[an error occurred while processing this directive]

ホーム > 受講生の声 >松井陽子さん

受講生の声

不動産株式

マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました

松井陽子さん

(マネーマネジメント コーチ/フリーアナウンサー)
2009年にマネーマネジメントコーチを受講しコーチ認定
story hightlights
  • 大学卒業後、放送局に就職。社会部記者・アナウンサーを経て、TBSニュースバードキャスター・株式市況記者・株式リポーターを経験。現在はマネーマネジメントコーチとして金融学習協会主催「マネーマネジメント検定認定講座」講師、ファイナンシャルアカデミー主催「お金の教養講座」「株式投資の学校 体験学習会」等の講師を務めている。

story

フリーアナウンサーとして独立して底をついた所持金

幼少時代に特段のお金の教育は受けませんでしたが、お小遣いが多かったわけでもなく、どんどんお金を使う習慣はありませんでした。社会に出てアナウンサーとなりましたが、フリーランスとして独立する際には、引っ越し代で貯金が底をつき、所持金がゼロになりました。その際、保険や年金、税金の知識など、自分にはお金の教養がなかった事を知りました。

資産運用の勉強のきっかけとなったマネーマネジメント検定

フリーランスになって、私自身が金融危機に陥ったことで、書籍などを通じて資産運用について勉強を開始しました。そして、本格的に学ぶきっかけとなったのが、友人が紹介をしてくれたマネーマネジメント検定です。仕事で株式市況の記者やリポートをしていたので、経済の知識をきちんと習得したいと考え同資格の所得にむけて勉強をしました。

株式と不動産の2つのスクールを受講して学んだこと

検定を取得後、株式投資の学校や、不動産投資の学校などのスクールに参加して、「お金」を学ぶことで「お金」以外の大事なものに気付くことができました。それは、「お金」と向き合わなければお金に縛られることになるし、「お金」と向き合うことで、自由な生活に近づけることができることが分かりました。

家族や友人にもぜひ進めたい

お金について学び始めたことで、経済ニュースにも敏感に反応することができるようになりましたし、お金の使い方にもメリハリが出てきました。これは「浪費?」「投資?」と一度フィルターにかけることで、思い切った決断ができるようになりました。お金について知らないことは損をすることにもつながるので、私自身も勉強を続けながら、友人にもぜひ紹介したいです。

経済の「なるほど」「面白い」を実感していただきたい

私自身、当初は経済に対する苦手意識があり、難しいものだと敬遠していました。そんな私でも、少しずつ理解できる部分を積み重ねることで、経済の視野が徐々に広がってきました。経済は私たちの生活の一部なので「なるほど」「面白い」を実感できます。こうした、「なるほど」「面白い」と思えるような知識をお伝えすることで、金融教育の普及に貢献できたらと思います。

不動産投資の学校について見る

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先