被災地を元気に!

投稿日:

 
トップアスリートたちが仙台市内の子どもたちに元気を届けるため、
被災した仙台の小学校にいった。
 
 
 
きっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの受講生でもあり
サッカー日本代表の川島永嗣選手が被災地支援をしにいくことになり、

マラソンの高橋尚子さん、バレーボールの大山加奈さん、野球の片岡安祐美選手
なども一緒にいくとのことで、一緒にいってきた。
 
 
この主催は、世界で活躍するアスリートが協力して、
震災で被害を受けた地域を応援しようという、プロジェクト「TEAMNIPPON

  
  
 
s-IMG_0100.jpg

最初に、仙台市の方に案内していただき、津波にあった荒浜小学校を訪問。
言葉に出来ない程の被害。もう何ものこっていない。。
 
 
s-IMG_0122.jpg

壁一面に支援者からのメッセージがはられている避難所から、仮設住宅に移動できない人がまだ多い。
その理由の一つとして、震災後しばらくの間、銀行システムが機能せず義援金が回らない、
という問題があり、お金が現地に回るまで時間がかかってしまったとのこと。

そしてこのメンバーで、東宮城野小学校、荒浜小学校の子供たちと
かけっこしたり、写真撮影したり。
 
s-IMG_0145.jpg
 
  
TEAM NIPPONのTシャツにサインをしたり。。

s-IMG_0151.jpg
 
  
 
TVからの情報だけでは、3ヶ月経っているのに復興が進んでいない、
という声も聞こえるが、現地の方や自衛隊の方の話、そしてやってきたことを直接聞き、
素晴らしいスピードで復興が進んでいることを感じた。
 
 

当日の様子はNHKにもでました。

著者プロフィール

泉正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

ファイナンシャルアカデミーグループ代表。
泉自身が講師を務める月額動画コンテンツ
「IZUMI塾ONLINE」はこちら

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る