ホーム 資産が増える「お金の脳トレ」 3分でわかる!不動産投資の魅力
LINEで送る

3分でわかる!不動産投資の魅力

<質問> 不動産投資は「安定した不労所得が得られる」「私的年金を作れる」などと言われているのを聞きますが、誰でもできるものなのでしょうか?

 

<回答> ▶︎必要な知識とノウハウを習得し、一定の条件を満たせば、誰にでも不動産投資ができるようになります。

そして不動産投資といえば家賃収入。不労所得の代表格とも言われます。
例えば毎月30万円の家賃収入が入ってくるとしたら、

・海外旅行で普段できない経験をしたい。
・セミリタイアして自分の好きなことをしたい。
・思う存分、好きな趣味に没頭したい。

など自分自身のライフスタイルを豊かにできますよね。


ただ、「興味はあるけれど、難しそうで自分にはハードルが高い」と感じている人が多いのではないでしょうか。

不動産投資には専門用語が多かったり、不動産業者や銀行との付き合いが必要になったりと、確かに最初はハードルが高いと感じるかもしれません。

その分、不動産投資は株やFXなどと比べて「経験」が武器になるといわれています。

▶︎つまり、一度習得してしまえば一生使える知識となり、どの投資よりも、優位性がある方法となるでしょう。


そんな不動産投資ですが、まずはどのようなメリットがあるか確認してみましょう。

・少ない自己資金で多額の投資ができること
・安定的な利回りが得られること
・収入の割に労働時間が少ないこと
・他の資産運用手段に比べて、価格変動が緩やかなこと
・減価償却や経費などにより節税効果が得られること

このように並べていくと、とても魅力的です。では、他の資産運用商品と比較するとどのような立ち位置なのでしょうか。

 

▶︎まず不動産投資は、価格変動リスクが少ないわりに、比較的高い利回りが期待できます。

多くの場合、定期預金や個人向け国債などと比べて高い利回りを得ることができます。株や投資信託と比べても、日々の価格変動がないため、安定した利回りを得ることができます。

さらに、不動産投資は資産運用商品の中でも利回りについては他の商品を圧倒します。

その理由がレバレッジ効果です。

不動産投資は少ない自己資金でも購入する物件を担保とすることで、金融機関から自己資金の何倍ものお金を借りて、大きな額で運用することが可能です。これがレバレッジ効果です。例えば、自己資金500万円で5000万円の不動産を購入することができるのです。レバレッジといえば、株の信用取引がありますがこちらは自己資金の3倍程度までで、値動きによってはすぐに保証金がなくなってしまいます。しかし、不動産投資であれば日々の値動きが少ないため、レバレッジは高くとも安定するのです。

本来であれば、コツコツと5000万円という金額を貯めて現金購入すると考えるかもしれませんが、レバレッジを使えば、少ない自己資金で購入できます。

 

▶︎毎月の返済を差し引いた金額が、あなたの安定した家賃収入となります。

例えば、この物件の利回りが10%だったとしましょう。そうすると年間家賃収入は500万円です。融資を使った場合で考えると、例えば4500万円を年利3%で30年借りたとします(頭金500万円)。そうすると年間の返済額は約230万円です。「家賃収入ー返済額」となるので手残りは270万円です。

手残りが少なくなったと思われたかもしれませんが、500万円に対しての手残りが270万円ですから、自己資金での利回りを考えてみるとなんと54%にもなります。つまり2年ほどで現金を回収でき、その後はずっとお金が増えていくのです。

このようにメリットの多い不動産投資。最初は難しく感じるかもしれませんが、そのことはチャンスとも言えるのです。ハードルの高さが逆に参入障壁となり、経験を積めば積むほど有利になっていくからです。

▶︎だからこそ、しっかり学んで取り組むべき価値があるのです。

ファイナンシャルアカデミーの
スクールを体験してみる

無料

不動産投資スクール
体験セミナー

不動産投資によって労働収入を超える「2本目の収入の柱」を作るまでの道すじが描ける

  • 自分の収入、貯蓄に合わせて家賃収入を手に入れる方法
  • 失敗しないための不動産の選び方
  • 給与収入を超える家賃収入を安定して得る方法