まずは無料WEB体験 メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る

story11 日本人が投資に回すお金は金融資産の14%

これまで日本ではお金について話すことは卑しいこと、お金を欲しがるのは悪いことだという風潮があった。
また日本銀行の資金循環統計によると、(2009年9月)、日本人が投資(債券、投資信託、株式・出資金)に回すお金は金融資産のうちの約14%。この数字は、アメリカ56%、イギリス19%、ドイツ37%、フランス40%など、欧米諸国と比べてもとても少ない数字だ。


日本人があまり投資にチャレンジしないのは、公教育の中できちんとしたファイナンシャル教育を受けてこなかったからだと、僕は思っている。
もちろん、いままでの学問。職業教育も大事だが、これからは「お金」や「金融」についての教育も必要だと思う。現に、東京大学では経済学部に「金融学科」が設置され、金融についての知識や実務を学ぶことができる。
すでに時代は変わってきているのだ。終身雇用や年金といった、お金に困らない仕組みは失われた。


自分で、自分と家族を支えるお金を生み出さなければならない時代になっている。
終身雇用や年金に頼らず、自分の力でお金を増やすにはどうしたらいいのか。
お金に困らないようになるにはどうすればいいのか。
これらは、多くの人たちが考えていることだ。
だが、なかなか答えは見つからない。
だから人はみな、一生懸命に働いてコツコツ貯蓄をしている。会社をやめれば、お金の流れは止まってしまうのだから。


そのため、まるでランニングホイールの中で走り続けるハムスターのように、ひたすら走り続けなければならない。
また、たとえ独立に成功して、自分のビジネスを持つ中小企業の経営者になれたとしても、たいていは働きづめの毎日で、自分の好きなことなどできない。自分が立ち止まってしまったら、お金が入ってこないというのが現実だろう。
いずれにしても、代わりに時間や健康を失ってしまっては、元も子もない。
〈社長が働きづめの会社では、社員は安心して働くことができないな〉


とくに中小企業の多くは、社長が自らの意志と決意で経営計画を立てて、会社を引っ張っている。社長が倒れてしまうと、本人だけでなく会社で働く社員も困るし、ひいてはその家族にまで影響が及んでしまう。社員を雇う身になった僕はそう考えるようになった。



リターンとリスクは人によって違う

僕が設立したファイナンシャルアカデミーで、これまでに教えてもらったことは多岐にわたる。
スクールでは「不動産投資」「株式投資」「FX」「経済入門」「日経新聞の読み方」「会計」などについて学ぶことができる。
株や不動産、ビジネスなどへの投資にはまず「最初の投資資金(いわゆるタネ銭とが必要で、またある程度のリスクも負わなければいけないということ。そのリスクを最小限に抑える方法も学んだ。


また「投資資金」の作り方や、そのお金がやがて成長を始め、お金を生み出す資産を作ってくれるのだということも知った。
つまり、自分が働かなくてもお金が働いて、お金を増やしてくれるのである。
「お金のために働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」
星さんが言っていたとおりのことを、開催したセミナーで、僕は成功した人たちの口から何度も聞いた。


普通、多くの人は将来の不安から、お金を稼ぐことで恐怖心をなくそうとする。お金を稼ぐことで将来の豊かさや幸せを得ようとするのだ。
だから多くの人がお金を目的として仕事をする。けれども、「お金ではなくてやりがいだよ」
と言う人も多い。
収入が全くなくてもその仕事に従事できる人は、自分のやりがいや楽しみのために働いているといえるだろう。
けれども現実にはお金のために働いている人が圧倒的に多い。
しかし、それで豊かになれたという人はどのくらいいるだろうか。
豊かさとか幸せを得るためにお金を稼ごうとするなら、お金のために働くのではない。


お金が自分の分身となって、お金を生み出してくれる仕組みを作るのだ。そうすれば、自分の時間を犠牲にすることなく、資産を増やす流れを作れる。だが、それと同時にお金を減らす可能性もある。
投資の世界ではこれを「リターン」と「リスク」という言葉で表現している。
お金を増やし資産を作ろうとするなら、リスクを低くして、リターンを高くするほかに方法はない。
このリスクとリターンの割合というのは、サイコロの出目のように機械的な確率論で決まるわけではない。それぞれがもっている知識の量、経験の量によって常に上下する。


つまり、リターンに対してどのくらいのリスクがあるか。それを診断するのは本人の能力にかかっているのだ。だからこそ、
「自分の能力を磨く必要がある。その能力が高まれば高まるほどリスクを減らすことができる」
というわけだ。このことは星さんに何度も教わって、理解できるようになってきた。
自分の能力が高まり、お金を増やす流れができれば、お金を働かせることができる。


そうした流れを、試行錯誤をくり返しながら作り上げ成功した人たちの話は、僕をはじめ、聞いている人たちの心を引きつけた。
なぜなら、資産を増やそうとセミナーに来ている人たちは、彼らから生の知識を得ることで成功体験を真似たり、失敗を避けられたりできる。自分のプラスにすることができるわけだ。

お金の大事な話の著者
泉正人が監修した
お金の教養が身につく講座

毎月3,000名が参加 無料 お金の教養講座Plus 4時間 一気に深く!

お金の教養と、株式・FX・不動産の基礎知識を
まるごと学べる特別講座

  • お金との付き合い方と投資の基本について学べます
  • 人生に関わる大きなお金とその準備方法を学べます
  • 1日で集中して効率的に学びたい人におすすめです

著者プロフィール
泉 正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。 ファイナンシャルアカデミーグループ代表、 株式会社FLOC代表取締役、 一般社団法人金融学習協会理事長。


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年3月5日追記

3月5日(金)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、教室での開催時間の変更を2021年3月21日(日)まで延長いたします。
なお、講座開催にあたりましては引き続き、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室定員を緩和し、実施いたします。 取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

2021年2月2日追記

2月2日(火)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、教室での開催時間の変更を2021年3月7日(日)まで延長いたします。
なお、講座開催にあたりましては引き続き、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室定員を緩和し、実施いたします。

2021年1月8日追記

1月7日(木)に政府から発表されました「緊急事態宣言」を受け、1月8日(金)から2月7日(日)までの間、教室で開催するすべての講座において20時までに終了するようにいたします。これに伴い、一部の講座につきましては開催中止または開催時間の変更をさせていただきます。

2020年9月30日追記

9月11日(金)に政府から発表されました「11月末までの催物の開催制限等について」の内容を受け、10月1日(木)より感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室定員を緩和し、講座を実施いたします。

2020年6月1日追記

5月25日(月)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の解除を受け、教室での講座を順次再開いたします。

2020年5月4日追記

本日政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、 教室での講座開催の中止を2020年5月31日(日)まで延長いたします。

2020年4月8日更新

政府からの「緊急事態宣言」を受け、2020年3月28日(土)から2020年5月6日(水)まですべての教室での講座開催を中止いたします。
また、同期間において、対面による対応をすべて休止させていただきます。

<対象校舎>
・丸の内本校
・丸の内本校2号館
・有楽町校

<同期間中の講座開催について>
・スクール及びゼミ
開催を予定していたすべての講座について
受講生なしで撮影を行い、収録受講できるようにいたします。
準備が出来次第、順次マイページにアップいたします。

・各種入門講座
同内容のWEB体験セミナーを期間限定で無料開放します。
(通常1,000円)

5月7日(木)以降の対応につきましては感染状況等を踏まえて都度対応していく所存です。
最新の情報につきましては、ウェブサイト、メール等にて随時お知らせいたします。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • スクールの申込み/講座内容/受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土日祝]
  • 無料体験セミナーの申込み/受講に関して

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る