を発信したいと思います。

それが「パラレルインカム」という考え方です。

パラレルインカムとは、文字通りに言えば、並行した(パラレルな)所得(インカム)がある状態のことを言います。

「並行した所得」。そう聞くと、すっかり市民権を獲得した「副業」をイメージする人が多いかもしれません。また、「資産運用」で本業とは別の所得を得ることをイメージする人もいるかもしれません。

でも実は、私たちが考えるパラレルインカムとは、「副業」とは全く異なるものです。また、資産運用という手法は用いますが、資産運用であればすべてがパラレルインカムだ、とも言えません。

私たちファイナンシャルアカデミーが考えるパラレルインカムとは、副業での所得も含め、自らが労働することによって得られる所得と並行して、自らが労働をしなくても自動的かつ定期的な所得を得ている状態を言います。言わば、「お金のなる木」を2本持っている状態です。

パラレルインカムになるために必要な
2本の「お金のなる木」とは


パラレルインカムになるための1本目の木は、働いて所得を得る「労働所得の木」です。多くの人がすでに持っているであろうこの木は、大きさにこそ多少の差はあれ、毎月継続的に、生活するために必要な「お金」という果実をつける、優秀な木です。

この木は、私たちの人生にとってなくてはならない存在です。私たちの多くは、この「労働所得の木」を手に入れるために、社会に出るまで多くの年月を費やし、よい成績をとるために勉強し、学歴を手にするために高額な学費を払ってきました。でも、この「労働所得の木」には弱点があります。それは、将来にわたって健全に「お金」という果実をつけ、その果実を増やしていくためには、手間暇をかけ続けなければならない、ということです。

一度就職できれば終身雇用で一生安泰。給料は右肩上がりで、定年を迎えればまとまった退職金がもらえるーーそんな時代はもう過去の話です。めくるめくスピードで変化する時代の中にあっては、求められるスキルもどんどん変化します。たった20年ほど前まで「つぶしがきくから」と多くの人が簿記や英語の資格取得に励んでいましたが、今はプログラミングやWEBデザインなど、当時は認知さえされていなかったスキルが、流動性の高い人材に不可欠なスキルとなっています。

では今から20年後はどうなっているのか。誰にもはっきりとはわかりません。でも、これだけは言えます。将来にわたって「労働所得の木」に「お金」という果実を実らせ、その果実を増やしていくには、常に土を耕し、肥料をやり、有害な虫がついていないかチェックする、といった時間的・労力的負荷が不可欠なのです。

そこで登場するのが、パラレルインカムになるためのもうひとつの木である「資産所得の木」です。ここでとても重要なのが、パラレルインカムのための資産所得は、株式の売買やFXの取引で得るような、いわゆる「キャピタルゲイン」とは別モノである、ということです。また、投資信託の積立などで「長期的に金融資産を増やしていくこと」とも別モノです。パラレルインカムで言う所得とは、不動産投資による家賃収入や株式投資の配当金など、一般的には「インカムゲイン」と言われているものに該当します。

もちろん、キャピタルゲインを得ることや金融資産の長期保有を否定しているわけではありません。いずれも資産を増やしていくという上で意味がある行為です。しかし先の読めないこの時代に、「労働所得の木」に並行するもうひとつの「木」となり得るためには、自らが労働しなくても自動的かつ定期的に、そして願わくばそれが安定的に入ってくる所得である必要があるのです。

想像してみてください。あなたに「労働所得の木」と並ぶもう1本の「お金のなる木」があって、そこから自動的、定期的にお金が入ってくる状態を。しかも、この「資産所得の木」は、常に土を耕したり、肥料をやったりと、メンテナンスが必要な「労働所得の木」と違って、一度手に入れさえすれば、時間的・労力的負荷はほとんどかかりません。風の強い日々が続いても、日照りが続いても、淡々と定期的に実をつけてくれます。キャピタルゲインのように、本来「不労所得」であるはずが、気づいたら値動きのチェックや取引のために自分の時間を膨大に使ってしまっていたということもないですし、市場環境や自分のコンディションによる豊作・不作もありません。そして何より、インカムゲインである以上、貯蓄や投資信託の積立のように「使ったから減る」ということがありません。果実を収穫しても、自動的、定期的に次の果実が実ります。

果実を収穫しても減ることのない「お金のなる木」。そんな夢のような木が、「資産所得の木」なのです。

パラレルインカムの本質は、
生活の維持ではなく、
自己実現のための仕事が
できるようになること


ここまでお話しすると、一刻も早く「資産所得の木」を手に入れて仕事をリタイアし、自由気ままに過ごす生活を実現したいという想いが頭をよぎった人もいるかもしれません。でも私たちファイナンシャルアカデミーは、あえて並行した(パラレルな)2本の「お金のなる木」を持ち続けるという生き方にこだわりたいと考えています。

その理由は2つあります。ひとつは、先の読めない時代だからこそ、並行した(パラレルな)「お金のなる木」を持つことの重要性がこれからますます増してくるということ。そしてもうひとつは、仕事を通じて自己実現や社会貢献をすることには、人生を豊かにするうえでのプライスレスな価値があると考えるからです。

パラレルインカムにおける2本目の木が、自らが労働しなくても自動的かつ定期的に得られる「資産所得の木」であることの必然性はここにもあります。副業や株式の売買やFXのキャピタルゲインのように何かしらの「労働」を伴うものは、やればやるほど1本目の「労働所得の木」のメンテナンスに注げる時間が減っていきます。あるいは、家族や友人と過ごしたり、ひとり時間を楽しむプライベートな時間が減っていってしまいます。

でも、それでは本質的には本末転倒なのです。パラレルインカムによって、生活の維持が主目的だった労働が、本当にやりたい仕事にコミットし、自己実現や社会貢献をするための労働へと変わる。これこそが、「パラレルインカム」の本質。私がすべての働く人に「パラレルインカム」を届けたい理由は、まさにここにあるといっても過言ではありません。

少しプライベートな話になりますが、私自身がまさにそうでした。20代の頃、生活を維持するために働かなければと様々な仕事を経験しましたが、どうしても心の底からやり甲斐を感じられず、長続きしませんでした。浪費癖もあり、お金に困った時期すらありました。しかし、不動産投資と出会い、勉強し、660万円を元手に物件を買い進めることで、私の「資産所得の木」はあっという間に「労働所得の木」よりも大きく育ちました。そして心の余裕が生まれたことで、私にとっての労働は、生活を維持するためのものから「金融経済教育を日本に広めたい」という自己実現のための労働へと変わったのです。気づけばそこから18年。このファイナンシャルアカデミーという学校は私にとってライフワークであり、人生にとってなくてはならないものになっています。そしてこの経験が、私がすべての働く人に「パラレルインカム」という考え方を届けたい原動力になっているのです。

パラレルインカムを「所得の種類」と
「フロー or ストック」の、
マトリクスで考える


パラレルインカムへの理解をさらに深めていきましょう。

世の中には「お金」を得るための情報が溢れかえっていますが、実は分類するとたった4つしかありません。その方法は「所得の種類」と「フロー or ストック」の掛け合わせで4つに分類できます。

所得の種類は、働いて得る「労働所得」と資産運用によって得る「資産所得」の2つです。本業であれ、副業であれ、働くことで得られる所得はすべて「労働所得」になります。資産運用によって得られる所得は、方法は何であれ、広い意味では「資産所得」になります。

もうひとつの軸は、「フロー or ストック」です。英語で言うと、「フロー」とは「流れ」、「ストック」とは「蓄え」のことです。最近では「フロー型ビジネス」「ストック型ビジネス」という言葉もよく耳にするようになりました。例えば、CDを1枚1枚売ったり貸したりするのは「フロー型ビジネス」ですが、Apple musicやSpotify のように、大量の音楽という蓄えを持ってサブスクリプション型でサービスを提供するものは「ストック型ビジネス」です。



実はこれと同じようなことが「所得」にも言えます。図を見てください。Aは、労働所得フロー型。会社に勤めて給料を得ることはここに当てはまります。「フロー型」ですので、残念ながら、あなたが働かなければその途端にお金が入らなくなってしまうのが特徴です。Bは、労働所得ストック型。「労働所得にストック型が存在するの?」と思った人もいるかもしれませんが、例えば、労働をしなくてもいい天下りの役職での役員報酬や、有資格者として名前を貸すことで毎月給与を得たりといった形態が、数こそ少ないものの、世の中には存在します。

残りの2つを見てみましょう。Cは、資産所得フロー型。株式の売買やFXの取引などでお金を得ることは、ここに当てはまります。「フロー型」ですので、あなたが取引をしなければ、お金が入ってくることはありません。最後にDの、資産所得ストック型。株式投資の配当金や不動産投資の家賃収入があてはまります。

もうおわかりだと思いますが、ストック型の最大の特徴は、自分が汗水流して働かなくても、時間的・労力的負荷がほとんどなく、自動的かつ定期的に所得が得られることです。だから、パラレルインカムで目指すべき2本目の「お金のなる木」は「資産所得ストック型」である必要があるのです。

正しい理解、十分な知識、そして実践
パラレルインカムは、
誰にでも実現できる


ここまで聞くと、確かにパラレルインカムは理想的だ、でも自分にはほど遠い世界だ、と感じる人もいるかもしれません。ですが、私は冒頭で「パラレルインカムはすべての働く人に必要なものだ」とお伝えしました。つまり、お金を増やしたい人だけが必要な話ではないのです。

終身雇用制度は完全に崩壊し、ひと昔前には人気ランキングの上位だった企業からもどんどん優秀な若手が去っているというニュースも聞きます。絶対に安泰と思われていた大企業でも、このコロナ禍で社員の休業や解雇に追い込まれたところもあります。これからの時代、初めは小さな苗木であったとしても、2本の「お金のなる木」を何らか持つことは、残された長い人生を自分らしく過ごすために不可欠なのです。

ではどうすれば、パラレルインカムを実現することができるのでしょうか。

それにはまず、「パラレルインカム」という考え方についての正しい理解が不可欠です。副業とは何が違うのか、株式投資やFXでキャピタルゲインを得ることや投資信託による長期投資とは何が違うのかーー。そして、実践するためには、正しい知識とノウハウが必要です。

パラレルインカムは、自動的かつ定期的に果実が収穫できるようになってこそ、そしてそれによって生活を維持するための労働から解放されて心の余裕が生まれてこそ、意味があります。でも、そのためには最初にまとまった努力が必要です。ネットの記事やYou Tubeの解説動画で断片的な知識を得たり、金融機関や不動産業者の人に勧められたり、といった中でとりあえず株式や不動産に投資してみるというのでは、絶対に実現しません。

しかし、逆に言えば、正しく理解をし、学びと実践のサイクルを繰り返すことができる前向きな人であれば、決して特別な人でなくても実現できるのです。

過去の私自身がまさにそのひとりです。そして、ファイナンシャルアカデミーの卒業生にも、愚直に学んで実践することでパラレルインカムを実現した人が、本当にたくさんいます。

「パラレルインカム」という考え方に出会ったあなたの前には、実現への扉が置かれています。その扉を開けて、実現へとつながっている道を進み始めるかどうかはあなた次第です。先の読めないこれからの時代を、流れのままに生きるのか。それとも力強く、自分らしく、そして自由に生きるのか。あなたはどちらを選びますか。

ファイナンシャルアカデミー代表 ファイナンシャルアカデミー代表 泉