ホーム News Release ニュースリリース 11月12日限定 米大統領選結果、どう捉えれば「投資のチャンス」になる?
生放送LIVEセミナー『2020年のグローバル経済塾・解説&質疑応答編』
LINEで送る

11月12日限定 米大統領選結果、どう捉えれば「投資のチャンス」になる?
生放送LIVEセミナー『2020年のグローバル経済塾・解説&質疑応答編』

2020年11月4日

新時代の投資家視点をオンライン参加型セミナーで伝授

総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミー(本社:東京都千代田区、代表:泉正人、以下当校)は、2020年11月12日(木)19:00より、特別生放送LIVEセミナー『2020年のグローバル経済塾・解説&質疑応答編 〜個人投資家が新時代に注目すべきポイントを探る〜』をオンラインで開催します。当セミナーは11月3日のアメリカ大統領選結果を受け、個人投資家が成果を上げるために新時代に注目すべきポイントを、独自の切り口によるレクチャーと質疑応答を通して伝えるセミナーです。

『2020年のグローバル経済塾・解説&質疑応答編』 特設ページ

 

■特別生放送LIVEセミナー
『2020年のグローバル経済塾・解説&質疑応答編』〜個人投資家が新時代に注目すべきポイントを探る〜

【内容と目的】
11月3日のアメリカ大統領選結果を受け、グローバル経済に精通するファイナンシャルアカデミー総研代表の渋谷豊が、個人投資家が投資で成果を上げるために注目すべきポイントを最新情報から読み解き伝授します。生放送LIVEセミナーはレクチャーと質疑応答から構成され、直近の動向から投資の成果につなげることはもちろん、今後4年間、投資戦略を立てる上で欠かせない着眼点を噛み砕いてお伝えします。※11月12日時点での最新状況を踏まえてお届けします。

【日時】
2020年11月12日(木)19:00-20:00(受付開始:18:50〜)

【講師】

渋谷 豊/Yutaka Shibuya
ファイナンシャルアカデミー総研代表/ファイナンシャルアカデミー取締役

邦銀勤務を経て、2001年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)を修了。
2001年より米銀シティバンク、エヌ・エイのプライベートバンク部門にて、富裕層業務に従事。2005年より仏銀ソシエテジェネラルに入行し、日本およびシンガポール支店にて、2013年まで資産運用業務に携わる。世界的な金融危機を体験したことを機に中立的な金融アドバイスの必要性を痛感し、2013年からは独立系投資顧問会社の代表として富裕層や上場会社向けに、株式、為替、債券、金利、コモディティ、不動産など金融に関する中立的なアドバイスを提供する。海外勤務歴9年。現在はファイナンシャルアカデミーの取締役・講師として、富裕層サービスと海外勤務経験を活かした金融・経済の見通しに関するレポートを執筆する傍ら、金融リテラシー向上に関わる様々な活動を行う。

●外部機関向け講義:厚生労働省年金局職員向け研修・プロスポーツ団体向けセカンドキャリア研修 ほか多数
●ファイナンシャルアカデミー担当講座:『投資信託スクール』『定年後設計スクール(資産運用編)』・中上級者向けゼミ『ファンダメンタルズ分析攻略ゼミ』・アドバンススクール『アセットマネジメントスクール』

【ファシリテーター】

小野原 薫/Kaoru Onohara
ファイナンシャルアカデミー講師/ファイナンシャルプランナー/相続診断士

大手証券会社勤務時代は主に老後資金の運用や相続についての顧客アドバイス業務に従事し、その後、中立的な金融経済教育の必要性を強く感じ、2017年にファイナンシャルアカデミーの社員講師に転身。現在は成人向け『投資信託スクール』などで教鞭を執るほか、高校での出張授業など若年層への金融経済教育も積極的に行なっている。2019年には自ら企画に携わった『老後に2000万円は本当に必要か緊急会議』が当初の予定の4倍の参加者を集めるなど大きな注目を集め、現在は様々なメディアでも専門家としてお金の教養の大切さを伝えている。

●外部機関向け講義:品川女子学院高等学校『お金の授業』など
● ファイナンシャルアカデミー担当講座:『投資信託スクール』『お金の教養講座』『コロナショックに負けない「今&未来の家計防衛術」セミナー』ほか 多数

【受講方法】
生放送LIVEセミナー(ログイン方法は、申込み後にメールでお知らせします)

【定員】
60名(先着)

【対象】
株式投資経験者 (ファイナンシャルアカデミーの受講の有無は問いません)
※難易度は株式投資に関する基本的な知識や経験を持ち、経済ニュースを日々チェックしている方を想定しています。

【受講料】
特別価格 5,000円(税別)

【補足】
申込者の質問を事前に受付けます。詳細は申込み後に届くメールをご確認ください。
またセミナー開催中もチャットでの質問を受付けます。

【申込み】
『2020年のグローバル経済塾・解説&質疑応答編』 特設ページより

メディア掲載、取材依頼など広報部への問合わせはこちら問合せフォーム