LINEで送る
申込みはこちら

「確定申告」実践セミナー

生活・投資・副業の税金と賢く付き合う

  • 受講スタイル
    動画受講

  • 授業
    全3回

  • 受講期間
    30日間

ケーススタディで学ぶ、
確定申告を使った税金との
賢い付き合い方

所得税や投資の利益に対する税金の基本から、確定申告を上手に使った節税方法まで
生活・投資・副業に関わる税金について、知って得するポイントを学びます。

なぜ「税金」を知る必要があるのか?

私たちは、生活する限り何かしらの形で「税金」を納めています。
ただ、自分がどんな種類の税金をどの程度納めているか、正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

実は、税金のことを知らないと、知らぬ間に損をしてしまっていることがあります。
節税や自分にとって得になる手続きがあったとしても、自分が対象になるかは誰も教えてはくれないからです。

つまり、税金と賢く付き合う方法を知っている人だけが、得をすることができるのです。

税金で得するためのマストアイテム「確定申告」と「控除」

「自分は確定申告なんか関係ない」と思っていませんか?

実は、どんな人でも得になる可能性があるのが所得税の確定申告です。

例えば、「住宅ローン減税」「ふるさと納税」「医療費控除」など、世の中で「税金が得になる」と言われている制度には必ずといって良いほど確定申告が関わってきます。
株式投資・不動産投資・FX・仮想通貨といった資産運用を行っている人はもちろん、副業に取り組んでいる人も、状況によっては確定申告が必要です。

確定申告は、自分が納めるべき税を確定させるための手続きです。
しっかりと理解しておくことで、本来支払うべき税金を正確に把握することができ、税金の払い過ぎや未納を防ぐことができます。
また、「控除」という仕組みを上手く使って、節税につながる大きなチャンスでもあるのです。

実際のケーススタディで税金が得になるポイントを理解しよう

当セミナーでは、

・所得税や控除の仕組み
・誰でも使えるチャンスがある節税のポイント
・投資ごとの税金との賢い付き合い方
・NISA/iDeCoを正しく使い分ける考え方
・副業で確定申告した方が良いケース
・ケーススタディ毎の確定申告の事例

など、「日常生活編」「投資・副業編」「ケーススタディごとの確定申告」の3部構成で、所得税や投資の利益に対する税を中心に、
確定申告を通して税金で得するための知識とノウハウを実践的に学びます。


受講後は税金の知識が身につくだけでなく、ケーススタディで学ぶことで、実際に自分の家計改善や資産運用に大きく役立たせることができます。

「税金って難しい」「確定申告は面倒」と感じている人も多いかもしれません。
でも実は、少しの知識とちょっとしたコツを知ることで、節税や投資の利益拡大など、今後の自分に大きなプラスをもたらしてくれます。

知れば知るほど得になる税金の知識、手に入れてみませんか。

こんな人におすすめ

  • 税金の控除について学んでみたい人
  • 自分でもできる節税方法を知りたい人
  • NISAとiDecoどちらが自分にあっているか知りたい人
  • 賢く税金と付き合っていきたいと考えている人
  • 投資で利益が出た・損失が出たという人
  • 副業をしていて、確定申告が必要かどうか迷っている人

カリキュラム一覧

  1. vol.1税金との賢い付き合い方(日常生活編)

    study1.知っておくべき所得税の基本

    • ・所得税の基本と仕組み
    • ・所得税をコントロールする所得控除と税額控除

    study2.日常生活で所得税の節税に繋がるポイント

    • ・節税につながる代表的な税制と確定申告
    • ・簡単に節税するための7つのチェックポイント
  2. vol.2税金との賢い付き合い方(投資・副業編)

    study1.投資の利益に対する課税の方法

    • ・投資にかかる税金
    • ・課税の仕組みを知る
    • ・各投資にかかる税金と課税方法

    study2.投資で税金と上手に付き合うポイント

    • ・不動産投資のポイント(経費・減価償却の活用方法 他)
    • ・株式投資/投資信託のポイント(NISA・iDeCoの活用、損益通算 他)
    • ・FXのポイント(損失の繰越控除 他)
    • ・仮想通貨のポイント(税金の扱い、最新事例 他)

    study3.副業(アルバイト)と税金

    • ・副業収入と税金の関係
    • ・副業の確定申告パターン
  3. vol.3ケーススタディごとの確定申告

    study1.基本的な確定申告の仕方

    • ・必ず必要になる書類
    • ・確定申告書の作成方法と提出の仕方
    • ・手続きを楽にする5つのポイント

    study2.知っておきたい6つのケーススタディ

    • ・日常生活で節税につながるケース

      ▶ケーススタディ①
      保険適用外の治療でも控除の対象になるケース

      ▶ケーススタディ②
      テレワークの設備投資が控除の対象になるケース

      ▶ケーススタディ③
      資格を取るための費用が控除になるケース

    • ・税金で損する投資家、得する投資家

      ▶ケーススタディ④
      年間での不動産所得がマイナスになったケース

      ▶ケーススタディ⑤
      過去に遡って申告することで今年の納税額を減らせるケース

    • ・副業している人が必ず迷う3つの壁

      ▶ケーススタディ⑥
      副業で思ったよりも稼いでしまったケース

担当講師紹介

  • 野瀬 大樹

    野瀬 大樹

    ファイナンシャルアカデミー認定講師
    公認会計士・税理士

    大手監査法人にて、株式公開支援業務・法定監査業務・内部統制構築業務などに関わったのちに独立、野瀬公認会計士事務所を設立。 その後、インドのニューデリーに日本企業のインド進出を支援するNAC Nose India Pvt. Ltd.も設立、代表に就任。日本インド双方より、日系企業へのコンサルティング業務を行っている。
    金融経済教育の普及にも尽力し、ファイナンシャルアカデミーの『会計スクール』での講師、公認会計士協会主催講習での講師など幅広く活躍。また小中学生向けにもお金の授業を提供しており、難しいお金の話を誰にでもわかりやすく伝えることに定評がある。
    著書に『お金儲けは「インド式」に学べ!』ほか。

安心の受講サポート制度

  • 受講料全額返金制度

    内容に満足できなかった場合は、受講料を全額返金します。教材発送日(教材発送がない講座の場合には、講座開催日または講座申込日)から30日以内に、当校事務局へご連絡ください。
    ※1人1回(1講座)まで利用できます。

受講までの流れ

  1. WEBまたは電話で申込み

  2. 受講料の納入

    クレジットカード

    VISAやMASTERなど、ほぼすべてのクレジットカードが利用できます(分割払いも可)。デビットカードも利用できます。

    Amazon Pay

    Amazonアカウントを使って支払いができます。

    銀行振込

    みずほ銀行 新宿南口支店
    【口座番号】 2099648[普通]
    【名義】 ニホンファイナンシャルアカデミー(カ

  3. WEB教科書受け取り&受講開始

申込み方法

  • WEBで

  • メールで

    申込み・問合せ

  • 電話で

    0120-104-384

    (受付:9-21時[月-金]・10-19時[土日祝])

    土日祝は電話が繋がりにくい場合があります。

「確定申告」実践セミナーの
申込みはこちら

受講料
※複数選択可
授業時間 vol.1 90分
vol.2 90分
vol.3 90分
(合計270分)
受講期間 申込み日から30日間(教室での質疑応答などは除く)
2022年1月15日(土)に収録したものを配信
受講方法
  • マイページ上で教室受講を収録した授業の動画を視聴するスタイルです。
  • 視聴方法は申込後にメールでお知らせします。
セット内容 ・補助資料
※マイページより閲覧できます
支払い方法 * クレジットカード
VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/DC/JACCS
* Amazon Pay
* 銀行振込
小計 0
(税込0円)

ファイナンシャルアカデミー受講規約

この受講規約(以下『本規約』)はファイナンシャルアカデミーが提供する全ての講座の受講にあたっての規約を定めるものです。


T.受講に際しての禁止事項
・授業内容の録音、録画、写真撮影等はお控えください。
・授業は申込者のみ受講できます。複数人での視聴はお控えください。
・企業・団体による受講は、他の受講生に迷惑がかかる場合があるため、事前の許可がある場合を除いてお断りしています。
・受講に必要なID、パスワード、URL等の譲渡及び貸与は一切禁止します。譲渡及び貸与の事実が発覚した場合は、当校は受講生に対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限することができるものとします。
・当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為は一切禁止します。
・以下に該当する人は、円滑な授業運営のため、受講をお断りする場合があります。
1. 授業を録音、録画、写真撮影等した人
2. 教科書や授業で使用する資料の転写・複写または、ウェブサイト等へ公開した人
3. ネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘目的の人※
4. 他の受講生や講師に対し、暴言、暴力、セクハラ行為、プライバシーを侵害する行為等を行った人
5. 受講に必要なID、パスワード、URL等を譲渡及び貸与した人
6. ひとつの受講権利を使い、複数人で受講した人
7. 授業の進行に支障をきたす言動をする人
8. 飲酒している人
9. 立ち入り禁止エリアへ不当に侵入した人
10. その他、当校の運営上、事務局が不適切と判断した人

※当校では、受講生間における当日及び後日のネットワークビジネス、投資、宗教等の勧誘行為を一切禁止しています。これらに該当する営業・勧誘を受けた際は、事務局までお知らせください。
これらの勧誘行為が発覚した場合、受講生への迷惑、及び当校の信用が大きく毀損する悪質な行為として然るべき対処をさせていただきます。
被害を最小限に抑えるため、次の方法にて名前・斡旋先名・企業名などを公開する場合があります。
(1)教室やイベント会場での掲示
(2)当校ウェブサイトへの掲載
(3)受講生へのメール送付等


U.Zoom受講規約
ファイナンシャルアカデミーが提供する全てのZoomでの受講にあたって適用されます。
・補助資料がある講座について、補助資料は、事前の案内を確認のうえご準備ください。
・最低開催人数は5名とします。
・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
・授業内容や講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・当校は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。
・当校は、当校または当校から委託を受けた者が前項に基づく修理又は復旧を行っている間、受講生が動画視聴できないことについて、当校に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。


V.教室受講規約
ファイナンシャルアカデミーが提供する全ての教室での受講にあたって適用されます。
・最低開催人数は5名とします。
・開催3日前の時点で、開催予定講座の予約人数が5名を下回る場合、講座の開催を中止する場合があります。
・開催時期や、授業内容・講師は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・授業中のパソコンの使用や撮影は原則禁止とさせていただきます。一部の使用が許可されたスクール・講座におきましても、タイプ音や撮影音などが他の受講生の迷惑にならないようにご注意ください。
・15歳未満の方については、他の受講生の集中を妨げる可能性があるため入室をお断りしています。
・資料は授業に参加した人にのみ配布しています。
・授業中に、当校及び当校グループのウェブサイト等に開催報告を掲載するための写真撮影や、講師トレーニングのための映像撮影をする場合があります。最大限、個人が特定されない写真を使用させていただきますが、万が一写真の変更希望がある場合には、事務局までご連絡ください。


W.動画受講規約
ファイナンシャルアカデミーが提供する全ての動画での受講にあたって適用されます。
・補助資料がある講座については、マイページの動画受講画面から確認できます。
・配信される授業や公開の時期は、急病、天候、災害、その他やむを得ない事情により予告なく変更される場合があります。
・当校は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。
・当校は、当校または当校から委託を受けた者が前項に基づく修理又は復旧を行っている間、受講生が動画視聴できないことについて、当校に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。

2006 年1月1日制定・施行
本規約は、2018年6月1日より改定されました。
本規約は、2019年3月15日より改定されました。
本規約は、2019年11月11日より改定されました。
本規約は、2020年7月1日より改定されました。
本規約は、2021年1月5日より改定されました。
本規約は、2022年1月6日より改定されました。


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る