これからの時代の大人の学力。

投稿日:

学校を卒業するまで、私たちが何度となく受けてきた「学力テスト」。
社会へ出てやっと解放された…!と感じている方も多いかもしれない。。
 
 
ところが、今年の8月から「大人の学力テスト」が始まる!という記事を読んだ。
 
経済協力開発機構(OECD)「国際成人力調査(PIAAC)」といい、日本、米国、欧州各国など28か国が参加。文部科学省が実施し、対象は無作為に選ばれた16~65歳のうちの5000人。そう、私たちの誰もが“受験者”になり得るのだ。。
 
 
一体、どんな試験問題なのかとても気になる…。学生時代、テスト前に教科書の単語や数式を丸暗記したように、知識を詰め込めばクリアできるのか。試験内容を見てみると、そうはいきそうにない。
 
 
問われるのは、暗記力や記憶力ではなく、読解力、数的思考力、ITを使った課題の解決能力など。
 
 
問題例には
「ローンの借入額や返済額などから利率を計算する」
「容量が決まった音楽プレーヤーにリスト中からできるだけ多くの音楽ファイルをコピーする」
などがある。
 
 
これらは日ごろの仕事、生活、趣味、自己啓発への取り組みなどを通し、実社会で身に付け、鍛えていくものだ。
 
 
 
このテストで各国の強みや弱みを明らかにすることで、教育政策や職業訓練制度の改善に役立てる狙いがあるという。そんな背景からも、これからの時代に本当に必要なスキルとは何なのかが見えてくる。
 
求められるのは知識の詰め込みではなく、身に付けた多様なジャンルの知識を実生活で活かし、自ら問題解決をしていく能力だ。これから、その流れはどんどん加速していくだろう。
 
 
テストの結果は2013年に発表される。日本人の傾向や強化すべき点など、注目して見てみたい。

著者プロフィール

泉正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーグループ代表。
泉自身が講師を務める月額動画コンテンツ
「IZUMI塾ONLINE」はこちら

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る