メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る
信用取引トレーニングゼミ申込みはこちら

株式投資の売買戦略を拡大し、
利益を生み出すチャンスを広げる
信用取引徹底トレーニング

信用取引トレーニングゼミ

信用取引の基本、仕組み、売買テクニックを学び、空売りを始めとする投資戦略を身につけることで、株式投資の成果を加速度的に増やすための考え方と実践ノウハウが獲得できます

信用取引の仕組みとテクニックを
理解することで
資金効率と利益獲得のチャンスを
最大限に上げる

株式投資で大きな利益を上げる。
そのためにはそれに見合った株券を購入するための大きな資金が必要になってきます。
ほしい銘柄があったとしても、当然ながら見合うだけの資金がなければあきらめることが必要になってきます。

しかし、株式投資の世界では、自己資金以上の取引を実現し、大きな利益を得る方法が存在します。
それが「信用取引」です。

信用取引の魅力のひとつは、自己資金に「レバレッジ」をかけることが可能になること。
実に自己資金の約3倍の取引を行うことができ、その分利益も大きく出すことが可能になります。

ただ、信用取引は一般的に「リスクが高い」と思われがちです。
そこにも「レバレッジ」の存在があります。
レバレッジとは「テコの原理」のこと。
信用取引の仕組みを使えば、自己資金以上の取引が可能になるため、損失が出た時の損害も大きくなってしまうからです。

ここで間違えてはいけないのは、信用取引の仕組みが危険なのではなく、適切なレバレッジのかけ方を知らないことが問題なのです。

信用取引でリスクをカバーしながら、大きく利益を出すためのポイントは「資金のレバレッジ」、「時間のレバレッジ」、「値幅のレバレッジ」をうまくコントロールしながら効率よくかつ安全に取引を行う方法を見に付けていくこと。

現物取引との違いをしっかりと把握し、信用取引の本質と仕組みを理解すれば、株の投資戦略が大きく広がります。

こんな人におすすめ

  • 下げ相場でも利益を狙えるようになり投資効率を高めたいと考えている人
  • レバレッジを使ってこれまでの3倍の資金効率で投資をしたいと考えている人
  • 再現性のある信用取引を身に付けて自分の投資手法の幅を広げたい人
  • リスクを理解して安全に信用取引をしたいと考えている人
  • 信用取引に特化した投資戦略を学んで投資のチャンスを広くしたいと考えている人
  • 信用取引の基本的な戦略を学び、安全に信用取引をスタートしたいと思っている人
  • 現物取引と信用取引の違いを把握して信用取引を有効に使っていきたいと考えている人

信用取引トレーニングゼミを
受講することで
得られる7つのメリット

  1. 少ない資金で効率的な取引ができる

    「ほしい銘柄があるけれど、現在の資金では買えない・・。」そんな時でも信用取引であれば、売買できるチャンスがあります。少ない自己資金で大きな取引を行うことができるのが信用取引の大きなメリットのひとつ。その手法を学ぶことができます。

  2. どんな相場でも利益を狙える。

    信用取引では「売り」から取引をスタートさせることができます。上昇トレンドだけでなく下降トレンドであっても利益にできるメリットは計り知れません。「空売り」の仕組みから売買方法まで学ぶことができます。

  3. 保有株を担保として利用できる。

    現物で保有する株式を担保として利用できるのも信用取引の魅力のひとつ。現在保有している資産を最大限に活用し、資金効率よく利益を拡大していくことができます。

  4. 同じ銘柄を一日に何度も売買できる。

    現物取引では実現できない「日計り取引」が信用取引では可能になります。しかも売買で得た利益は即自己資金として利用することも可能です。強い上昇トレンドを逃さない取引や急落した場合にも大きな損失を出さずに取引することが可能になります。

  5. 現物取引のリスクヘッジができる。

    権利落ち日など、現物で保有している株式が値下がりするリスクがある時に、同じ銘柄を信用取引で売り建てすることで値下がりのリスクをカバーすることが可能です。「手放したくはないが、仕方がない・・」と諦めていたタイミングでもリスクを最小限にしてチャレンジすることができるようになります。

  6. 現物株の「予約買い」ができる。

    「せっかくのチャンスなのに手元の資金が足りない」そんな時は信用買いをしておき、予定していた資金が手元に入ってきたら現引きする手法がとれます。つまりこれは「いずれ現物で買う株を予約買い」する取引ができるようになる、ということです。資金不足が理由で逃していた売買タイミングを、絶好のチャンスにすることができるようになります。

  7. 株式投資で資産を増やす幅広い戦略がたてられる。

    建て売り、空売り、つなぎ売り、予約買い、日計り取引などなど・・・信用取引の知識とテクニックを身につけることで、株式投資の選択肢が増えて戦略の幅が何倍にも広がっていきます。これまで自分の利益にできなかったタイミングや時間までも味方につけることができることは資産形成の上でも大きなメリットになります。

ファイナンシャルアカデミーの
カリキュラムが
成果を出し続けられる3つの理由

  1. その

    短期間で成果を上げる、
    体系化されたメソッド

    ファイナンシャルアカデミーのカリキュラムは、テーマごとに必要な情報がすべて網羅されています。また、特定の成功者の体験ではなく、誰にでも成果が出せる「再現性」を追求し、普遍的なメソッドを作り上げています。この短期間で成果を上げるためのノウハウが詰め込まれたオリジナルのメソッドによって、スピーディに成果へと導きます。

  2. その

    実践力が身につく、最新の情報に対応した
    ワークやケーススタディ

    毎回の授業では、それぞれの講師が自ら作成した補助資料を用意しています。普遍的なメソッドは教科書で押さえ、最新の情報や展開の早いトピックスは補助資料でキャッチアップ。また、実践的なワークや最新データを用いたケーススタディにより、知識だけでなく実践力もしっかり身につきます。

  3. その

    ライフスタイルに合わせた、
    選べる2つの受講形式

    ファイナンシャルアカデミーの講座では、WEB・教室の2つの受講方法を用意しています。WEB受講では、自宅や通勤中など好きなときに何度でも繰り返し受講できるので、自分のリズムで勉強を進めることができます。教室受講では、受講生同士のディスカッションや講師とのコミュニケーションを行いながら互いに刺激し合って学べます。

ファイナンシャルアカデミーとは?

ファイナンシャルアカデミーとは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、
資産運用、キャリア、人生と社会を豊かにする
お金の使い方までを学ぶことができます。

2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・オンライン校を通じて、年間で延べ万人が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。

私たちは、投資信託も株式も、保険も不動産も売りません。金融商品の販売や紹介を行わない当校の運営は、すべて授業料で成り立っています。受講料をいただく代わりに、受講生にとって本当に有益な情報のみを中立性ある立場で提供しています。これが、私たち教育機関としてのこだわりです。さらに中立性に加えて、客観性を保つため、経済・金融・教育・法務の各分野における有識者で構成されたアドバイザリーボードを設置しています。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」を正しく学び、育むことで、受講生一人が目標を達成し、それぞれの夢に近づいていく。そのための徹底した教育への「こだわり」と「想い」が、多くの受講生から支持されています。

メディア掲載

新聞・テレビ
雑誌

ファイナンシャルアカデミー書籍

当校および代表の泉正人などが著作・監修した書籍は、累計160万部超。
代表自身の経験や知識に基づいた「豊かな人生を送るための指南書」から、お金の教養が一冊で分かる入門書まで、
お金の教養が高まる書籍を100冊以上出版されています。

イベント

お金の教養フェスティバル

2005年からスタートし、毎年1回以上開催している、
延べ2万3,000人以上を動員した、日本最大級のお金のイベントです。
前回は3,400名を超える申込みがあり、会場は熱気に包まれました。

企業研修

ファイナンシャルアカデミーでは法人向けの研修も行っています。
研修を実施した企業は30社を超えており、豊富な実績があります。

  • ANAエアサービス東京労働組合
  • 足利銀行
  • アントステラ
  • エス・アンド・アイ
  • SBSHDS
  • オプトホールディングス
  • 北日本銀行
  • 金融広報中央委員会
  • 資生堂労働組合
  • ソフトバンクテレコム株式会社
  • 千代田区男女共同参画センター
  • 東京証券取引所
  • 東京新聞
  • 東京労働組合
  • 日本FP協会
  • 日本経済新聞社
  • 日本証券業協会・証券知識普及プロジェクト
  • パソナ株式会社
  • パレット共済会
  • 富士ゼロックス
  • 不動産証券化協会
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • マルイ
  • 三越労働組合
  • 三菱鉛筆
  • メットライフアリコ
  • 守谷商会
  • 読売新聞
  • リビング新聞社
  • リロ・フィナンシャル・ソリューションズ
  • ルネサステクノロジー
  • レンドリース・ジャパン
  • ロイヤルホスト など
  • (敬称略。50音順)

有識者による
アドバイザリーボード

当校では、バランスの取れた多様で中立的な意見・提言を得ることを目的として、
各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。
それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、
当校の運営などについてアドバイスをもらっています。

  • 竹中 平蔵

    竹中 平蔵

    東洋大学国際地域学部教授
    慶應義塾大学名誉教授

    1951年和歌山県和歌山市生まれ。一橋大学経済学部卒。日本開発銀行などを経て慶應義塾大学教授に就任。2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣。2002年に金融担当大臣を兼務。2004年参議院議員当選。2005年総務大臣・郵政民営化担当大臣。現在、東洋大学国際地域学部教授、慶應義塾大学名誉教授。その他、アカデミーヒルズ理事長などを務める。

  • 岩井 重一

    岩井 重一

    弁護士
    元東京弁護士会会長

    1968年中央大学法学部卒業。1969年司法試験合格。1972年弁護士。2004年東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長兼務。日本司法支援センター(愛称法テラス)時代には、常勤弁護士推進本部長として、市民と司法の架け橋を目指し、司法アクセスの改善のための取り組みを行なった。

  • 漆 紫穂子

    漆 紫穂子

    品川女子学院 理事長
     

    1961年東京都品川区生まれ。早稲田大学国語国文学専攻科修了。「28プロジェクト〜28歳になったときに社会で活躍する女性の育成」を教育の柱に、社会と生徒を直接結ぶ教育により、従来の役割を超えた学校作りを実践している。著書に『伸びる子の育て方』(ダイヤモンド社)、『女の子が幸せになる子育て』(かんき出版)など。

  • 森本 美成

    森本 美成

    元野村證券顧問
    元ジャフコ専務取締役等

    1947年和歌山県和歌山市生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒。野村證券時代は外国株式営業の立ち上げと営業展開に参画し、ジャフコ移籍後は、ベンチャー企業の発掘、投資の第一線で活躍した。現在もそうしたベンチャー企業の経営者との人脈が豊富である。

担当講師紹介

戸松 信博

戸松 信博

グローバルリンクアドバイザーズ株式会社 代表取締役

1973年、東京都生まれ。立教大学社会学部卒業後、大手レコード会社に入社。就職後、やはり裏方ではなく、自らステージの上に立つ音楽活動をしたいと考え、お金の為に働くのではなく、やりたいことを自由に行えるようになることをめざし、資産1億円の達成の目標を打ち立てる。預金や株や不動産投資など、資産1億円の達成を成し遂げるには何が最も効率が良いかを考え抜いた末、昭和初期から日本株を持ち続けていた場合、億万長者になった例が多数ある点に着目。それならば、昭和初期の状態と同じような状況にある開発途上国の株を購入し、ずっと持ち続けていれば、過去の日本株と同じように資産を急拡大できるのではないかと考え、中国株に注目。1995年よりいち早く投資を行い、独自の投資研究を積む。

1999年からは自らインターネット上で中国株専門の情報配信を開始。他に類を見ない詳細で的確な分析が口コミで広がり、現在、購読者は3万人に及ぶ。2002年、中国株ブームを巻き起こした『10万円から本気で増やす中国株』を出版。2005年、在籍していた投資顧問会社を買収(MBO)し、社名をグローバルリンクアドバイザーズ(株)に変更。2009年1月には第二種金融商品取引業、投資運用業の免許を取得し、ファンド運用事業にも進出。

フジテレビのバイキング、ダイヤモンドzaiなど、テレビや雑誌、新聞などに多数出演。

<主な著書>
スピードマスター 1時間でわかる 株価チャートの読み方(技術評論社)
本気で始める人の株式投資の教科書。 (リンダパブリッシャーズ)
日本人が知らなかった海外投資 米国株
アメリカをゲートウェイに世界中の成長市場に賭ける(翔泳社)
中国株「黄金の10年」(小学館)
ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則(アスペクト)

担当講師からのメッセージ

〈このセミナーで学べること〉
一般的には怖いイメージもある信用取引ですが、信用取引も自動車の運転と同じで、リスクはありますが、きちんと仕組みを理解し、しっかり守るべき交通ルール(投資のルール)を学んで、きちんとそのルールを守って、安全な速度(金額)で利用すれば、非常に便利な投資ツールとなります。

信用口座は株式をしている人全体の5%ほどしか開いていないといいますから、有効に活用すれば優位性のある武器になると思います。
このセミナーでは信用取引の仕組み、守るべきルール、リスクの管理方法から有効な活用方法までをまるごとまとめてお伝えするセミナーとなっております。

〈どんな人が向いているか〉
・株スクール受講生で、さらにステップアップしたい意欲をお持ちの方
・実際に投資を行ってみて、なかなか利益を上げられず、壁にぶち当たっている方

初心者の皆様にも分かり安く話すように努めますので、初心者から上級者の皆様まで、是非、ふるってご参加いただければと思います。

〈このセミナーへの意気込み〉
私は投資顧問会社・運用会社を15年以上経営してきました。その中ではたくさんの投資家の方とお話しさせて頂きましたし、経験や知見を得る機会もたくさんありました。
本セミナーでは、信用取引の基礎的な知識などはもちろん、そういった経験から積み上げてきた、他では聞けないような、実戦的な内容を多く盛り込みました。内容には自信があります。
受講された皆さんに何らかの“気づき”を得てもらい、すぐにご自身の売買に活かせてもらえるようなセミナーになればいいなと思っております。
当日、多くの方の前でお話しできることを楽しみにしています。

信用取引の仕組みを学べば、
今よりも株式投資の効率が6倍に

株式投資の効率を飛躍的に向上してくれるもの、それが信用取引です。
信用取引で得られるもの、それは「お金」と「時間」の効率です。

信用取引の仕組みを理解し、

 
 
  • どのくらいの金額で取引が可能なのか
  • どのような場合に信用取引をするのが効果的なのか
  • 現物取引と信用取引で、同じことと違うこと

など、信用取引の特長を意識した株式投資を実践することで、
投資効率を向上させることができるのです。

信用取引は、いつでも狙えば良いというものではありません。
市場や銘柄、自分の投資戦略に合わせて投資するのです。

信用取引トレーニングゼミでは、

 
 
  • 信用取引を使いこなすための基本知識
  • 下げ相場でどのように立ち回るのか基本戦略
  • どんな相場でも立ち回れるようになる応用戦略
  • 感情的にならず、機械的に取引ができるようになる方法

について、じっくりと学ぶことができます。

投資効率を6倍に上げたら
どんな未来が待っているのか?

信用取引を戦略的に身につけることで大きく変わること。

それは「投資効率」です。

約3,700の銘柄がありますが、ただやみくもに信用取引をすれば良いものではありません。

信用取引と上手に付き合っている投資家とは、
  • 信用取引で買いから入る場面
  • 信用取引で売りから入る場面
  • 取引しない場面      
市場に合わせて適切な取引ができる人です。

現物取引のみで株式投資をする人は、株価が下がっている時の基本戦略は「守ること」です。
一方、信用取引を身につけると、下げ相場でも「攻め」の取引ができます。

現物取引と信用取引、市場に合わせた投資をすることで、常に「攻め」の戦略をすることができるようになります。
  • 信用取引がわからないので、
    下げ相場では指をくわえて
    みているだけの未来

  • 信用取引の仕組みを
    理解してトレーニングすることで
    下げ相場でも利益を狙うことが
    できるようになり
    常にチャンスを手に入れる未来

あなたはどちらをを選びますか?

信用取引トレーニングゼミの3つのメソッド

信用取引トレーニングゼミは、3つのメソッドで構成されています。
個人投資家が実践している「再現性のある」リアルなメソッドです。

  1. 売買戦略基本
    メソッド

    • 信用で狙うべき「順張り」と「逆張り」ノウハウ
    • ローソク足と移動平均線で見極める売買タイミング見極め術
    • 利益を出し続ける売買戦略ノウハウ
    • 信用取引をやるべきタイミングと避けるべきタイミンを判断する相場見極め術
    • 相場や銘柄に適した取引をするためのレバレッジコントロール術
  2. 売買戦略応用
    メソッド

    • 信用取引のためのテクニカル分析徹底攻略ノウハウ
    • 現物と信用を使い分けるようになるための実践チャートノウハウ
    • 信用取引でファンダメンタルを活かすためのノウハウ
    • 空売りタイミングを見逃さないチャート分析ノウハウ
  3. リスク管理
    メソッド

    • 信用取引に向いている銘柄発見術
    • これだけは絶対にやってはいけない リスクコントロール術
    • 適切なレバレッジでロスカットを避ける運用資金コントロール術
    • 攻めるためのロスカット実践ノウハウ
    • 「つなぎ売り」実践メソッド
    • 規制を把握してリスクをコントロールするノウハウ
    • 信用取引のコストを把握して利益をだすトレーディング術

カリキュラム一覧

  1. vol.1信用取引の基本と実践

    study 1

    信用取引の基本

    • 1-1-1 現物取引と信用取引の違い
    • 1-1-2 信用取引の特徴(4つのメリット)
    • 1-1-3 信用取引の特徴(4つのデメリット)
    • 1-1-4 リスク管理
    • 1-1-5 信用取引をおこなう意味
    • 1-1-6 口座開設
    study 2

    信用取引実践トレーニング

    • 1-2-1 信用取引の流れ
    • 1-2-2 信用取引にまつわる規制
    • 1-2-3 トレンド戦略の基本
    • 1-2-4 トレンド戦略での実践トレーニング
  2. vol.2信用取引の戦略とテクニック

    study 1

    戦略とテクニック

    • 2-1-1 @トレンド戦略(買い、売り)
    • 2-1-2 Aペアトレード戦略(買い、売り)
    • 2-1-3 B全体相場急落戦略(売り)
    • 2-1-4 C悪材料銘柄戦略(売り)
    • 2-1-5 D急騰銘柄の反動減戦略(売り)
    • 2-1-6 Eうねり取り戦略(買い、売り)
    • 2-1-7 F即金規制銘柄戦略(現金買い)
    • 2-1-8 G増担保規制銘柄戦略(売り)
    • 2-1-9 H大口機関投資家空売り戦略(売り)
    • 2-1-10 I株主優待タダ取り戦略(売り)
    study 2

    エントリー見極めテクニック

    • 2-2-1 @信用評価損益率
    • 2-2-2 A貸借倍率
    • 2-2-3 B出来高
    • 2-2-4 C板(気配値)と歩み値
    study 3

    信用取引を賢く利用する

    • 2-3-1 信用取引を利用したリスク管理事例
    • 2-3-2 おわりに
※カリキュラムは現在作成中のものです。一部変更になる可能性があります。

安心の受講サポート制度

ファイナンシャルアカデミー制度規約・受講規約

この制度規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催するメインスクール、ゼミ、アドバンススクール、その他の有料講座の受講料等や受講サポート制度の適用に関する規約を定めるものです。

メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに該当する講座の一覧はこちらで確認できます。

T.受講料等

・受講を希望する講座ごとに定められた受講料を納入することで、該当講座の受講権利が得られるものとします。なお、メインスクールを初めて受講する際は、特に優待・免除されている場合を除いては入学金を納入するものとします。

U.受講期間

・メインスクール、ゼミ、アドバンススクール

WEB受講    教材発送日から 2 年間
WEB+生放送LIVE受講*  教材発送日から2年間
WEB+教室受講  教材発送日から 2 年間
*生放送LIVE受講は、一部の講座のみが対象です。

・メインスクール

WEB受講期間中に限り、生放送LIVE受講パス・教室受講パスを追加申込みすることができます。その場合の受講期間は、WEB受講の教材発送日から2年間のまま変更はありません。
*受講期間中に教室受講パスから生放送LIVE受講パスへ変更することはできません。生放送LIVE受講パスから教室受講パスへの変更も同様です。

・ゼミ、アドバンススクール

WEB受講期間中に限り、教室受講パス(1回参加権利)を何度でも追加で申込みすることができます。追加で購入したパスの受講期間は、WEB受講の教材発送日から2年間のまま変更はありません。

V.受講方法

〈WEB受講について〉

・マイページから動画を視聴できます。
*動画配信は、教室開催された授業すべてが対象となるものではありません。
*動画配信の対象となる授業については、開催日から原則として3営業日以内に動画が配信されます。

〈生放送LIVE受講について〉

生放送LIVE受講をするためには、生放送LIVE受講パスの申込みが必要となります。各講座で定められた開催単位ごとに生放送LIVE受講予約が必要となります。
開催日の公開と同時に、マイページから生放送LIVE受講予約ができます。

・メインスクール

マイページで生放送LIVE授業の予約ができます。
受講期]限中は何度でも生放送LIVE授業に参加できますが、1度に予約できる回数にはスクールごとに定められた上限があります。上限に達した場合には、予約した講座の開催日を過ぎると、その回数分が新たに予約できるようになります。

〈教室受講について〉

教室受講をするためには、教室受講パスの申込みが必要となります。各講座で定められた開催単位ごとに教室受講予約が必要となります。

・メインスクール

開催日の45日前からマイページで教室受講予約ができます。
受講期間中は何度でも教室での授業に参加できますが、1度に予約できる回数にはスクールごとに定められた上限があります。上限に達した場合には、予約した講座の開催日を過ぎると、その回数分が新たに予約できるようになります。

・ゼミ、アドバンススクール

教室受講パス(1回参加権利)がある場合、教室での授業開催予定の公開と同時に、マイページから教室受講予約ができます。
教室受講パス(1回参加権利)を追加申込みすることで複数回の参加も可能です。

W.受講サポート制度

(1)受講料返金制度

ファイナンシャルアカデミーが開催するすべての有料講座に適用されます。
受講した講座の内容に満足できなかった場合、以下の条件をすべて満たしていれば、1人1回まで受講料を全額返金します。

  • 教材発送日から30日以内(教材がない講座の場合には、講座に参加した日から30日以内)に、当校事務局へ「受講料返金制度」の利用を希望する旨を申し出ること
  • 受講料返金制度利用の申し出から7日以内必着で、以下の書類・教材をすべて事務局に送付すること
    1. 当校指定の返金依頼書
    2. 顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)のコピー
    3. 教材一式(教材がある講座のみ)
  • 返金を希望する理由が受講料返金制度の主旨から外れていないこと

[受講料返金制度の利用の流れ]

  1. 受講料返金制度の利用を希望する旨を、事務局にご連絡ください。
  2. 事務局から「返金依頼書」をメール送付もしくは郵送します。
  3. 返金依頼書に必要事項を記入のうえ、顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポートなど) のコピーとすべての教材を事務局にお送りください。
    その際の送料はご負担ください。
  4. 事務局にて内容を確認し、不備・不足がなければ返金時期をメールで通知します。返金のタイミングおよび返金方法は、申込み時の条件により異なります。

[受講料返金制度の対象とならないケース]

  • 教材発送日より31日以上が経過している場合
  • 制度を利用する旨の連絡を事務局が受領してから7日以内に当校必着で、すべての書類・教材を返却できない場合
  • 規定回数を超えて制度の利用を希望した場合
  • 当校の教材を第三者からの売買・譲渡を通じて二次的に取得した場合
  • その他、当校が受講料返金制度の主旨から外れる利用と認めた場合

[注意点]

  • 内容に満足しなかった場合にのみ利用できる制度です。そのため受講料返金制度を利用した講座には再申込みできません。
  • 教材返送時の送料はご負担ください。着払いで返送があった場合、受講料から送料を差し引いた金額を返金します。
  • 受講料返金制度の利用は、当校が開催するメインスクール、ゼミ、アドバンススクール、セミナーのWEB受講・生放送LIVE受講・教室受講(対象講座一覧はここから)の、すべての講座を通じて1人1回までとなります。たとえば、不動産投資スクールで受講料返金制度を利用した場合、株式投資スクールなど他の講座では受講料返金制度は利用できません。
  • 複数講座・家族同時受講優待制度を利用した場合、受講料返金制度は同一生計内にて1講座のみ適用となります。たとえば 、不動産投資スクールと株式投資スクールを複数講座・家族同時受講優待制度にて申込んだ場合、受講料返金制度はどちらか一方の講座にのみ適用となります。
    また、受講料返金制度を利用することで単独の受講となった場合、複数講座・家族同時受講優待が適用されなくなるため、2つ目の優待金額分を差し引いた金額を返金します。

    (例)複数講座・家族同時受講優待制度を利用して申込み、1つ目の講座に受講料返金制度を適用する場合
    ・1つ目(1人目)不動産投資スクール 基本受講料 298,000円(税別)
    ・2つ目(2人目)株式投資スクール  基本受講料 198,000円(税別)(申込み当初、受講料100,000円(税別)を優待)

    2つ目(2人目)が100,000円(税別)優待されているため、298,000円(税別)から100,000円(税別)を差し引いた198,000円(税別)を返金します。

(2)複数講座・家族同時受講優待制度

複数のメインスクールを同時に決済(同時支払い)する場合、2つ目(2人目)以降のメインスクールの基本受講料が一部優待されます。
基本受講料に違いがあるメインスクールを同時に申込む場合、受講料が低いほうのメインスクールに優待が適用されます。
希望する場合、手続き方法を案内しますので、事務局までご連絡ください。
・1つ目(1人目)の基本受講料 298,000円(税別)
 2つ目(2人目)の基本受講料 298,000円(税別) → 100,000円(税別)優待
・1つ目(1人目)の基本受講料 298,000円(税別)
 2つ目(2人目)の基本受講料 158,000円(税別) → 50,000円(税別)優待
・1つ目(1人目)の基本受講料 158,000円(税別)
 2つ目(2人目)の基本受講料 158,000円(税別) → 30,000円(税別)優待

*複数講座・家族同時受講優待制度を利用している2人目の受講生を基準にして、本制度を利用することはできません。必ず正規の基本受講料を納入した1人目の受講生が基準となります。
*本制度を適用する場合、2人目以降の受講生の入学金[30,000円(税別)]は免除されます。

(3)休学・復学制度

メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに限り適用されます。
やむを得ない理由により一時的に受講の継続が困難な場合に、受講期間中に1度、最大1年間休学することができます。

[休学・復学制度の利用の流れ]

  1. 「休学・復学制度」の利用を希望する旨を、事務局に連絡してください。
  2. 事務局から「休学届」もしくは「復学届」をメール送付もしくは郵送します。
  3. 届出書に必要事項を記入のうえ、事務局にお送りください (送料はご負担ください)。
  4. 事務局にて内容を確認し、不備がなければ、届出を受領した旨をメールでお知らせします。

[注意点]

  • 「休学届」を提出した場合、休学開始日からWEB受講、生放送LIVE受講、教室受講、該当講座の受講生を対象としたイベントへの参加ができなくなります。「復学届」を提出した場合、復学日からWEB受講、生放送LIVE受講、教室受講、その他イベントへの参加ができます。
  • 休学期間を問わず、休学が申請できるのは受講期間中に1度限りです。

(4)継続受講制度


メインスクール、ゼミ、アドバンススクールに限り適用されます。

受講期間終了後3カ月以内であれば、所定の受講料を納入することで、受講期間終了日からさらに2年間延長することができます。

(例)不動産投資スクールを継続受講制度を利用して受講する場合
WEB受講 298,000 円(税別) → 149,000 円(税別)
WEB + 生放送LIVE受講   378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)
WEB + 教室受講 378,000 円(税別) → 189,000円 (税別)

2006 年1月1日制定・施行
本規約は、2018年 6月 1日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年 3月15日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年11月11日より一部改訂施行されました。
本規約は、2020年7月1日より一部改訂施行されました。


ファイナンシャルアカデミー受講規約

この受講規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが開催する全ての講座の受講にあたっての規約を定めるものです。

T.受講に際しての禁止事項

・講座内容の録音、録画等はお控えください。
・複数人での受講はお控えください。
・企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるためお断りしています。
・受講に必要なID、パスワード、URL等の貸与は一切禁止します。貸与の事実が発覚した場合は、当校は受講生に対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限することができるものとします。
・当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
・以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
1. 授業を録音、録画した人
2. 教科書の転写・複写または、ウェブサイト等へ公開した人
3. ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人*
4. 他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
5. 受講に必要なID、パスワード、URL等を貸与した人
6. ひとつの受講権利を使い、複数人で受講した人
7. 授業の進行に支障をきたす言動をする人
8. 飲酒している人
9. 立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
10. その他、当校の運営上、事務局が不適切と判断した人

*当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
・これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。
被害を最小限に抑えるため、次の方法にて名前・斡旋先名・企業名などを公開する場合があります。
(1)教室やイベント会場での掲示
(2)当校ホームページへの掲載
(3)受講生へのメール送付等

U.生放送LIVE受講規約

ファイナンシャルアカデミーが開催する全ての生放送LIVEでの受講にあたって適用されます。
・授業当日に提供される学習に必要な補助資料は、受講生が授業開始前までに予め準備するものとします。
・最低開催人数は5名とします。
・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。

V.教室受講規約

ファイナンシャルアカデミーが開催する全ての教室での受講にあたって適用されます。
・最低開催人数は5名とします。
・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音などが他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
・15歳未満の方については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りしています。
・資料は授業に参加した人にのみ配布しています。当日欠席した場合はマイページよりダウンロードをお願いします。
・講義中に、当校及び当校グループのホームページ上に開催報告として掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、お気軽に事務局までご連絡ください。

2006 年1月1日制定・施行
本規約は、2018年 6月 1日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年 3月15日より一部改訂施行されました。
本規約は、2019年11月11日より一部改訂施行されました。
本規約は、2020年7月1日より一部改訂施行されました。

ファイナンシャルアカデミー制度規約・受講規約

信用取引トレーニングゼミの申込み

信用取引トレーニングゼミは「WEB受講」と「WEB+教室受講」の2種類があります。
「WEB受講」は、2年間何度でも自宅で受講できるWEB受講と教科書がセットとなっています。
「WEB+教室受講」は「WEB受講」と教室開催に1回参加できる教室受講パスがついたセットです。

  • WEB受講

    郵送で届く教科書と、スマートフォンや
    PCを使ってWEBで学びます。
    自宅や通勤中など好きな場所や時間に
    自分のペースで学べるスタイルです。

    受講料 60,000円(税別)

    授業時間 6時間(90分×4回)
    受講期間 教材発送日から2年間。
    • ※教室受講の映像を配信しています。(年に1回程度更新)
    セット内容
    • ・WEB受講パス
    • ・教科書2冊
    支払い方法 * クレジットカード
    (一括払い・分割払い・リボ払い)
    VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/DC/JACCS
    * Amazon Pay
    * 銀行振込
    ※教育ローンも利用可能です。詳しくは事務局まで問合せください。
    WEB受講の申込み
  • WEB+教室受講

    郵送で届く教科書を使ってWEBで学びながら
    教室での授業にも参加ができます。
    WEBと教室、それぞれのメリットを活かして
    学ぶことができるスタイルです。

    受講料 80,000円(税別)

    開催日程 開催日決まり次第公開します
    開催場所 決まり次第公開します。
    セット内容
    • ・教室受講パス(1回参加権利)
    • ・WEB受講パス
    • ・教科書2冊
    支払い方法 * クレジットカード
    (一括払い・分割払い・リボ払い)
    VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/DC/JACCS
    * Amazon Pay
    * 銀行振込
    ※教育ローンも利用可能です。詳しくは事務局まで問合せください。
    WEB+教室受講の申込み

こちらのスクールもおすすめです

株式投資スクール

株式投資について体系的に学びたい人は
株式投資スクールがおすすめです。

詳細はこちら

受講までの流れ

  1. 「信用取引トレーニングゼミ」WEB受講・WEB+教室受講の申込み

  2. 受講料の納入

    クレジットカード

    VISAやMASTERなど、ほぼすべてのクレジットカードが利用できます(分割払いも可)。デビットカードも利用できます。

    Amazon Pay

    Amazonアカウントを使って支払いができます。

    銀行振込

    みずほ銀行 新宿南口支店
    【口座番号】 2099648[普通]
    【名義】 ニホンファイナンシャルアカデミー(カ

    教育ローン

    株式会社セディナ(三井住友ファイナンシャルグループ)が提供する教育ローンが利用できます。※最大5年まで

  3. 教材受け取り&受講

    安心の受講料返金制度

    スクールの内容に満足できなかった場合は、受講料を全額返金します。教材発送日から30日以内にご連絡ください。30日間学んだうえで、継続して学ぶかどうかを判断することができます。内容に自信があるからこそ実施できる制度です。

    ※1人1回(1講座)まで利用可能です。 ※返金制度を利用したスクールに再度申込むことはできません。

申込み方法

よくある質問

  • 信用取引のリスクは高くないですか?

    信用取引のリスク許容度を決めるのは自分自身です。そのためにも適切な戦略を選ぶ必要があります。戦略を選ぶためにはさまざまな視点からの体系的な知識が必要です。リスクを下げるためにもしっかりと学ぶ必要があります。

  • まだ株式投資を始めたばかりですが、授業についていけますか。

    はい。授業の中では現物取引との違いなども含め、基礎から学ぶことができるので、大丈夫です。ただ、受講効率を高めるために、株式投資スクールを一通り受講することをおすすめします。

  • 信用取引の口座を持っていないですが、受けても大丈夫ですか。

    はい。大丈夫です。カリキュラムの中でも口座開設方法を学べます。

  • 現物取引と比べて良いところはなんですか

    買いだけではなく売りから取引をスタートできたり、自己資金にレバレッジをかけて取引することができることが魅力です。

  • 過去、信用取引で失敗したことがあります。受講すればうまくなりますか。

    自分がなぜ失敗したのか、改善点を知ることができます。また証拠金やリスクの管理方法も学ぶことができますので、リスクをコントロールした取引方法を身につけることができるようになります。

最後に

ここまで読んだ人はきっと、すでに「信用取引」が自分にもたらしてくれる可能性に気づき、それを実践することで自身の現状を変え、理想の人生を切り開きたいと本気で考えている人のはずです。

信用取引の本質を理解し、うまく利用することで、どんな相場であっても安定して株式投資で利益を上げることができるようになります。
ぜひこのスキルを身につけ、磨くことで資産を着実に増やしていただければと思っています。
絶対的に自信があるメソッドですので、株式投資に取り組む人にはぜひ受講してもらいたい、という強い想いは当然あります。
そして、それだけではなく「本当の自由」を手に入れてもらいたいと思っています。

投資のゴールとは、お金ではなく、投資によって増えた「お金」をいうツールを使って豊かなライフスタイルを送ることに他なりません。

自由な時間を使っていろいろな経験を積むことは、あなたにとってかけがえのない人生の資産になります。

株式投資を極めていくことで、時間とお金の自由を勝ち得た結果、あなたとあなたの家族を幸せにするという人生に好循環をもたらすためのメソッドを徹底的に学んでほしいと思っています。

このメソッドを学んだあなたが本当の自由を手に入れ、充実した日々を過ごせることを願っています。

Think Money. Think Life.


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2020年6月1日追記

5月25日(月)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の解除を受け、教室での講座を順次再開いたします。
教室での感染予防・拡大防止の取り組みの詳細はこちらをご確認ください。

2020年5月4日追記

本日政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、 教室での講座開催の中止を2020年5月31日(日)まで延長いたします。

2020年4月8日更新

政府からの「緊急事態宣言」を受け、2020年3月28日(土)から2020年5月6日(水)まですべての教室での講座開催を中止いたします。
また、同期間において、対面による対応をすべて休止させていただきます。

<対象校舎>
・丸の内本校
・丸の内本校2号館
・有楽町校
・大阪校

<同期間中の講座開催について>
・スクール及びゼミ
開催を予定していたすべての講座について
受講生なしで撮影を行い、WEB受講できるようにいたします。
準備が出来次第、順次マイページにアップいたします。

・各種入門講座
同内容のWEB講座を期間限定で無料開放します。
(通常1,000円)

5月7日(木)以降の対応につきましては感染状況等を踏まえて都度対応していく所存です。
最新の情報につきましては、ウェブサイト、メール等にて随時お知らせいたします。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土日祝]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る